名言DB

9412 人 / 110637 名言

小口善左衛門の名言

twitter Facebook はてブ

小口善左衛門のプロフィール

小口善左衛門、おぐち・ぜんざえもん。日本のコンサルタント、経営者。「アバージェンス」代表執行役COO(最高執行責任者)。長野県出身。大学卒業後、都市銀行、コンサルティング会社などを経てアバージェンスを設立。

小口善左衛門の名言 一覧

ぜひ一度、「自分が生涯を通じて極めるべきことは何か」を考えてみてください。それさえ見つけることができれば、あとは周りの求めに応じて役割を演じればいい。そう割り切ることで、以降の人生はずっと明るいものになるはずです。


私は前職でも部門長を務めていたので、規模は大きくなったものの、役割としては社長も部門長の延長線上にあるように感じていました。しかし、実際にはまったく違うものでした。


若い頃はかなり傲慢で、嫌な奴だったと思います。ついたあだ名はダース・ベイダー(笑)。あるとき、本来の自分はどうあれ、周りの人が自分に求める姿を演じればいいのだ、と気づいたのです。そこで社員の意見を聞き、求められている経営者像を「演じる」ことを意識してみました。すると、徐々にではありますが、会社もうまく回るようになってきたのです。


40代の大切な役割は、後継者の育成です。仕事柄、多くの企業の社長にお会いしてきましたが、衰退していく企業にはある法則がありました。それは、「自分よりも優秀な後継者を選べなかったこと」です。結果、代を重ねるごとに経営力が衰えていってしまったのです。実際にはプライドもあり、自分より優秀な人はなかなか認めたくないものです。ですが、自分よりも「すごい奴」を選ばないと、会社はスケールダウンしていく一方です。これは中間管理職でも同じだと思います。自分よりもすごい奴を見つけ、その人物に後を引き継がせるべく、早めに準備をする。上司が部下と張り合うようでは、部門は衰退します。


まずはビジュアルから入るのがお勧めです。たとえば、ネクタイやスーツの色をガラッと変えてみる。すると、自分の内面も全然違ってくるのを感じるはずです。また、「話し方」を変えるのも効果的です。たとえば、「論理的な上司」を演じたいのなら、何かを発言する際に必ず「言いたいことは3つです」と言ってから話し始めるように習慣づける、などです。実際には話は全然まとまっていなくても、案外気づかれないもの。そしてそのうち周囲から「ロジカルな人だ」と思ってもらえるようになり、それに従って本当に論理的な人間に変わっていくのです。


私自身の価値は「役職」にあるのではなく、生涯をかけて何をするかという「職業」にあると考えているからです。多くの人は、「自分は部長だ」「課長だ」などと、役職を自分の役割だと捉えるので、それが失われると自分自身の価値がゼロになったと感じてしまうのでしょう。でも、定年もあり、役職はいずれ失われるものです。一方、今は定年後も働くことが求められる時代です。生涯を通じて極めるべきはやはり、「職業」ではないでしょうか。そして、私の場合はそれがコンサルティングだったということです。


若いうちから確実に結果を出してきた方ほど、40代で壁にぶつかります。成功体験を捨てづらい、ということもありますが、彼らは基本的に、真面目に働いて結果を出してきた人たち。だから壁にぶつかったら、今度は自分を根本から変えなければと、どんどん自分を追い込み、疲弊してしまうのです。そういう方は、こう考えてみてください。会社は舞台で、自分は部門長という役を演じろと言われたのだと。自分を根本的に変えようなどと思わず、会社にいるときだけ「キャラを装えばいい」と。


小口善左衛門の経歴・略歴

小口善左衛門、おぐち・ぜんざえもん。日本のコンサルタント、経営者。「アバージェンス」代表執行役COO(最高執行責任者)。長野県出身。大学卒業後、都市銀行、コンサルティング会社などを経てアバージェンスを設立。

