名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

小原泰(ロビイスト)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

小原泰(ロビイスト)のプロフィール

小原泰、こはら・やすし。日本のロビイスト。東京出身。中央大学法学部卒業、アメリカン大学法律大学院修了。ドーシー&ホイットニー法律事務所(ワシントン)、KPMGワシントン・東京事務所などを経て新日本パブリック・アフェアーズを設立。

小原泰(ロビイスト)の名言 一覧

日本の政治は永年、世間からは見えない密室に利害関係者やその代理人が集まり、責任の所在も不明確なまま物事を決めてきました。でも、もうそれじゃ駄目。問題の所在を明らかにし、公開された場で議論することが大事なんです。


根回しという言葉は水面下の交渉とか裏工作というネガティブなイメージが強いのですが、元来は園芸用語です。樹木を移植する際に、数カ月から数年に亘って広がった根を根元を中心に残して切り、新しい根の成長を促すことで活着しやすいようにする。それが「物事を行う際に、事前に関係者から了解を得ておく」という意味に転じたのは割合最近のことだそうです。


政治家と議論する際に心がけるのは、「時間(=歴史)」「社会」「地球環境」の3つです。3つのうちのどれかひとつを通じてその課題を大局的に俯瞰し、「大義」を立ててそれを唱道(アドボカシー)します。たとえば、外資系製薬会社の国内ワクチン市場参入を促す際は、時間=歴史を100年単位で遡ります。当時は野口英世や北里柴三郎らが世界の感染症の研究をリードしていた。その日本が今やワクチン後進国とまで言われるようではいけない……という具合です。外資系の参入で風通しをよくし、弱体化した国内メーカーは彼らとの提携を通して技術を吸収し直し、再度一人立ちしなければならない。そのためにも、彼らの参入に協力してくれ、というわけです。


ある課題を俯瞰的・大局的に捉え直し、大義を打ち立て、唱道することで周囲を巻き込み、問題解決に邁進する。そうした営為を積み重ねていくうちに、いい循環が生まれ、信頼関係もごく自然に築かれていくのではないでしょうか。


結局、我々の起こしたアクションによって世の中がよい方向に変わらなくては、やっているほうも面白くない。


信用できないクライアントからの依頼もあります。「三方よし」が念頭になく、自己の利益しか考えない相手だとわかれば、当然ですがお断りします。話を丸ごと信じてもいいのか、という慎重な眼差しが常に必要です。ですから、窓口となる担当者と、長い時間をかけて何回も議論を繰り返し、意思疎通を図ります。


既得権益と相まって、今の日本は政・官・業がお互いに萎縮しあう三すくみの状態。いわば役所がグー、業界がチョキで政治家がパーです。案件によって差もありますが、にっちもさっちもいかぬこの状況下では、生活者視点という「新しいチョキ」が、これまでとは違った切れ味を見せることがあります。たとえば、医療に関する案件を扱った際、患者団体を動かすことで事態が動き出したこともありました。こうした知恵を出すのも我々の仕事のひとつです。


小原泰(ロビイスト)の経歴・略歴

小原泰、こはら・やすし。日本のロビイスト。東京出身。中央大学法学部卒業、アメリカン大学法律大学院修了。ドーシー&ホイットニー法律事務所(ワシントン)、KPMGワシントン・東京事務所などを経て新日本パブリック・アフェアーズを設立。

他の記事も読んでみる

細谷英二

企業のよきブランドは、自分たちの経営の独自性が世の中に評価され、それが社員の自信にもつながって初めて形づくられます。


内田幸雄

統合会社は「アジア有数の総合エネルギー・資源・素材グループ」を目指していますが、これを実現するためには「変革」が最も重要なキーワードと考えています。特に、全ての土台となる「経営基盤の強化」は重要であり、具体的には「新たなERPシステムの導入」「内部統制の強化」「人材育成」などの変革を推し進め、国際的な競争にも耐えうる体制を整えたい。その上で、海外事業へのチャレンジや機能材・電子材料などの事業拡大に取り組み、成長戦略を軌道に乗せて行きたいと考えています。


川上哲治

周囲からどう評価されるか、という不安や心配から自らを解き放って、自分の想念を「無の境地」に置けば、問題の所在が良く見えるようになります。あとは、その問題を淡々と解決していく。こうすると自分も楽になるし、不思議なもので、だんだんと勘も冴えてくるように思います。


和田秀樹

そのままの自分でいいといっても、本当に幸せなのかどうかは必ず考えなければいけない。周囲から侮られたり、頼りにされないのでは、オンリーワンといってもひとりよがりに過ぎません。また自分のやりたいことがやれずに我慢をしてるのに、いまのままで十分と強がるのは、人生の可能性を自ら閉じているだけです。


鎌田實

たんにサービスを手がけるだけでなく、もう少しでもお客さんにしてあげられることはないかと考える。この「もう少しでも」の姿勢が、サプライズにつながるんだと思います。


田中芳樹(小説家)

『銀英伝』は、なんというか、私に小説の書き方を教えてくれた本ですね。結構実験的なこともやっていまして、そういうことをしても大丈夫だと感じられました。逆説的にいうと『銀英伝』で書けなかったことがやはりあって、それをほかの小説で試してみようとも思えました。それから、意外なところで読者の方々の支持をいただいてびっくりしたり。何気なくオーベルシュタインが老犬を飼っている設定を出したんですけど、これが受けまして(笑)。逆に、受けを狙って書くと駄目なんですね(笑)。だから結局自然に書いて読んでいただくのが一番かなと思いました。そういうふうに、本当にいろいろな意味で先生なんです。


松坂大輔

三球三振で27人のバッターをうちとるのが究極の理想のピッチングです。


養老孟司

現代人は参勤交代をしたほうがいい。過疎地が増えているけれど、社会インフラが整った日本では田舎でも実は生きていける。過疎地対策も含め、日本人がみんな都市と田舎を参勤交代する生活様式を確立すれば、個人も社会も豊かになります。


吉田秀彦

道場とはひと言でいえば、「人間形成の場」です。道場に入れば、自分一人で練習するわけじゃない。みんなと一緒に稽古を積むわけですから、他人と比べて、自分の強い部分、弱い部分も見えてきます。とくに子供は、周囲の人にどうやって接すればよいか、何をしたらよいかに気づかされます。ですから、「肉体的に強くなる」というのは、後からついてくることで、まずは道場で、地道に練習に励む。そうした地道な練習から、辛抱する力、自分への自信みたいなものを養ってもらえれば、と思っています。


マンジョット・ベディ

テレビのCM制作にしても、なぜこれだけのお金が必要なのか、どれだけの効果が得られるのかを説明するには、ある程度の時間を要します。大きな予算をとるプレゼンの場合は、別な機会を設けてもらって価格交渉に入る方がいいでしょう。


山口周

軍事では「戦力の逐次分散投入は愚策」と言われますが、情報収集も同じでしょう。アンテナを広げすぎると注意力が分散されて、何も見ていないのと同じ状態になってしまいます。ですから、情報収集のときには一定の方向に注意力のフォーカスを当てて、他は遮断することを意識したほうがいいと思います。


野村忠宏

気持ちの持ちようは大きい。ただ、気持ちだけでは、結果は変えられないとも思います。若い頃から地道に築いてきた経験という「土台」、そして「何が何でも五輪で金を獲得する」といったブレない「軸」が必要です。