名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

小堺桂悦郎の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

小堺桂悦郎のプロフィール

小堺桂悦郎、こざかい・けいえつろう。日本の経営コンサルタント。宮城県出身。日本のバブル景気時に金融機関の融資係として勤務したのち、税理士事務所に転職し、銀行勤務の経験を生かし企業の銀行対策を含めた資金繰りのコンサルティングを行う。その後独立し小堺コンサルティング事務所を設立。主な著書に『借りる技術返す技術 元銀行融資担当が教える資金繰り』『借金バンザイ』『なぜ、社長のベンツは4ドアなのか?誰も教えてくれなかった裏会計学』『消費と投資で人生を狂わすな』『社長!そんな税理士はいますぐ替えなさい』『粉飾バンザイ! 税理士は教えてくれない決算&会計の裏ワザ』『借金社長のための会計講座』など。

小堺桂悦郎の名言 一覧

不況とか給料ダウンといった負の部分ばかりに目がいくと、自由や便利さを手にしている自らの環境を活かすことができない。まずはチャンスが山ほど転がっているのを認識すべきですね。


抱えている問題は人それぞれでも、お金の問題の本質は「収支のアンバランス」にあります。その収支のアンバランスを解決する方法は3つしかありません。「収入を増やす」「支出を減らす」「借りる」です。考えればすぐ気づくことですが、誰も自分のお金の問題を直視したくはないですから、その単純な真理から目を背けてしまう。それで対処法の選択を間違えてしまうのです。


お金の不安を完全に解消することは難しい。でも、そうして現状を直視することから始めなければ、不安を軽減することもできないと思います。


私はこれまで資産家といわれる人をたくさん見てきましたが、そういう人たちに共通しているのは「帳簿にうるさい」ということです。豪快に遊んでいる人でも、帳簿はしっかりしていました。逆に資金繰りで苦しんでいる会社の経営者は、やはり帳簿を疎かにしている場合が多かったです。


さすがに独立してお金が底をつけばジ・エンドですから、そうならないように資金繰り表をつくりました。金融機関でずっと働いてきたわけですから、そんなものはなくても大丈夫と思っていたんですが、やはり頭の中だけでは駄目なんですね。エクセルに打ち出して、ようやくはっきりと自分の会社のお金の流れが見えてきたのをよく覚えています。
【覚書き|独立当初を振り返っての発言】


サラリーマンのときは早く一人前になりたいという気持ちが強くて、自分より年齢も社会的地位も上の方々とお付き合いしたり、資格取得の勉強をしたりして出費が多く、ギリギリの生活でした。実家に仕送りもしていましたから、自分が勤めている銀行のカードローンによくお世話になっていました(笑)。
【覚書き|銀行員時代を振り返っての発言】


借金には「お金があってする借金」と「お金がなくてする借金」の二つがあって、前者は検討に値する場合があります。たとえば300万円の預金があって、200万円のクルマを買おうという場合、多くの人が「ローンの金利がもったいないから現金で買おう」と思います。しかし、私はその300万円は銀行に預けたまま、ローンでクルマを買うことを勧めます。なぜなら、給料が下がったり、病気をしたりするなど不測の事態が起きれば、途端に余裕がなくなるからです。そして「お金がなくてする借金」をせざるを得なくなります。「お金がなくてする借金」は、本当につらい。そうならないためにも、ローンの金利は一種の保険料だと思って、手元にある程度自由になるお金を持っておくことは必要だと思います。


「十分なお金が貯まれば、きっと不安はなくなるはず」と思うかもしれませんが、お金があると「失う不安」が生まれるのです。優良企業の経営者が、「このまま会社が続けられるかどうか心配なんだよ……」とつぶやくのを私は何度も聞きました。


数字を見るときに大事なのは、知識より想像力です。


経営というものは常に順風満帆というわけにはいかず、逆境で会社を支えるために、ときには泥水をすするようなこともしなければなりません。そのとき、トップに立つ人間に清濁併せ呑む度量がないと、従業員も心細いのではないでしょうか。


脱税や違法行為をしてはいけないのは当たり前ですが、合法的な節税を否定する理由はありません。とくに中小企業の経営者が、せっかく稼いだ利益を税金に持っていかれることをどれだけ苦痛に思っているか、私自身も同じ立場ですからよくわかります。ですから、「利益がこれだけですから、税金をこれだけ払ってください」とひと言で済ますようなことはしたくないのです。


実際にいろいろな社長に会ってみると、経営が苦しいからといってすぐにベンツをカローラに乗り換えてしまう人より、赤字でもなんとか工夫してベンツに乗り続ける人の方が、ここぞという場面で踏ん張りが効くような気がします。


メーカーの営業職なら、せめてこの商品をひとつ売ったらどれくらいの利益が会社に入るのかといったことぐらいは、大まかでいいからイメージできるようにしておいてほしいものです。そういうことができる方が、簿記や会計の専門的な知識を持っているよりもよほど重要だし、仕事の役にも立つのではないでしょうか。


