名言DB

9,528 人 / 112,482 名言

小坂徳三郎の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

小坂徳三郎のプロフィール

小坂徳三郎、こさか・とくさぶろう。日本の経営者、政治家。信越化学工業社長・会長、信濃毎日新聞社長、衆議院議員、運輸大臣、経済企画庁長官、経団連評議員、経済同友会幹事など要職を歴任。

小坂徳三郎の名言 一覧

私は軽い経営が理想だと思っている。軽い経営とは従業員全員の肩に水圧を感じさせない会社のことだ。職制とか人事権とか命令系統とか、何か一つの権力構造を頼りにして、権力をチラチラさせながら下を押しまくっていくような経営は重い経営だ。


小坂徳三郎の経歴・略歴

小坂徳三郎、こさか・とくさぶろう。日本の経営者、政治家。信越化学工業社長・会長、信濃毎日新聞社長、衆議院議員、運輸大臣、経済企画庁長官、経団連評議員、経済同友会幹事など要職を歴任。

他の記事も読んでみる

鈴木敏文

お客が1万人いたとして、そのうち4000人は安い物を買いたいと。あと6000人の中には、新しい物、もっといい物、多少高くてもいいというお客が必ずいる。ただ安い物だけの提供では、お客一人ひとりに対しても満足感を与えていない。だから不満の人が多い所に対して満足を与えるためには質が大事。


平井伯昌

積極的に情報発信すれば、できることの可能性を広げるだけでなく、周囲の理解も得られる。


ホセイン・ヤサイ

お客様の成長なくして当社の成長なし。


柴山政行

売り手側から考えると、売上による利益を得るだけでなく、価格以上の満足感を与えることが重要です。売り手には利益、買い手には満足感が残る取引であれば、双方にメリットがあり、リピーターを生みます。そして業績は拡大します。


森辺一樹

多くの日本企業が、リスクを取って失敗した人を評価しないという組織の評価基準に問題があると私は思う。アジアの担当役員の多くは50歳以上、現地の執行責任者は40歳以上である。この年齢で失敗をすれば、本流から外され、いままで築き上げて来たものが一瞬で崩れる。日本に戻っても席は無い。こんな評価基準が平然とまかり通っている組織で、訳の分からぬアジア市場で果敢にリスクを取ってチャレンジすることなどできる訳が無い。


豊島俊弘

投資先だってどこでもいいわけではない。きちんと投資家さんに対しても、投資先に対しても透明性を持って説明できる責任を持たなければならない。


武田双雲

自分から闇雲にパンチを出していた時代より、周囲から期待される方がしんどかった。テレビに出たら視聴率を出さなければいけないし、個展を開いたらデパートに集客と売上をもたらさなければならない。結果を出さなくてはいけないというプレッシャーに負けそうになっていたんです。だけど、その中で人との絆に気づき、助け合って進めばいいと思えてきた。


カルロス・ゴーン

終身雇用と年功序列と同列に論じることはできません。私は、年功序列制度は企業の業績に悪影響を与えると思っています。しかし、終身雇用制度のほうは、働く人々に対して企業が誠意を示すという意味で、決して悪いことだとは思っていません。私たちは、なるべく終身雇用が実現できるよう努力していきたいと思います。


ジェイソン・ダーキー

研修を受けて成果が出る場合と出ない場合があります。例えばプレゼンテーション研修を受けたとして、職場に戻って3年間機会がなかったとしたら意味がありません。学んだことを生かす機会をつくる、それを誉めるという形で、会社の上層部が教育に対する意識を持ち、フォローしていくことが重要です。研修前後に各5分、内容を聞き、そのアウトプットの機会を与えるかどうかだけで全く効果が違ってきます。


寺嶋隆介

おかげさまで当時、型破りと言われたラボの教育方針が理解され、50周年を迎えることができました。ことばがこどもの未来をつくる。この原点を忘れず、今後もこどもたちと共に歩んでいきたいと思います。


斎藤広達

人生は決断の連続。ビジネスでもプライベートでも、常に「何を正義と考えるか」を問われる。軸がブレれば信頼されず、妥当な落としどころを探すには知識や経験も不可欠。いくつになっても勉強が必要だと、痛感させられる。


稲盛和夫

最初は勝算も何もなく、どうすれば良いかという策も持っていませんでした。JALという会社はどういう会社なのか、どんな経営陣が残っているのか、それらを知ることから手探りでやらなければならない状況だった。
【覚え書き|JALの経営再建に取りかかった当時を振り返っての発言】