小口善左衛門の名言

小口善左衛門のプロフィール

小口善左衛門、おぐち・ぜんざえもん。日本のコンサルタント、経営者。「アバージェンス」代表執行役COO(最高執行責任者)。長野県出身。大学卒業後、都市銀行、コンサルティング会社などを経てアバージェンスを設立。

小口善左衛門の名言 一覧

ぜひ一度、「自分が生涯を通じて極めるべきことは何か」を考えてみてください。それさえ見つけることができれば、あとは周りの求めに応じて役割を演じればいい。そう割り切ることで、以降の人生はずっと明るいものになるはずです。

小口善左衛門の名言|「自分が生涯を通じて極めるべきことは何か」を考えてみる

私は前職でも部門長を務めていたので、規模は大きくなったものの、役割としては社長も部門長の延長線上にあるように感じていました。しかし、実際にはまったく違うものでした。

小口善左衛門の名言|社長と部門長の役割はまったく違う

若い頃はかなり傲慢で、嫌な奴だったと思います。ついたあだ名はダース・ベイダー(笑)。あるとき、本来の自分はどうあれ、周りの人が自分に求める姿を演じればいいのだ、と気づいたのです。そこで社員の意見を聞き、求められている経営者像を「演じる」ことを意識してみました。すると、徐々にではありますが、会社もうまく回るようになってきたのです。

小口善左衛門の名言|周りの人が自分に求める姿を演じればいい

40代の大切な役割は、後継者の育成です。仕事柄、多くの企業の社長にお会いしてきましたが、衰退していく企業にはある法則がありました。それは、「自分よりも優秀な後継者を選べなかったこと」です。結果、代を重ねるごとに経営力が衰えていってしまったのです。実際にはプライドもあり、自分より優秀な人はなかなか認めたくないものです。ですが、自分よりも「すごい奴」を選ばないと、会社はスケールダウンしていく一方です。これは中間管理職でも同じだと思います。自分よりもすごい奴を見つけ、その人物に後を引き継がせるべく、早めに準備をする。上司が部下と張り合うようでは、部門は衰退します。

小口善左衛門の名言|自分よりも「すごい奴」を選ばないと、会社はスケールダウンしていく一方

まずはビジュアルから入るのがお勧めです。たとえば、ネクタイやスーツの色をガラッと変えてみる。すると、自分の内面も全然違ってくるのを感じるはずです。また、「話し方」を変えるのも効果的です。たとえば、「論理的な上司」を演じたいのなら、何かを発言する際に必ず「言いたいことは3つです」と言ってから話し始めるように習慣づける、などです。実際には話は全然まとまっていなくても、案外気づかれないもの。そしてそのうち周囲から「ロジカルな人だ」と思ってもらえるようになり、それに従って本当に論理的な人間に変わっていくのです。

小口善左衛門の名言|まずはビジュアル、話し方から変えてみる

私自身の価値は「役職」にあるのではなく、生涯をかけて何をするかという「職業」にあると考えているからです。多くの人は、「自分は部長だ」「課長だ」などと、役職を自分の役割だと捉えるので、それが失われると自分自身の価値がゼロになったと感じてしまうのでしょう。でも、定年もあり、役職はいずれ失われるものです。一方、今は定年後も働くことが求められる時代です。生涯を通じて極めるべきはやはり、「職業」ではないでしょうか。そして、私の場合はそれがコンサルティングだったということです。

小口善左衛門の名言|生涯を通じて極めるべきは「職業」

若いうちから確実に結果を出してきた方ほど、40代で壁にぶつかります。成功体験を捨てづらい、ということもありますが、彼らは基本的に、真面目に働いて結果を出してきた人たち。だから壁にぶつかったら、今度は自分を根本から変えなければと、どんどん自分を追い込み、疲弊してしまうのです。そういう方は、こう考えてみてください。会社は舞台で、自分は部門長という役を演じろと言われたのだと。自分を根本的に変えようなどと思わず、会社にいるときだけ「キャラを装えばいい」と。

小口善左衛門の名言|自分を根本的に変えようなどと思わず、会社にいるときだけ「キャラを装えばいい」

小口善左衛門の経歴・略歴

小口善左衛門、おぐち・ぜんざえもん。日本のコンサルタント、経営者。「アバージェンス」代表執行役COO(最高執行責任者)。長野県出身。大学卒業後、都市銀行、コンサルティング会社などを経てアバージェンスを設立。

ページの先頭へ