名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

小口善左衛門の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

小口善左衛門のプロフィール

小口善左衛門、おぐち・ぜんざえもん。日本のコンサルタント、経営者。「アバージェンス」代表執行役COO(最高執行責任者)。長野県出身。大学卒業後、都市銀行、コンサルティング会社などを経てアバージェンスを設立。

小口善左衛門の名言 一覧

ぜひ一度、「自分が生涯を通じて極めるべきことは何か」を考えてみてください。それさえ見つけることができれば、あとは周りの求めに応じて役割を演じればいい。そう割り切ることで、以降の人生はずっと明るいものになるはずです。


私は前職でも部門長を務めていたので、規模は大きくなったものの、役割としては社長も部門長の延長線上にあるように感じていました。しかし、実際にはまったく違うものでした。


若い頃はかなり傲慢で、嫌な奴だったと思います。ついたあだ名はダース・ベイダー(笑)。あるとき、本来の自分はどうあれ、周りの人が自分に求める姿を演じればいいのだ、と気づいたのです。そこで社員の意見を聞き、求められている経営者像を「演じる」ことを意識してみました。すると、徐々にではありますが、会社もうまく回るようになってきたのです。


40代の大切な役割は、後継者の育成です。仕事柄、多くの企業の社長にお会いしてきましたが、衰退していく企業にはある法則がありました。それは、「自分よりも優秀な後継者を選べなかったこと」です。結果、代を重ねるごとに経営力が衰えていってしまったのです。実際にはプライドもあり、自分より優秀な人はなかなか認めたくないものです。ですが、自分よりも「すごい奴」を選ばないと、会社はスケールダウンしていく一方です。これは中間管理職でも同じだと思います。自分よりもすごい奴を見つけ、その人物に後を引き継がせるべく、早めに準備をする。上司が部下と張り合うようでは、部門は衰退します。


まずはビジュアルから入るのがお勧めです。たとえば、ネクタイやスーツの色をガラッと変えてみる。すると、自分の内面も全然違ってくるのを感じるはずです。また、「話し方」を変えるのも効果的です。たとえば、「論理的な上司」を演じたいのなら、何かを発言する際に必ず「言いたいことは3つです」と言ってから話し始めるように習慣づける、などです。実際には話は全然まとまっていなくても、案外気づかれないもの。そしてそのうち周囲から「ロジカルな人だ」と思ってもらえるようになり、それに従って本当に論理的な人間に変わっていくのです。


私自身の価値は「役職」にあるのではなく、生涯をかけて何をするかという「職業」にあると考えているからです。多くの人は、「自分は部長だ」「課長だ」などと、役職を自分の役割だと捉えるので、それが失われると自分自身の価値がゼロになったと感じてしまうのでしょう。でも、定年もあり、役職はいずれ失われるものです。一方、今は定年後も働くことが求められる時代です。生涯を通じて極めるべきはやはり、「職業」ではないでしょうか。そして、私の場合はそれがコンサルティングだったということです。


若いうちから確実に結果を出してきた方ほど、40代で壁にぶつかります。成功体験を捨てづらい、ということもありますが、彼らは基本的に、真面目に働いて結果を出してきた人たち。だから壁にぶつかったら、今度は自分を根本から変えなければと、どんどん自分を追い込み、疲弊してしまうのです。そういう方は、こう考えてみてください。会社は舞台で、自分は部門長という役を演じろと言われたのだと。自分を根本的に変えようなどと思わず、会社にいるときだけ「キャラを装えばいい」と。


小口善左衛門の経歴・略歴

小口善左衛門、おぐち・ぜんざえもん。日本のコンサルタント、経営者。「アバージェンス」代表執行役COO(最高執行責任者)。長野県出身。大学卒業後、都市銀行、コンサルティング会社などを経てアバージェンスを設立。

