名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

小原鐵五郎の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

小原鐵五郎のプロフィール

小原鐵五郎(鉄五郎)、おばらてつごろう。城南信用金庫の創業者。全国信用金庫連合会会長を21年もつとめた経済人

小原鐵五郎の名言 一覧

だいたい、担保を取って金を貸すのとそうでないのとでは、受け取る側のありがたみに雲泥の差がある。「そこまで、この私を買ってくれるのか」この気持ちが事業に大きな作用をもたらすのである。


貸したお金がお客様のところへ行って役に立ち、働いてくれるように、と言って送り出す。お客様のためになるお金は貸すが、いくらいい担保があるからと言っても、ためにならないお金は貸してはならない。【覚書き:上記は銀行家としての理念を語った言葉。銀行の使命は企業を育てることという持論を氏は持っていた。また、行き過ぎた担保至上主義を批判した言葉】


60年以上もこうした仕事をしていると、話をしただけで、この人は立派だとか、まじめだとかわかる。中小企業の社長さんでも、豪華な車を乗り回し、派手な服装をしている人が多いが、こういう人のいる企業は概して将来が暗いね。


工員服に油がしみ込んでいるような工場主、いかにも質素な商店主、こういう人たちを金融機関が大切にしないと日本は滅びます。本当ですよ。


小原鐵五郎の経歴・略歴

小原鐵五郎(鉄五郎)、おばらてつごろう。城南信用金庫の創業者。全国信用金庫連合会会長を21年もつとめた経済人

他の記事も読んでみる

野村修也

かつては問題があったが、すでに1年も前に解決済みの案件。これを今さら公表すべきか、確かに悩むかもしれません。ただ、消費者目線になって考えてみましょう。仮に何かの拍子に事件が明るみに出た場合、消費者は過去のことと納得してくれるでしょうか。「今も問題が続いているに違いない」、あるいは「他にも隠蔽している情報があるのではないか」と勘繰る人も出てくることでしょう。自分たちの常識ではなく、世間の人がどう考えるかを見極める必要があります。


丹羽宇一郎

20代の頃はアリのようにがむしゃらに働きなさい。そして早く仕事を覚えていく。それから30代になったら、トンボのように複眼で大所高所から仕事を見るようにしなさい。いろんな人の視点で、多角的に物事を見る力を身に付けなさい。


藤巻幸夫(藤巻幸大)

フジマキは個性的だと、いろいろな人から言われる。そんな第一印象は、「お客さんを楽しませたい」という気持ちで若い頃から一生懸命デザインしてきたものだ。伊勢丹に入社したとき、相当ダサかったよ。でも担当した3坪のバーゲン売り場で「伊勢丹の寅さん」と呼ばれる名物社員になれた。それは自分でデザインした結果と言っていい。


酒巻久

埼玉県の秩父にある本社から社員が東京に打ち合わせなどに出るときは、「仕事が終わってもすぐに帰るな」と言っています。せっかく東京に出たのだから、私のように絵画や映画を観てもいいし、デパートや量販店で売れ筋商品やお客の様子を観察してもいい。なんなら実際に商品を買った人に「なぜこれを選んだのですか?」と聞いてみてもいいじゃないですか。会社でネットサーフィンをしているより、よっぽどリアルな消費者の声を聞けるし、アイデアが浮かぶきっかけにもなります。


古池進

私は半導体技術者ですが、半導体技術の進化が世界を変える、という考え方は間違っていると思います。エレクトロニクスの世界は基本的にはアプリケーション(用途)がマーケットを引っ張っていかなければなりません。テレビからパソコン、そしてスマートフォンへと、それぞれのアプリケーションを快適に動かすために半導体を生かす。半導体はそれ自体必要条件ではあっても、十分条件ではないのです。


江崎利一

いつものように工場の仕込みを済ませ、明日の宣伝販売の段取りを終えると私は戸外に出た。家の前のたかきや橋に立って沈思黙考するのがそのころの私の習慣だった。その夜は、人の苦悩も知らぬ綺麗な月が輝いていた。橋の上から川面に映る月影を見ていると、さすがの私もふと「いっそ、このまま川の中に飛び込んでしまったら……」という気持ちに誘われ、ハッと我に返った。「そうだ!死んだ気になってもう一度頑張ってみよう。まだまだ努力が足りないのではないか」。
【覚書き|グリコ発売後数年間鳴かず飛ばずだった時代を振り返っての発言】


小笠原清忠

礼法とは「身を修める」ことです。身を修めるとは、「心正しく、体(たい)直(なお)くする」こと。心正しくとは、文字通り常に心を正しく保つこと。体直くするとは、常に体を真っ直ぐにしなさいということです。小笠原流礼法では立つ、歩く、座るという日常の姿勢や動作が最も重要な作法の基本とされていますが、そのときに大切なのがこの「体直く」、すなわち体を真っ直ぐにすることなのです。


山田ズーニー

できるだけ言葉を削ることは、自分の根本にある考えに近づく方法でもある。短い言葉だと意味がはっきりしますから。


石黒征三

何百万台もの製品を作っても、ユーザーの手に届く1台の製品が、そのユーザーにとってはすべてです。モノ作りの基本は品質だと、気づかされました。


秋里英寿

仮説を持っていないと、論点の範囲が限りなく広がってしまいます。売上が伸びないといっても、その原因は多岐にわたり、商品力のアップ、プライシングの見直し、サービス面での競合との差別化など、いくつもの論点が出てきます。それらをひとつひとつ細分化して考えていったら時間がいくらあっても足りません。


渡邉幸義

日本ではまだまだ発達障がいのある方の雇用は進んではいませんが、米グーグルでは、プログラムの開発や解析等の能力にすぐれていれば、自閉傾向(コミュニケーションが極端に苦手)があっても採用をし、圧倒的なパフォーマンスを発揮しているということも間きました。人と違うから受け入れないという姿勢でなく、その能力を開花させようとする米グーグルの経営の考え方からも、多くの学びがあります。


宮内義彦

私は企業が国の富を生み出し、社会をより良くする存在だと信じています。