名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

小室直樹の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

小室直樹のプロフィール

小室直樹、こむろ・なおき。日本の政治学者、社会学者、法学者、経済学者、法学博士。東京都出身。京都大学理学部数学科を卒業後、大阪大学大学院経済学研究科へ進み、同大学院を中退。その後、ミシガン大学大学院、マサチューセッツ工科大学大学院、ハーバード大学大学院などに留学。帰国後、東京大学大学院法学政治学研究科に入り、法学博士の学位を取得。東京大学非常勤講師を経て、東京工業大学世界文明センター特任教授を務めた。

小室直樹の名言 一覧

学問とは驚く能力です。はじめに楽しむことを覚えるべきです。そのことをすっかり忘れてしまったのです。ロケット博士こと糸川英夫先生は、ニュートンを真に理解したときに「天にも昇る喜び」であったと語っています。しかし、いまこんな体験をする人はいない。


現在の日本の教育は不備です。その理由は、受験戦争だけがあまりにも激烈であって、教授の間、学校の間、大学の間の競争が正常に行われていないからです。いまの日本で、一番充実しているのは、私塾と予備校です。それは学校間の競争が自由で激烈だからです。このことを大学も公的学校も見習うべきです。


戦前、入学試験はほんの一部の学校に限定されていましたが、すべての学校が入試を突破しなければ入れなくなった。まるで「中国の科挙」です。そのために「勉強」といえば、即、「入試」のための勉強となり、せっかく勢いづいてきた数学の隆盛にどれほど水を差したことか。


小室直樹の経歴・略歴

小室直樹、こむろ・なおき。日本の政治学者、社会学者、法学者、経済学者、法学博士。東京都出身。京都大学理学部数学科を卒業後、大阪大学大学院経済学研究科へ進み、同大学院を中退。その後、ミシガン大学大学院、マサチューセッツ工科大学大学院、ハーバード大学大学院などに留学。帰国後、東京大学大学院法学政治学研究科に入り、法学博士の学位を取得。東京大学非常勤講師を経て、東京工業大学世界文明センター特任教授を務めた。

他の記事も読んでみる

渡部恒三

若さというものは足りないことだらけで当然だ。勉強すればいいのだ。


安藤忠雄

安全なところにいて、そこから外を見ているだけでは、世界は理解できません。


赤井益久

大学は研究教育機関として、成熟した人間を育てる場です。その使命を果たすには、まず学生が自信とプライドを抱けるように導かなければなりません。卒業を迎えたとき、大人になったことを学生自らが実感できるような教育の実践を心がけています。


早川徳次

我らの事業の完成は決して単なる個人の野心や自己満足だけでいいわけはない。事業の公共性という点から私は事業達成の目標は、より良く、より高い社会への奉仕と感謝の実行であると信じたいのである。


長田貴仁(大富敬康)

本来、創業家出身のカリスマ経営者は夢と思われるような大きなビジョンを語っても絵になる。それは社内で絶大な権力を持っているため、大きなリスクがある案件であったとしても「私が責任をとる」というメッセージが伝わるからである。


秋山利輝

今やれることを全力でやらないと、次のことも全力でやれなくなります。だから常に本気、常に全力投球でやる習慣をつける。


市川典男

当社は家電メーカーではなく家庭用品メーカー。エレクトロニクス技術を磨く前に、家庭生活で便利なものは何かをまず考える。この姿勢が顧客の満足感につながっている。便利な商品を作れるなら、電気に限らずどんな技術でも活用する。


裵英洙(医療機関再生コンサルタント)

働き盛りのビジネスマンが食事のバランスをとるコツは、食生活を数日単位で考えること。一食一食のバランスを考えるのではなく、3日~1週間単位というように時間軸を延ばして調整するのです。


野口美佳

ピーチ・ジョンとしては、掃除や洗濯、炊事などの日常生活をちゃんとしている人を採用したい。私たちが扱っているものはアートじゃなく、現実に使う商品です。まっとうな生活をしていないと、消費者が何を求めているかわからなくなってしまいます。これは、家電メーカーでも金融業でも、多くの会社に共通することじゃないでしょうか。


村瀬治男

若いうちは、いろいろな仕事を担当して経験を積み、自分の仕事分野での幅が広がるチャンスがあります。それが、昇進するにしたがって仕事が深くなる一方、他分野への広がりが持ちにくくなります。


清水克彦(報道キャスター)

人には得意分野や苦手分野があって当たり前。自分の得意分野の仕事では120点を狙う気持ちで取り組みつつ、苦手分野の仕事なら、最初から、及第点である80点が取れればいいと割り切るべきだ。


菅谷信一

会社員なら、与えられた仕事を着実にこなせば、一定の給与を受け取れます。ところが、起業家は自分で目標を定め、実践し、継続しなければ売上は得られないのです。自ら動く姿勢は、起業家には不可欠でしょう。