名言DB

9413 人 / 110706 名言

小宮康正の名言

twitter Facebook はてブ

小宮康正のプロフィール

小宮康正、こみや・やすまさ。江戸小紋職人。東京都出身。15歳から父のもとで修業。日本伝統工芸展文部大臣賞・高松宮記念賞を受賞。紫綬褒章を受章。

小宮康正の名言 一覧

伝統とは、技術の改良を積み重ねた集大成。逆説的ですが、伝統とは最先端技術でもある。


いま、様々な会社で働くビジネスマンも、それぞれの業界の伝統に支えられている。


技術を継承するには、ひとつひとつを解明し、言葉に落とし込む必要がある。昔は「見て覚えろ」と言われたものですが、まずは頭で理解することが大切。そして、自分で失敗を重ねて新しい技法を確立し、またそれを後世に伝えていくのです。


小宮康正の経歴・略歴

小宮康正、こみや・やすまさ。江戸小紋職人。東京都出身。15歳から父のもとで修業。日本伝統工芸展文部大臣賞・高松宮記念賞を受賞。紫綬褒章を受章。

他の記事も読んでみる

高橋広敏(経営者)

合理的な経営を説くハウツー本やノウハウ論が世の中にあふれているが、世の中にこの会社があって良かったと思ってもらいたいとか、一緒に仕事をする人にやりがいを感じてもらいたいといった意識を持つ働き方を私は大事にしたい。


佐野健一

元々、いつかは起業したいと思っていたんです。起業にあたっては、まず営業を磨かないといけないと考え、東京で光通信という会社に入社しました。ただ、入社した時には人と話すのが苦手で、それを克服するところからのスタートでした。


田村潤

数字が上がらないときは、思い切って他のことを捨てて1つのことに集中してみてください。徹底してやったほうが、いくつも分散してやるよりも効果がでるはず。


ドナルド・トランプ

仕事における私の目的は、毎日自分の力の及ぶかぎりベストを尽くすことだとわきまえている。それが私の掲げるスタンダードである。


三枝利行

日本の人口が減ることはもちろんマイナス要因ですが、我々の業界にとっては人口のボリュームもさることながら、「人が動く」ことがより重要なのです。人が動き続ける限り、ビジネスチャンスはある。利便性の高い地域に人口が集中するということは、言いかえれば利便性の低い地域から高い地域へ「人が動く」ことに他なりませんから、そこには大きなビジネスチャンスがあるわけです。「人が動く」ことと同時に、「住まい方」の変化も、我々にとっては大きなビジネスチャンスを生むものです。


川越達也

自分たちがワクワクすることを社会に発信して、お客さんもワクワク感を持ちながら商品を手に取ってくださる。そして買ってくださった方がまた誰かにそのワクワクを伝えたくなる。それはひとつの理想だと思いますし、そのプロセスを想像できる方とご一緒できると仕事は楽しい。しかも、スムーズに進んでいくことが多いのです。


大橋禅太郎

決定が正しいかどうかは、実際にやってみないとわかりません。メンバー全員が納得する決定のために悩むよりも、早く決定して実行に移し、問題が発生したら、その都度、解決していくほうが、ずっと生産的ではないでしょうか。


澤田貴司

顧客や取引先、同僚からの信頼を得て、いろいろな人たちを巻き込んでいく力をもっていないと、仕事を進めることはできません。約束を守ること、周りの人の気持ちがわかること、自分のためではなく人のために働けること、といった基本的な人間力は、人を採用するときにもっとも注意してみる部分ですね。


泉谷しげる

リーダーになるなら、カッコいいことだけやろうとしてもダメ。カッコ悪い自分を受け入れる覚悟を持たないと。率先してトイレ掃除をやるような力強さがなければ、人の面倒なんて見られませんよ。


油井亀美也

今振り返ると、人生は本当に不思議なものだと感じます。防衛大に入り、航空自衛隊でパイロットになり、アメリカで訓練を受けたりしてきましたが、私は必ずしも自分の意思や希望通りの道を歩んできたわけではありません。しかし、結果的に、これら全てが宇宙飛行士になるための重要な経験として積み重なってきたわけですから。そして、私が逃げずにこれらの経験を積んでこれたのは、まわりの人たちがあってのこと。本当にありがたいことです。


大嶋利佳

自己開示しないのは、相手は自分の話など聞きたいとは思っていないと思い込んでいることが大きいと思います。しかし、信頼関係を築くには、相手との心理的な距離を縮めていくことが大切です。話し方が丁寧な人ほど、自分の過去の失敗を話題にすると、相手の反応が良い方向に変わるものです。


ロバート・キヨサキ

ベトナム戦争でヘリが2度3度落ちたから、死ぬのは怖くない。だからビジネスも怖くないですね。やめるのはいつだってできる。それなら、なにも今やめることはないじゃないか。


夏野剛

成果を出すことこそ、管理職に初めてなったとき気に留めるべき事柄です。そのためにはチームの総力をあげる必要があります。チームがいかに120%の力を出せるのか、が最重要なのです。


角田秋生

私どもが大事にしているのは、学年を越すという概念です。最初は自分が分かるところから始めます。子供によっては、自分の学年より下の内容から始めるかもしれない。しかし、一歩一歩進めていくうちに、気がついたら自分の学年に追いつく。ここではまだ足りないんです。ここを追い越す。すると、初めての領域に入っていきます。そして、新しいことが目の前に来たときに、取り組もうという意志や挑戦意欲を持っている子供になるのです。


古本次郎

仕事というのはメリハリをつけてやるものです。心身ともにリフレッシュし仕事をすれば、業績だっていい影響が出るはずです。