利益が出たと思ったら半分近く税金に取られ、業績が悪化すればたちまち資金繰りが悪化する、それが中小企業の実態です。実際に経営をしてそういう痛みを何度も経験していれば、きれいごとではない本当に役に立つ会計とはどんなものか、嫌でもわかってきますよ。


給料が上がることを前提に、ローンを組んで家を買うなど漠然と設計を描いている人が多いと思いますが、その前提が崩れています。むしろ、自由や便利さを活かした新モデルの人生設計図を描かなきゃいけない。私は28歳で転職し37歳で起業しました。30歳や40歳の時点でどうしていたいか、どうなっていないと困るかと考え、そこから逆算して行動したのです。ぜひ未来の設計図を描いてみてください。


小堺桂悦郎の経歴・略歴

小堺桂悦郎、こざかい・けいえつろう。日本の経営コンサルタント。宮城県出身。日本のバブル景気時に金融機関の融資係として勤務したのち、税理士事務所に転職し、銀行勤務の経験を生かし企業の銀行対策を含めた資金繰りのコンサルティングを行う。その後独立し小堺コンサルティング事務所を設立。主な著書に『借りる技術返す技術 元銀行融資担当が教える資金繰り』『借金バンザイ』『なぜ、社長のベンツは4ドアなのか?誰も教えてくれなかった裏会計学』『消費と投資で人生を狂わすな』『社長!そんな税理士はいますぐ替えなさい』『粉飾バンザイ! 税理士は教えてくれない決算&会計の裏ワザ』『借金社長のための会計講座』など。

他の記事も読んでみる

栗木契

差別化の実現という課題に企業が取り組むときに、理論だけに頼っていてよいものだろうか。答えは明らかにノーである。理論は優れたものであるほど、広く知られている。つまり、競合他社も同じことを知っている。そして理論は、優れたものであるほど、普遍的な再現性を持つ。つまり、自社の独自のパフォーマンスを保証するものではなく、競合他社のパフォーマンスも保証する。


伊藤正裕(起業家)

粗利益(売上高-売上原価)ではなく、営業利益(粗利益-販売費及び一般管理費)を追わなければいけません。現場の営業職にはわからない販売管理費があり、粗利益から儲かっているように見えても、営業利益で赤字になっている場合が多いのです。私も以前、粗利益で見て失敗した経験があります。


後藤玄利

30歳そこそこで5年も健康関連業界のダイレクトマーケティング事業を手がけている人間はおそらく国内で数十人。その中で一からビジネスモデルを作れる人は数人でしょう。Eコマースはダイレクトマーケティングの延長であり、私自身インターネットの黎明期からネットに触れてきた。そんな自分が全身全霊をかけてやれば、必ずナンバーワンになれると考えました。


滝茂夫

世界の消費行動が変わってきているのですから、それに合わせた新たな付加価値、あるいは新製品を出していく努力が必要。


貫地谷しほり

現実世界から離れて楽しむ時間を持てると、そのあと、かえって、自分自身と向き合いやすくなれる。


竹内規彦

心理学に「自己効力感」という概念がある。これは「自身の経験に裏づけられた自信感」を指す。数々の研究で、人のモチベーションを高める重要な概念であることが明らかになっている。


千田琢哉

私が経営コンサルタントの職に就いて、これだけはやろうと決めたことがありました。それは、「名刺交換したすべての人に、お礼のハガキを書く」ということでした。競争が激しいコンサルティング業界で勝ち残ろうと、セミナーや経営相談や、度重なる電話や訪問で時間をかけながら緻密に顧客開拓をする同僚が多い中で、自分に合った方法として選んだのがハガキでした。どうせやるなら誰にも真似をできないことをしたい。そこで、出会った人には例外なくハガキを書く、それをまず1年続けよう、と決心したのです。


秋元康

イチローのようにストイックで、強い意志を持っている人ならば、大人になってからでも自分を変えられるかもしれません。でも、僕はつねに「自分はダメなほうの90%に入っている」という意識があるんですよね。人に何かを教えるときでも、「言ってもやらないだろうな」と思いながら教えているところがある。それは自分が教わってもきっと実行しないだろうなと思うから(笑)。だとすると、むしろ変わらないでいること、自分を変えない楽な方法で何かを生み出すことを考えたほうがいい。そのほうが多くの人にとって有効なヒントになると思います。


松下幸之助

些細なことをおろそかにしない心がけが人生を大きな成功へ導く。


石川康晴

仕事の失敗は避けられません。失敗を失敗で終わらせないように組織で問題点を共有できる方が、よほど有益な財産になる。


紫関修

20周年を迎えて、170店舗全てが、創業の原点である手作り感とアットホームなサービスを本当に提供できているのか改めて総点検をしています。


アンドリュー・リバリス(アンドルー・リバリス)

8年前と比べると、ダウはもう、別の会社になっています。新しい技術を使って原油価格に依存しない製品を生み出してきたからです。この8年の間に、原油の価格動向にあまり左右されない製品ポートフォリオに作り替えてきた。