名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

小塚崇彦の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

小塚崇彦のプロフィール

小塚崇彦、こづか・たかひこ。日本のフィギュアスケート選手。愛知県出身。中央大学大学院体育学研究科体育学専攻博士前期課程修了。5歳からフィギュアスケートを開始。全日本選手権優勝、世界選手権2位、バンクーバー五輪8位などを達成。引退後、プロスケート選手としてアイスショーに出演。

小塚崇彦の名言 一覧

プロはここぞというときに集中して力を発揮する。


今後、世の中の人たちにフィギュアスケートにもっと興味を持ってもらい、競技人口を増やしたい。元選手として世の中にスケートを滑る楽しさを伝えながら、見るだけでなく、滑ってもらえる環境づくりに力を注いでいきたいですね。


ありがたいことに、名古屋はスケートを滑るには国内トップクラスの環境があります。邦和スポーツランド、中京大学のフィギュア専用リンクのアイスアリーナもあります。昔はフィギュアもマイナーでしたが、伊藤みどりさんの活躍を見て、子供にやらせたいと思って出てきた世代が、安藤美姫さん、浅田真央さん、僕たちです。


僕もNHK「ファミリーヒストリー」で知ったのですが、祖父は満州の元フィギュアチャンピオンで、帰国後に仲間たちと愛知県スケート連盟を立ち上げ、資金集めをして回ったと聞いています。祖父がいなければ僕もスケートをやっていなかったでしょうね。


小塚崇彦の経歴・略歴

小塚崇彦、こづか・たかひこ。日本のフィギュアスケート選手。愛知県出身。中央大学大学院体育学研究科体育学専攻博士前期課程修了。5歳からフィギュアスケートを開始。全日本選手権優勝、世界選手権2位、バンクーバー五輪8位などを達成。引退後、プロスケート選手としてアイスショーに出演。

他の記事も読んでみる

神戸守一

たい焼きを一匹ずつ焼くから、数ができないんだよ。たくさんの人が並んでくれても待たせちゃう。でもうちがここまで続いた理由は、この一丁焼きを通したから。味はもちろんだけど、誰もマネができない技があったことが大きいね。


佐々木常夫

いま50代の人に勧めたいのは、人智を超えるものとの触れ合いだ。年を重ね経験を積み、肩書がつくようになると、人はどうしても傲慢になる。そんなときは即身仏のような偉大な存在や、大自然、芸術といった人智を超えたものに触れると、謙虚な気持ちになり、等身大の自分を取り戻すことができる。


児玉光雄

目標を立てる際に欠かせないのが、「いつまでに」という期限です。その期限が数値化されていないと、モチベーションは高まりません。


廣瀬光雄

「ハゲタカ」と批判されていたわけですから、(倒産したゴルフ場の買収・再建事業から)手を引くという選択肢もありました。しかし何もしなければ日本の企業がどんどん倒産して日本経済は落ち込んでしまう。ひいてはグローバル競争で生き残ることができなくなります。ですから、決して諦めるわけにはいきませんでした。結果として、現在、PGMホールディングスの従業員は9000人近くおり、139のゴルフ場を保有・運営しています。もし企業再生ファンドが援助しなければ、これらの存在がなくなっていたわけです。何よりもPGMの会員である16万人を守ることができました。今では企業再生が目に見える形になったので、関係者の方々からは「ありがとう」と感謝されるようになりました。


萩本欽一

歳をとると、家庭菜園とか盆栽とか、じっとみてる趣味が多くなるけど、それじゃ駄目。歳とるほど無謀なことをした方がいいんだ。


陰山英男

お金の使い方や稼ぎ方、貯め方は、突き詰めれば「どのような人生を送りたいか」という問題につながります。たとえば年収が500万円として、それで書籍を買うのか、趣味に使うのか、定期預金にするのか、株に投資するのか。どれを選択するかで、その人の生き方は確実に違ってきます。


佐々木淳一(経営者)

日本アクセスに行けと伊藤忠の岡藤正広社長から命じられた時、「こそばい営業をしろ」と言われました。「こそばい」とは大阪弁で「くすぐったい」という意味。お客様が「これは面白い」と思わず口にするような商品を、現場視点で開発しろという意味でしょう。


亀山敬司

技術革新が業界の常識を変えていく。新しい技術に資金を投入し、そのユーザーの利用や購入データを分析することで新しいニーズが見えてくる。


ウォルト・ディズニー

与えることは最高の喜びだ。他人に喜びを運ぶ人は、自分自身の喜びと満足を得る。


藤田耕司(経営コンサルタント)

経営の引き継ぎのタイミングは会社が持続的に成長を続けるためにとても重要。まずは「何年何月何日に辞める」と具体的に決めておく必要がある。そのうえで、後継者を決めて、社長として必要な経験も積ませ、社内体制を整えるなど、自分がいなくなった時のために全力を尽くしておかなければならない。


川田修(ライフプランナー)

商談中、お客様に紙に書いて説明するときがありますよね。紙を自分のほうに向けて書き加えて、再びお客様に向けるのが一般的でしょう。しかし紙を何度もクルクルと回していると、お客様にストレスを感じさせてしまいます。それで紙の向きを変えずに字を書く、逆さ文字を練習したのです。そのうち「字を逆さまに書く面白い営業マンだから、とにかく会ってみなよ」と紹介していただけるようになりました。


眞保智絵(鳥海智絵)

多種多様なバックグラウンドを持つ人が、様々な働き方で活躍できる仕組みを作り、柔軟性が持てるようにしたい。実際には「やってみたらできた」という人が実に多い。「今までチャンスが与えられていない、あるいは、チャレンジしていないから、できていない」という部分もあると思います。当社でも現場の管理職から「任せてみたら予想以上にできた」という言葉をよく耳にします。ですから女性に限らず、男女を問わず若い人などにも「チャンスを与え、任せる」ことを意識的にやっていこうと言っています。