名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

小山甚一の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

小山甚一のプロフィール

小山甚一、こやま・じんいち。日本の経営者。「コヤマドライビングスクール」社長。青山学院大学法学部卒業後、コヤマドライビングスクールに入社。取締役、副社長などを経て社長に就任。そのほか、自動車学校マナー推進協議会理事長を勤めた。

小山甚一の名言 一覧

ほとんどの社員は真剣に働き、よく頑張っています。そこにフォーカスを当てるべきであり、怠けている社員に目を向けてはいけない。


法律を変えても、変えることができないことは世の中にはたくさんある。


私は、女性を雇うことに負担を感じたことはありません。「女性社員は扱いにくい」と考えること自体が、性悪説だと思います。扱いにくい社員は男性にもいますよ。人を採用し、育成するときには、性善説の考えを持つべきだと私は考えているのです。


小山甚一の経歴・略歴

小山甚一、こやま・じんいち。日本の経営者。「コヤマドライビングスクール」社長。青山学院大学法学部卒業後、コヤマドライビングスクールに入社。取締役、副社長などを経て社長に就任。そのほか、自動車学校マナー推進協議会理事長を勤めた。

他の記事も読んでみる

昆政彦

全く違う発想を持った人たちが頭の中、脳みその部分に刺激を与えると、脳が活性化されて新しい絵がポッと生まれていく。大事なことはそれも良質な知でないといけない。飲み屋で会社の愚痴ばかりでは良質な知とは言えませんので、こういう会話を何時間続けてもイノベーションは生まれません。


石見浩一

戦略を立てるときには、部門を越えて情報共有・事業連携をうまくとらなければなりません。


村山由佳

ひとつひとつの比喩とか、発想とか、セリフとか。そして喜怒哀楽でカテゴライズされ、つい決めつけられてしまう「~はずだ」という感情、その枠組みに対しても。世の中は、この「~はずだ」で動いていることがたくさんある。そして、そこからこぼれていくものが溜まって不幸になることが多くて。小説を書きながら、私はいつも、その「~はずだ」という枷を外していきたいと思っているんです。その根底を揺さぶりたいと。


和田秀樹

この道しか目標に通じていない、と思い込むと多くの弊害がある。つらいから精神的に長続きしないし、挫折しやすい。一本気に目標に突っ走るより、複数のカードを持つ。ひとつがダメでも次の手で食えるほうがいい。


槍田松瑩

思い切って、自分のやりたいことを見極めて、勇気をもってどんどんチャレンジしてもらいたい。みんなの価値観に合わせて、同じものを追い求める姿では、最終的に自分が納得するような人生を歩めないのではないか。


山地章夫

集客不足への対策として、私たちが共通して行っている「セールスステップ」を使い、店舗の成約率と目標契約数から逆算して、必要な新規集客や商談数や、それを確保するためのイベント計画と広告予算を月別に落とし込んでいます。


岸部一徳

これまでに「なんか棒読み的な芝居ですね」とか「感情があまり表に出ないんですね」とかって指摘されてきた。ただ、それでも「いや、そういう役者がいてもいいんだ」といってくださる監督や演出家がいたから、俳優として30年もやってこれた。


西野裕

人員削減後、企業はなるべく早く立ち直りをはからなければなりません。そのため、今後の事業を見据えた組織づくりと適切な要員計画が不可欠となります。これを実現するためにも、経営陣も含め、会社が一丸となって取り組まなければならないのです。


江見朗

借金がふくらみ、背水の陣に追い込まれたときに気づきました。自分には、相手の気持ちを思いやる優しさがなかった。それでも社員はついてきてくれたし、業者さんもきちんと納品してくれた。自分は彼らに対して何かできているだろうか、と。そう考えたとき、心の底から感謝の気持ちが湧き上がってきたのです。そこから、経営状態が改善し始めました。誰かから資金援助をいただいたわけでも、銀行から追加融資を受けたわけでもないのに。


川本佐奈恵

英語を始めた当初、私はNHKのラジオ英会話を意味がよくわからなくてもとにかく真似をして、少しでも録音された声に近づくようにしました。カラオケで歌を覚えるときと同じです。料理をしているときも洗濯をしているときも、耳にイヤホンを突っ込んで音を聴きながらブツブツ。ご近所にはとても見せられない姿でした(笑)。


西山敷

商品をやり取りする上で、お客様と私たちは川を挟んで対岸に立っているような状態です。ですが私はその川を渡って、お客様の傍に行きたい。お客様の立場で考えることの大切さを忘れないようにしたい。


山本忠人

現在、複写機についてはコスト競争が進んでおり、商品だけを前面に出しても同業他社と不毛な争いになるだけです。お客様が本当に悩んでいる経営課題を、我々のドキュメントソリューションによって解決することで、お客様の「価値創造」に貢献するのが私たちの役割なのです。