名言DB

9412 人 / 110637 名言

小堺桂悦郎の名言

twitter Facebook はてブ

小堺桂悦郎のプロフィール

小堺桂悦郎、こざかい・けいえつろう。日本の経営コンサルタント。宮城県出身。日本のバブル景気時に金融機関の融資係として勤務したのち、税理士事務所に転職し、銀行勤務の経験を生かし企業の銀行対策を含めた資金繰りのコンサルティングを行う。その後独立し小堺コンサルティング事務所を設立。主な著書に『借りる技術返す技術 元銀行融資担当が教える資金繰り』『借金バンザイ』『なぜ、社長のベンツは4ドアなのか?誰も教えてくれなかった裏会計学』『消費と投資で人生を狂わすな』『社長!そんな税理士はいますぐ替えなさい』『粉飾バンザイ! 税理士は教えてくれない決算&会計の裏ワザ』『借金社長のための会計講座』など。

小堺桂悦郎の名言 一覧

不況とか給料ダウンといった負の部分ばかりに目がいくと、自由や便利さを手にしている自らの環境を活かすことができない。まずはチャンスが山ほど転がっているのを認識すべきですね。


抱えている問題は人それぞれでも、お金の問題の本質は「収支のアンバランス」にあります。その収支のアンバランスを解決する方法は3つしかありません。「収入を増やす」「支出を減らす」「借りる」です。考えればすぐ気づくことですが、誰も自分のお金の問題を直視したくはないですから、その単純な真理から目を背けてしまう。それで対処法の選択を間違えてしまうのです。


お金の不安を完全に解消することは難しい。でも、そうして現状を直視することから始めなければ、不安を軽減することもできないと思います。


私はこれまで資産家といわれる人をたくさん見てきましたが、そういう人たちに共通しているのは「帳簿にうるさい」ということです。豪快に遊んでいる人でも、帳簿はしっかりしていました。逆に資金繰りで苦しんでいる会社の経営者は、やはり帳簿を疎かにしている場合が多かったです。


さすがに独立してお金が底をつけばジ・エンドですから、そうならないように資金繰り表をつくりました。金融機関でずっと働いてきたわけですから、そんなものはなくても大丈夫と思っていたんですが、やはり頭の中だけでは駄目なんですね。エクセルに打ち出して、ようやくはっきりと自分の会社のお金の流れが見えてきたのをよく覚えています。
【覚書き|独立当初を振り返っての発言】


サラリーマンのときは早く一人前になりたいという気持ちが強くて、自分より年齢も社会的地位も上の方々とお付き合いしたり、資格取得の勉強をしたりして出費が多く、ギリギリの生活でした。実家に仕送りもしていましたから、自分が勤めている銀行のカードローンによくお世話になっていました(笑)。
【覚書き|銀行員時代を振り返っての発言】


借金には「お金があってする借金」と「お金がなくてする借金」の二つがあって、前者は検討に値する場合があります。たとえば300万円の預金があって、200万円のクルマを買おうという場合、多くの人が「ローンの金利がもったいないから現金で買おう」と思います。しかし、私はその300万円は銀行に預けたまま、ローンでクルマを買うことを勧めます。なぜなら、給料が下がったり、病気をしたりするなど不測の事態が起きれば、途端に余裕がなくなるからです。そして「お金がなくてする借金」をせざるを得なくなります。「お金がなくてする借金」は、本当につらい。そうならないためにも、ローンの金利は一種の保険料だと思って、手元にある程度自由になるお金を持っておくことは必要だと思います。


「十分なお金が貯まれば、きっと不安はなくなるはず」と思うかもしれませんが、お金があると「失う不安」が生まれるのです。優良企業の経営者が、「このまま会社が続けられるかどうか心配なんだよ……」とつぶやくのを私は何度も聞きました。


数字を見るときに大事なのは、知識より想像力です。


経営というものは常に順風満帆というわけにはいかず、逆境で会社を支えるために、ときには泥水をすするようなこともしなければなりません。そのとき、トップに立つ人間に清濁併せ呑む度量がないと、従業員も心細いのではないでしょうか。


脱税や違法行為をしてはいけないのは当たり前ですが、合法的な節税を否定する理由はありません。とくに中小企業の経営者が、せっかく稼いだ利益を税金に持っていかれることをどれだけ苦痛に思っているか、私自身も同じ立場ですからよくわかります。ですから、「利益がこれだけですから、税金をこれだけ払ってください」とひと言で済ますようなことはしたくないのです。


実際にいろいろな社長に会ってみると、経営が苦しいからといってすぐにベンツをカローラに乗り換えてしまう人より、赤字でもなんとか工夫してベンツに乗り続ける人の方が、ここぞという場面で踏ん張りが効くような気がします。


メーカーの営業職なら、せめてこの商品をひとつ売ったらどれくらいの利益が会社に入るのかといったことぐらいは、大まかでいいからイメージできるようにしておいてほしいものです。そういうことができる方が、簿記や会計の専門的な知識を持っているよりもよほど重要だし、仕事の役にも立つのではないでしょうか。


利益が出たと思ったら半分近く税金に取られ、業績が悪化すればたちまち資金繰りが悪化する、それが中小企業の実態です。実際に経営をしてそういう痛みを何度も経験していれば、きれいごとではない本当に役に立つ会計とはどんなものか、嫌でもわかってきますよ。


