名言DB

9,528 人 / 112,482 名言

小山信康の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

小山信康のプロフィール

小山信康、こやま・のぶやす。日本のファイナンシャルプランナー。FP事務所「フライフ・アレンジメント」代表。中央大学商学部経営学科卒業後、IR(投資家向広報)専門印刷会社を経て独立。著書に『やってはいけない節約』『30歳でヤバくなる年金対策』。

小山信康の名言 一覧

ストレスを抱えこむことなく、カンタンに節約が達成できてしまう。一度(加入)手続きしただけで、節約効果が毎月、自動的に持続していく。これは節約成功の大鉄則。


苦労しない節約のポイントは、いままでと大して変わらない時間と労力で、無駄な出費を効果的に減らしていくこと。


エアコンの節約のために、図書館に行き、大好きな本を読みながら楽しい時間を過ごせたのなら、いい節約です。なにがなんでも支出を減らすのではなく、他に得られるものがあることも、節約を続ける上で必要な条件です。


節約を成功させるための5原則。

  1. 続ける――節約は継続することで初めて効果が現れる。
  2. 無理はしない――ストイックな節約は反動で浪費に走りやすい。
  3. お金はかけない――初期費用が必要な節約はリスクも大。
  4. 思い込みは捨てる――その節約がどんな効果があるかを確認する。
  5. 先を読む――割引でまとめ買いするなら、使い切れるかを確認。

苦労を伴うような節約は長続きしません。挫折した後は、それまでのストレス発散とばかりに無駄遣いをしてしまう。まさにやってはいけない節約術です。節約とダイエットはよく似ています。間違った節約、やってはいけない節約を続けても、結果は伴わず、リバウンドを招いて一気に浪費に走ってしまう。その結果、節約する前より蓄え(預貯金など)が減ったり、借金を増やしたり、ということにもなりかねません。


小山信康の経歴・略歴

小山信康、こやま・のぶやす。日本のファイナンシャルプランナー。FP事務所「フライフ・アレンジメント」代表。中央大学商学部経営学科卒業後、IR(投資家向広報)専門印刷会社を経て独立。著書に『やってはいけない節約』『30歳でヤバくなる年金対策』。

他の記事も読んでみる

石山恒貴

2枚目の名刺(パラレルキャリア)は忙しい本業の合間にやるので、大変じゃないはずがありません。それでも続けられるのは、やりがいがあって楽しいからです。そしてそんなオフのひとときがあると、本業で嫌なことがあってもスッと軽くなれる。そして、翌日からまた仕事に前向きになれるんです。


フィリップ・コトラー

創造とイノベーションに継続的に取り組む企業だけが、実り豊かな将来を手にするチャンスを与えられている。


野尻佳孝

僕は最初から結婚式を軸にした総合生活カンパニーになるという将来ビジョンが明確に決まっていたので、それにチャレンジしていくためには、絶対に人を育てることが必要だったんです。新しい事業をやるとき、誰に任せるのか。その任された人間が、どうやって事業を掘り起こしていくのか。そういうところで困らないように、前倒しで自分以上の人間を育てることが一番大事だと思っていたので、創業から七年間は人材育成に注力し、その間は新規事業にもM&Aにも一切手を付けませんでした。


ルー大柴

人間はいくつになってもハート・トゥ・ハートを忘れちゃいけない。大人になってもイノセントな気持ちってベリー・ベリー・インポータントだよ。気持ちさえ持っていれば、必ず道は開けるんじゃないかな。


藤原竜也

どんな仕事でも、築き上げたはずの信用や信頼を失うときは、ほんの一瞬ですよね。でもその信頼を勝ち得るまでには、何百歩、何千歩という階段を上がらなければならなくて、ものすごく長い時間がかかる。だからこそ、映画や演劇で一度よい評価を得ても、それを手放しに喜んだりはしないようにしています。そこで安心せずに次につなげるという仕事の仕方をすること、やり続けることが大事なのではないでしょうか。


澤田秀雄

ハードもソフトも、改良するためには実用で使ってみたほうがいい。


宮内義彦

ガバナンスのために企業があるわけではありません。極論すれば、ガバナンスを無視しても、世の役に立つ企業は存在しえる。ただ、ほとんどの場合、あまりうまくいかないので、ガバナンスを大事にしようと言われているんですね。


池本慶且

ビジネスが優先だったら新薬の承認まで漕ぎ着けなかったと思います。それほど採算が合わない事業ではありましたが、逆に言えば、だからこそ大手製薬会社なども手を出せなかった分野であり、日本で唯一の医薬品として承認された次亜塩素酸水を開発できたのかもしれません。


前澤友作

「応援したくなる会社」になることが目標です。


八郷隆弘

創業から変わらないのは、現場の活力を大切にするという考え方だ。これからも変えるつもりはない。


大野暉

ゼロイチが好きだというのは確かですね。でも、それ以上に大切なのは、世の中に必要なことができているかどうか。きれいごとではなく、世の中にとって必要なことができていることが私にとっても気持ちいい状態です。


小濵裕正(小浜裕正)

組織のトップになろうという人は、クビをかけて修羅場をくぐったことがなければならない。