他の記事も読んでみる

ロバート・ルービン

意思決定においては、小手先の細工を用いてはならない。真剣な分析と配慮にまさるものはない。


矢倉英一

世の中が最悪の状況だからこそ、後は良くなるだけと思い、夢だった独立に踏み切った。


深田晶恵

経済環境の変化に伴い、お金の「常識」は変わっていくもの。金融商品を選ぶ際にも、常に最新の状況を踏まえた判断が求められる。


篠原恒木

僕らの仕事は無から有を生むものではない。一見、斬新に見える企画も、記憶にあるものの組み合わせに過ぎないんですよね。


川野幸夫

地域のお客様の好みやライフスタイルに合わせて、おいしいものを値頃で提供する店舗をつくるには、画一的なチェーンストアの運営方式ではなく、それぞれの店に商売の主体性を持たせなくてはならない。この意味で、家庭の主役である主婦として地域で長く生活するパート社員の力を引き出すという戦略を進めるのは必然。


村上太一

人生の転機のひとつは小学生か中学生のときにハマったゲーム「ドラクエ5」でした。ひたすら努力して、時間を投じて主要なキャラクターをレベル99まで上げたんです。これはある意味すごいことなんですが、ふと自分は何ができたのかと思ったら、何も生み出していない。消費から生まれる空しさというか、消費から生まれる満足感の限界を感じました。もちろん、人は何か衝撃的な出来事ひとつで変わるものではありません。高校時代に文化祭の委員長をやって何かを創り出すなど、多くの人に来てもらい、喜んでもらう経験を積み重ねていく中で、自分は「何かを創り出す」立場でいたいという思考が深まっていった気がします。


川野幸夫

「経営理念が大事」とは、どの企業の経営者も口にすることですし、当たり前に思う方もいるかもしれません。しかし理念を会社の隅々まで行き渡らせるのは簡単ではなく、それをどこまで徹底できるかが、長い目で見た場合、ライバルとの差につながります。


柳井正

経営で一番大切なのは顧客の要望に応えることである。顧客の要望に応え、顧客を創造しない限り、商売は出来ない。


矢野龍

大造林計画(鉱山周辺の森林再生事業)は、後の第二代住友総理事で別子支配人を務めた伊庭貞剛が掲げた「国土報恩」の精神に基づいています。今、SRI(社会的責任投資)、ESG(環境・社会・ガバナンス)が叫ばれていますが、当社はこれまでも環境共生、社会貢献、そして財務健全化を自然に行ってきているのです。


宋文洲

せっかく雇ったのだから、残業させて目いっぱい働かせなければ損だと考えるのは、その経営者が社員を会社の私物だと思っているからです。でも、それは違う。会社はあくまで労働力を買ったのであって、社員の、全人生を買ったわけではないのです。だから、「俺は1000人食わせている」なんて経営者がいうのは失礼だし、入社式で「おめでとう」というのもおかしい。たまたまその会社で働く契約が成立したからそこにいるだけであって、社員にしてみれば、自分の労働力をもっと高く評価してくれる会社があれば、そっちにいきたかったわけだから、おめでたくもなんともないのですよ。


山本梁介

25歳で父親から繊維会社の家業を継いだ際に計数管理のトップダウンの経営を試みましたが、社員の反感にあい失敗しました。それに自分も楽しくありませんでした。社員がイキイキとした姿で働いていた方が、私も嬉しいし、それで社業が伸びていくのが経営の醍醐味だと思います。社員の共感を得られなければ会社は上手く行きません。ピンチはチャンスです。一度ではなく何度か失敗を繰り返し、社員への感謝の気持ちを忘れてはいけないと心に刻みました。


金﨑貴弘(金崎貴弘)

最初は通行人に声をかけて、「ダダで飲んでいいから来て」と言いつつ、なかば無理矢理お店に連れ込んでいましたからね(笑)。だって、お店の存在を知ってもらわないことには、ファンにはなってもらえないでしょう。もちろん、本当にダダで飲んでもらいましたよ。お客さんもビックリしていましたけどね。それでもいまじゃ、立派な常連さんになってもらっています。