給料が上がることを前提に、ローンを組んで家を買うなど漠然と設計を描いている人が多いと思いますが、その前提が崩れています。むしろ、自由や便利さを活かした新モデルの人生設計図を描かなきゃいけない。私は28歳で転職し37歳で起業しました。30歳や40歳の時点でどうしていたいか、どうなっていないと困るかと考え、そこから逆算して行動したのです。ぜひ未来の設計図を描いてみてください。


小堺桂悦郎の経歴・略歴

小堺桂悦郎、こざかい・けいえつろう。日本の経営コンサルタント。宮城県出身。日本のバブル景気時に金融機関の融資係として勤務したのち、税理士事務所に転職し、銀行勤務の経験を生かし企業の銀行対策を含めた資金繰りのコンサルティングを行う。その後独立し小堺コンサルティング事務所を設立。主な著書に『借りる技術返す技術 元銀行融資担当が教える資金繰り』『借金バンザイ』『なぜ、社長のベンツは4ドアなのか?誰も教えてくれなかった裏会計学』『消費と投資で人生を狂わすな』『社長!そんな税理士はいますぐ替えなさい』『粉飾バンザイ! 税理士は教えてくれない決算&会計の裏ワザ』『借金社長のための会計講座』など。

他の記事も読んでみる

福島哲史

社内向け文書は、自部門の上司に見せるものや、数十人程度にメールで発信するなど、特定の相手に見せるものです。相手の顔を具体的に想像しながら作成してみましょう。相手が嫌がるような文言にはしないほうがいいという、賢明な判断につながります。また、文書を残す目的を明確にしておけば、どのような項目が必要かも見えてきます。


藤野英人

投資は、自分以外の存在に賭けることです。仕事も、自分のエネルギーを他人の活動や他人の会社に注ぐ行為ですよね。だから常に私が大事にしているのは、人を信じることです。


中村獅童(二代目)

コミュニケーションにおいて大切だと思うことが2つあります。「挨拶」と「礼儀」です。極論すれば、この2つを守れば、人から嫌われることはありません。


弘兼憲史

多くの社長に会い、話を聞いてきた経験から総合的に考えると、躍進している企業の社長は、いつも次の手を考えています。現状がよくても、そこに甘んじることなく、新たな次の一手を考える。


ドナルド・トランプ

よく働いていれば新しいアイデアが引き寄せられてくる。反対に、怠け心と無気力さはネガティブな考えを引き寄せる。


竹田陽一

あなたの会社の経営規模と強い競争相手との力関係を考えたうえで、将来どことどこの地域で一位を目指すかに重点地域をはっきり決めることです。営業地域はどこまで広げるかという最大範囲もはっきり決めておきます。このとき、営業しない地域と切り捨てるべき地域をはっきりさせておくと失敗が少なくなります。


枡野俊明

心の疲れを取り除き、気力を充実させるには、私たち禅僧の修行が参考になると思います。規則正しい生活を送り、姿勢と呼吸を整えるのです。禅僧は、起床から就寝まで毎日決まった生活を送っています。朝早くから掃除で身体を動かし、読経で大きな声を出し、腹式呼吸を繰り返します。腹八分で満腹になるまで食べることはありません。野菜中心の食事ですから、肌がきめ細かくツヤツヤしています。


土屋公三(経営者)

一つのことを愚直に突き詰められる人はめったにいないかもしれません。ただ、人間の脳は潜在能力の1割も引き出せないまま生涯を終えるともいわれるぐらいですから、まだまだ開拓の余地はあるはずです。


重久吉弘

仕事をしていく上では、相手から好感を持たれるように努力することが大事。私自身、これまで仕事の上でも、プライベートでも努力してきました。その時に心がけてきたのが「強く、明るく、元気よく、そして品も良く」という言葉。最後の「品も良く」が大事ですね(笑)。


福川伸次

リーダーは社内はもちろん、社外からもできるだけ多くの情報を取り入れ、最適解を見つけていく。それが企業の変革に一番重要なこと。日本が輝くためにも、情報力、発想力、決断力を持ったリーダーが今こそ必要。


八城政基

私は新入社員に4年ぐらい言い続けていることがあります。それは、この銀行に長くいる必要はないということです。ここにきて働く以上、毎日が自分にとってチャレンジであるようにと。新しいことを知り、知識を増やし、能力をつけなさい。その能力をもっと高く買ってくれるところがあたら、そこへ行ってもかまわないと。


斎藤司

部署内の「あるあるネタ」も使えますね。上司のクセを真似したり、いつもダサい服を着ている奴がいたら、イジってみたり。「あるある」は、笑いの共有と場の一体感を生みます。でも、悪口にならないように注意。相手のプライドを傷つけると、後で大変なことになります。うまくイジれる人がいない場合は、自虐ネタで自分を落とすのが安全でしょう。僕の場合は薄毛という最終兵器があるので(笑)、これを駆使すれば誰も傷つかない。


安渕聖司

タイムを計りながら仕事をするといいですよ。それを何回もやると速くなる。私の場合は、時間を管理するために、デスクと自宅にストップウオッチを置いて締め切り時間を設定しながら業務をこなしています。


山本真司

もし、努力の割に成果があがらないと悩んでいる人がいるなら、一度自分の努力の対象を見直して、これはというものにフォーカスすることをぜひおすすめします。言い換えれば、ほかの対象を捨てるわけです。


草野仁

意に沿わない仕事でも、ほんの小さな仕事でも決して手を抜かない。その姿勢はきっと、誰かが見てくれているはずです。