他の記事も読んでみる

相澤賢二

私は社員を「その場で叱る」「その場で褒める」よう心がけています。これがなされれば、社員は必ず伸びます。私はお客様の前であっても、他の部下の前であっても、その場で叱ります。あとで注意するのは駄目です。お客様がいるところで叱るのはお客様の迷惑になるという意見もあるでしょうが、叱っている内容がお客様目線であれば、お客様にも社員教育だと思ってもらえると信じています。


中本晃

既存商品のモデルチェンジだけではダメです。5~10年に1度は、乾坤一擲の新商品を投入しなくては。


森正文(経営者)

最初からうまく行くはずありませんよ。とにかく行ってみるしかない。担当者も自分も人間です。それぞれ個性がありますから、相性が合ないこともあります。全部の会社から契約は取れないのが当たり前と覚悟することです。そのうえで、やはり営業の分母を広げる努力は不可欠です。


ウォーレン・バフェット

ウォール街や証券会社のセールスマンに今の推奨銘柄は何でしょうか?と聞くことは、床屋に行って今日は散髪したほうがいいかなと聞くようなものだ。


永守重信

何十、何百回と「できる」「できる」と言わせていると、そのうちに本当にできるような気になってくる。比叡山のお坊さんは「千日回峰行」という荒行をされますが、わが社は「千回言行」を実践しています。どんなことも千回言えばその気になって、次第にできるようになってくる。


村上憲郎

20代の人に対しては、「英語の勉強を1日3時間、睡眠時間を削ってでもやれ」と言いたいですね。20代はこれから30年以上働いていくわけです。英語を勉強しないということは、「今後30年以上、自分は英語ができないビジネスパーソンとして生きていく」というキャリアパスを選ぶということです。日本にいると気が付かないかもしれませんが、これは正直相当リスクの大きい覚悟が必要な選択です。自覚している人は少ないですけど。


孫正義

俺は今でも一番ある意味尊敬しているのはおやじだね。三つ子の魂じゃないけど、三歳ぐらいの時から、お前はいずれ世界一の男になると。お前は天才だと、ずっと言い続けてきた。


清田瞭

機関投資家を相手にする場合、機関投資家は担当の営業マンが信用できなければ発注しません。相手の能力、知識、人間性などを十分に見極めて注文を出すのが善管注意義務上当然なのです。


小路明善

営業の班長だったころ、部下たちに毎月、「よかったこと」と「悪かったこと」をひとつずつ言わせてノートにまとめました。半年経つと1人当たり6個の改善するテーマが見いだせ、部下と突っ込んだ話し合いができました。


岩田聡

任天堂に高給と安定だけを求めて入社志望する人がいないとは思いませんが、「もし効率よくいい思いがしたいだけならウチはいい職場じゃないよ」って会社説明会で私は言い放っています(笑)。「はっきり言って、大変だよ」って。


増田順

低価格訴求による顧客価値提供ではなく、病院で働く人たちの仕事を徹底的に理解し、その仕事自体をデザインすることで価値を生みだすことに専念しました。


熊谷眞一

若い人材には大いに期待しています。シベール本社の玄関には、「ここに来れば日本の未来が信じられる。今時の若者は大したもんだ」という標語を掲げています。ITに関する知識や新しい発想など、本当に今の若者の能力は素晴らしい。


心屋仁之助

無用な罪悪感を手放したとき、人は人間関係だけでなく、人生そのものをより明るく、自由なものへと変えていける。


野木森雅郁

外箱のパッケージデザインも世界で統一すると決めて欧米各国の事務所などに提示しましたが、多くの国から返答が来ません。理由を聞いて、初めてわかりました。例えば北欧で販売するためには複数の言語での表示が必要でした。日本では想像できない様々なルールがあったのです。各国の担当者からすればとても受け入れられない案だったわけです。それぞれの国の規制や実情を細かく尋ねました。


澤田秀雄

海外事業はあまり急速に発展させると、サービスの質が落ちてしまいますから、人の養成が一番の課題です。