小原鐵五郎の名言

小原鐵五郎のプロフィール

小原鐵五郎(鉄五郎)、おばらてつごろう。城南信用金庫の創業者。全国信用金庫連合会会長を21年もつとめた経済人

小原鐵五郎の名言 一覧

だいたい、担保を取って金を貸すのとそうでないのとでは、受け取る側のありがたみに雲泥の差がある。「そこまで、この私を買ってくれるのか」この気持ちが事業に大きな作用をもたらすのである。


貸したお金がお客様のところへ行って役に立ち、働いてくれるように、と言って送り出す。お客様のためになるお金は貸すが、いくらいい担保があるからと言っても、ためにならないお金は貸してはならない。【覚書き:上記は銀行家としての理念を語った言葉。銀行の使命は企業を育てることという持論を氏は持っていた。また、行き過ぎた担保至上主義を批判した言葉】


60年以上もこうした仕事をしていると、話をしただけで、この人は立派だとか、まじめだとかわかる。中小企業の社長さんでも、豪華な車を乗り回し、派手な服装をしている人が多いが、こういう人のいる企業は概して将来が暗いね。


工員服に油がしみ込んでいるような工場主、いかにも質素な商店主、こういう人たちを金融機関が大切にしないと日本は滅びます。本当ですよ。


小原鐵五郎の経歴・略歴

小原鐵五郎(鉄五郎)、おばらてつごろう。城南信用金庫の創業者。全国信用金庫連合会会長を21年もつとめた経済人

他の記事も読んでみる

高橋茂雄

叱られたらアフターフォローしておくといい。たとえば「昨日はメチャメチャ怖かったです。もう電車に飛び込もうかと思いましたわ」と言えば「そこまでせんでええがな」となり、互いに後味が良くなります。


中山均

金融機関はあくまでも自立すべきで、絶対に政党色を持ってはいかん。というのがいまに変わらぬ私の信念である。だから私は政治家にはなれないし、またなりたいとも思わない。厳正中立であるべき金融機関が、政党政派に関係することは断じて避けねばならん。


樋口廣太郎

企業のトップに必要な条件とはなんでしょう。決断力は言うまでもありませんが、私は明るく元気で謙虚であることがとても大事だと思っています。知性も大切ですが、それが過ぎると、ついひけらかして周りを暗くさせてしまうし、問題の細かいところまで見えすぎて迷いが多くなったりします。自分のことを頭がいいと思っている人は自戒すべきですね。


岡倉天心

自分で偉大だとうぬぼれているものが実はちっぽけなものにすぎないことがわからない者は、ちっぽけと軽んじている他人のものが実は偉大なものであることを見過ごしがちである。


平井嘉朗

当社が行ってきた計50年、2000件以上のファイリング指導を踏まえると、いま保管している書類の半分は捨てても問題ない。だから、思い切って、まずは書類の半分を捨てましょう。手元に置いておきたい資料は3割です。後は書庫などに保存して残しておきたい資料が2割ほど。書類の整理は、「廃棄5、保管3、保存2」が目安になります。


野村和史(経営者)

中小企業でも大企業に負けない情熱と結束力で勝負すればいい。


伊藤秀二

当社の今までを振り返ると10年に1度のビッグヒットと、その間にも小さなヒットを繰り返しています。ヒット商品を生み出すためには、お客様が求めている商品がうまく出来上がって、それがブランドとして認めてもらえるようなレベルに達するという過程を丁寧にやっていくしかないと思っています。逆に、ヒット商品を作るのは10年かかると言ったほうが正しいのかも知れません。


米山久

相手に響く言葉は何かを考えて、相手の視線に合わせて話をする。それが自分の言葉に説得力を持たせ、力強く相手に届くことになるのだと思います。


澤上篤人

先行して自助努力を重ねた企業は、どんどん成果を上げだす。一方、大多数の企業はただただ口を揃えてビジネス環境が厳しい、政府は何とかしてくれと言う。マスコミはそれを見て景気は腰折れだとか言って騒ぐ。そのうち、先行した企業に煽られてようやく前向きに動き出す企業が増え始める。モタモタしていると、どんどん差をつけられ、下手すると脱落を余儀なくされる。その恐怖感から、しぶしぶ自分も頑張ろうとなる。この段階に入って、ようやく景気上昇のピッチが速まり始める。これまでは他人任せで何もしてこなかった企業が、置いてきぼりを食らってはマズイということで、1社また1社と動き出す。その動きが広がることで、景気全体を大きく押し上げることになる。その辺りからだ、マスコミはじめ国民の多くが景気の回復基調を実感しだすのは。景気回復の初期段階はいつもこんな感じ。そこから先は早い。気が付いたら全員参加型の景気回復となってしまっている。


レイ・クロック

新店舗は、景気の悪いときこそ建てる。なぜ景気が上向きになるのを待たねばならない?そんなことをしたらいまよりずっと金が掛かる。土地を買うに値するならすぐに建物を建て、ライバルより先に店を開く。


大越健介

今日はオン、明日はオフという明確な区別はしていません。基本的には毎日がオンです。必要があれば、土日も取材に出かけています。それでも続けられてこられたのは、オンの中に小さなオフを混ぜてきたからでしょう。普段から緩急をつけているので、オフの日をつくらなくても大丈夫なのだと思っています。


吉沢康弘(吉澤康弘)

高年収層は、誰も知らない情報を発信することが自分の価値を高めると知っている。それには自分で考えたコンテンツをSNSで発表するのが手っ取り早い。


殿村美樹

企画書に入れる手描きイラストは下手でもかまいません。下手なイラストには、ツッコミどころがたくさんあります。「キミの絵、下手やなあ」とお客様から笑いがとれればしめたもの。そこから話題が広がりますし、相手も心を開いてくれるのです。イラスト入り企画書を提出したお客様の側が、その後、イラストで返事をしてくれるようになって、互いに心の壁が取り払われた経験が何度もあります。


大嶋信頼

嫉妬されやすい人は、自分を実際より「劣っている」と考えがちです。真面目で謙虚で、もっと自分を高めなくては、と常に努力するタイプです。逆に、嫉妬するタイプの人は、自分を実際より「優れている」とみなす傾向があります。自分は評価されて当然だと思っているので、賞賛や評価や関心などを「奪われたくない」思いが強くなります。そんな嫉妬体質の人物にとって、謙虚な性格の持ち主は「自分よりも周囲から優しくされやすい人」、つまり脅威になります。自分のほうが優れているはずなのにと思うと我慢ならず、何かしら口実を見つけて攻撃します。当然、攻撃された側は戸惑います。自分を低く見ているので、まさか自分が相手の脅威になっているとは思いません。相手の気持ちをいろいろと推し量り、「自分に悪いところがあるなら直さなくては」と努力します。結果、その謙虚さがますます相手の嫉妬心を煽る、という悪循環に陥ります。


和田秀樹

上司から見れば、完璧でつけ入るスキのない部下はかわいくない。ちょっと抜けたところがあるくらいでちょうどいい。


ページの先頭へ