名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

小久保光八の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

小久保光八のプロフィール

小久保光八、こくぼ・こうはち。日本の経営者。「東亜印刷」社長。埼玉県出身。専門学校卒業後、畜産業を経て東亜印刷に入社。同社社長を務めた。

小久保光八の名言 一覧

ただ口を開けて待っているのではなく、こちらからアクションを起こさないと絶対にいけない。


歴史が信頼を生むのではなく、丁寧な仕事をひとつひとつ積み上げてきた結果が信頼へと繋がり、それが当社の歴史となった。


印刷業界が低迷と言われる時代だからこそ、頑張り時だと思っています。


時代についていくためには、やはり若い人の力やアイデアが不可欠。若い人材を確保し、この業界の厳しさや楽しさを伝えつつ、優秀な技術者を育てること。それは当社にとって大きな課題。


70年間培ってきた当社の技術や知識を活かすためにも、新しい仕事を自分たちで作り上げていく努力が必要です。印刷産業が停滞していることは事実ですし、お客さんも昔のようにどんどん仕事を発注してくれるような時代ではありませんから。


多くの印刷業者が廃業に追い込まれるなか、当社が、70年という歴史を歩んで来られたのも、コストの削減に注力しながら熟練した職人とともに良い内容の印刷物を製作し、品質の維持・向上に努めてきたこと。そして、きめ細かで丁寧なお客様対応を心がけてきたからこそだと自負しています。そうした部分を評価していただいたことで、行政の大きな仕事にも携ってこられました。


小久保光八の経歴・略歴

小久保光八、こくぼ・こうはち。日本の経営者。「東亜印刷」社長。埼玉県出身。専門学校卒業後、畜産業を経て東亜印刷に入社。同社社長を務めた。

他の記事も読んでみる

大村浩次

企業は経営理念や経営者の姿勢が業績を左右しますから、まず経営者が率先して行動することを心掛けていました。平たく言うと、「まじめに一生懸命働く」ことを背中で見せることが大事です。


遠藤功

ロジックはひとつではありません。一人一人に、その人なりのロジックがあります。ロジック偏重の人は、こういう視点が抜け落ちているのです。


赤井益久

いまは検索で簡単に正解を得られますが、本当の学びには試行錯誤が必要。


工藤公康

プロの世界に入ってくるときは、誰もが自分の未来を信じています。それが、いつの間にか日常の環境に浸り切り、定説や常識にとらわれて、そこから抜け出せなくなってしまう。僕の場合、29歳で新たな見地を知り、新たな自分を発見することができた。それによって、30代前半で終わっていたかもしれない現役生活を47歳まで延ばすことができた。僕が本当に野球を好きになれたのは、40歳を過ぎてからです。


松田充弘(マツダミヒロ)

具体的な質問ができた時点で、もはや問題の半分は解決している。


安藤忠雄

いまの世の中には、社会が面白くないといって現実から目を背けている若者が多いようです。しかし、たとえどんなことがあっても、一度、極限まで突き詰めてみるべきだと思います。そうして自分をギリギリにまで追い込むことで、冷静な判断力と、常に平常心を保つ精神力を養うことができます。


熊本浩志

東芝という会社にとっては失敗だったというのはもちろん理解しています。でもアテハカが世に出たことで、明らかに何かが変わった。僕らは言ってみれば荒波に浮かぶ船なんです。みんなが止めたのも聞かずに漕ぎ出してしまった。でも、止めた人たちも決して僕らのやろうとしたことに否定的ではなかった。だから失敗したまま船を戻すわけにはいかないんです。
【覚書き|東芝時代、デザイン家電のアテハカシリーズを企画し、脱量販店を目指したが見込んだほど売れなかった。熊本氏は諦めず東芝を飛び出しデザイン家電ベンチャーを立ち上げた】


齋藤孝(教育学者)

組織として目標に届かないことは当然ある。こういう時こそ上司の出番だろう。重要なのは「修正」だ。個人の努力や工夫が結果に結びつかないとすれば、新たな手を打つ必要がある。それはちょうど、サッカーやバスケットボールのプロチームが試合で劣勢に立たされた時、監督(ヘッドコーチ)が戦術の変更を指示する感覚に近い。そのバリエーションの豊かさが、名将の証しだ。


筒井康隆

僕はもともとSFからはじめているでしょう。SFというのは、ミステリーと同じで基本的に人が書いたアイデアは使えないんですよ。今はもう新しいアイデアなんてそうそうないですから、平気でみんな二番煎じ、三番煎じを使ってますけどね。


堤幸彦

働くってことの一面には、「好き」とか「夢」とか「仕事を楽しもう」と気軽には言えない漆黒の壁がある。アドバイスできるとすれば、たったひとつ。完全な精神論ですが、「これは楽しいんだ!」と自己暗示するしかない。労働力を切り売る毎日の中で、一点でも突破できる、楽しめる要素を見出して、それを目的にしていけばいい。


安本隆晴

見せかけの数字に騙されないようにするためには、常に損得勘定の意識をもっておくべきです。たとえば、「この店はお客が少ないけど、どこで儲けているのか」「電車の路線が延びたら、誰が儲かるのか」などと、日ごろの生活で損得の観点から疑問をもつわけです。そうした意識をもっていれば、「この広告の数字は過剰表現では?」などと気づけるようになるはずです。


熊切直美

何か特別な方法や秘策があるわけではありません。当たり前のことを、まさに現場で実践できるかどうかが差になって現れるのです。