名言DB

9412 人 / 110637 名言

寺脇康文の名言

twitter Facebook はてブ

寺脇康文のプロフィール

寺脇康文、てらわき・やすふみ。日本の俳優、タレント。大阪府出身。名古屋の養成所卒業後、上京し劇団「スーパー・エキセントリック・シアター」に入団。その後、企画ユニット「地球ゴージャス」を結成。舞台、テレビドラマ、映画、情報バラエティ番組司会などで活躍。日本アカデミー賞優秀助演男優賞受賞、橋田賞俳優部門を受賞。

寺脇康文の名言 一覧

今日の失敗を明日まで持ち越しても何もいいことないよ。落ち込んだときは寝ちゃう。これが最高のストレス解消法。


人生って、予測できないもの。どうせ、なにもないって諦めずに、なにか起こるって考えれば、元気が出ると思うんです。


悩んだときは自分自身に聞きますね。自分のできる範囲で、できることを一生懸命やっているか。やっているなら良し、です。もし努力が足りないと思ったら、自分にもうちょっと頑張れって言うだけですよ。


僕は自分を他人と比べないことにしてます。比べれば、負けてる部分が必ず目につく。それよりも、自分に向き合うほうがいい。


昔の自分をなぞるだけではダメですよ。あのときのあの感じでやろう、それでは進歩がないじゃないですか。そこで、ちょっと違うことをやることにしました。


毎日マラソンと水泳を欠かしません。飲むことや食べることを我慢するのってストレスがたまるだけだから。僕の場合、動いて体型を維持しています。


もともと僕は舞台の役者ですから、たぶん映像だけやっているとスカスカになるのかもしれません。映像の演技は自分の引き出しからすばやく出していく作業。限られた時間の中で、次々に引き出しから、あれをやろう、これがいいかなと持っているものを出すしかない。逆に、舞台は引き出しに詰め込んでいく作業です。毎日、稽古場でひとつの台詞をホントに何十回とくり返す。本番に入ってからもね。その積み重ねで、この台詞はこの言い方のほうがいいやとか、こういう意味も含まれてたのかなと気づいたり……。引き出しを増やしていける。この作業が自分の成長にもつながるんですね。


いつまでも悩んだり、落ち込んでるのは僕はもったいないと思います。人はいつか死ぬ。その人生の中で、起きたことをいつまでも考えてるより、次にもっと良くなるように気持ちを切り替えてやればいいんだから。過去は同窓会などで思い出を懐かしむためにあると思うんですよ。こうすればよかったと。いつまでも引きずってもしょうがない。その失敗があるからこれからがある。将来にものすごい良いことがあると思えば幸せじゃないですか。


寺脇康文の経歴・略歴

寺脇康文、てらわき・やすふみ。日本の俳優、タレント。大阪府出身。名古屋の養成所卒業後、上京し劇団「スーパー・エキセントリック・シアター」に入団。その後、企画ユニット「地球ゴージャス」を結成。舞台、テレビドラマ、映画、情報バラエティ番組司会などで活躍。日本アカデミー賞優秀助演男優賞受賞、橋田賞俳優部門を受賞。

他の記事も読んでみる

小田豊(経営者)

残業ゼロを達成できたことよりも、みんなが早く仕事を終わらせるための方法を一生懸命に考えてくれたことがうれしかった。例えば工場で3つの荷物を1人で一気に運ぶといった工夫です。結果的に利益に貢献したので、「残業ゼロ手当」という名目で賞与を出しました。それ以来、残業をなくしています。


奥田務

スムーズな統合を支えたカギであり、私にとって最も大きな経営ツールが朝の連絡会でした。大丸と松坂屋という歴史や文化の違いを乗り越えられたのも、両社の幹部が毎日顔を合わせて話し合ったからだと思います。


新田信行

「世のため人のため」、「相手の立場に立って物事を考えなさい」という母の言葉が心に残っています。共同組織で相互扶助という信用組合の仕事は、私の「天職」ではないかと感じています。これまでの私の経験は、今の仕事のためにあったのではないかと思うほどです。


楠木建

戦略ストーリーはサイエンスというよりもアートの世界に属します。だから、スキルを磨くのではなく、センスを高めることの方がよほど大切になります。優れた戦略ストーリーの根幹は何か。それは、自分自身が誰よりもそのストーリーを面白がるということです。


川崎秀一

できる営業というのは、いかにお客様から宿題をいただいてくるかです。お客様から疑問や要望をたくさん聞き出して、それにきちんと応えられてはじめて信頼を勝ち取れるわけです。


籾井勝人

当社では、クラウド・サービスのことを、「所有から利用へ」と言っています。つまり、サーバーやソフトウェアを所有していた従来のビジネスから、利用した分だけ料金を払うというビジネスへの転換です。つまり、ハードもデータセンターも当社が用意しますから、お客様がいま持っているソフトを乗せて、オフィスの端末で操作してください、ということです。


中島義雄

人生最大の挫折を味わった。何を信用していいか分からず、茫然自失に陥った。マスコミの報道は、身に覚えのない下半身にまつわる話など、でっち上げが少なくなかった。人格的にも随分と傷つけられ、心はボロボロになった。親しい弁護士にお願いしてマスコミ各社に抗議文を送り付けたが、時間と労力の無駄で、全く効果はなかった。一度、世論が形成されると、もはや抵抗はできない。


花木義麿

ビジネスマンの人生の70%以上は会社生活ですから、やりたくないことを長くは続けられません。私は技術屋として、自分の好きなことを追求してきました。


永守重信

経営者として考えるべきことは、どんな問題が起きても対応できるように、リスクを減らす仕組みをつくること。たとえば徹底した地域分散。


藤田大輔希

大学時代からを含めると30年近いメディア業界歴になります。縦横の豊富な人脈に加え、本の出版からメディアブランディングまでワンストップでサポートできるサービス体制が当社の強みです。人脈に関しては20年以上前から続けている当社主催のマッチング交流会の参加人数が延べ2万人を超えました。メディア関係者以外でも「この人を紹介してほしい」と言われたら、たいていのご要望には応えられる自信があります。


林野宏

人間の能力には大差がないはずです。あるのは、仕事でも遊びでも目標に対する情熱をどれだけ熱心に維持できるかの差だけです。


渡部肇史

純粋な技術だけでなく、仕事に対する姿勢や心構えも伝えていく必要がある。先輩は後輩に自分の姿勢を示し、後輩はそれをしっかりと見てほしい。私も入社して数年のころ、ベテランの技術者に指導を仰ぎ、その視野の広さ、状況判断の的確さに圧倒された覚えがある。


石原まき子(北原三枝)

結婚したら全部がルンルンなんてあり得ないんだから、当然、いろいろな問題や苦労はあります。でもそれは2人の共同作業だから。わたくしはすぐ納得してしまうのね。


塚本能交

東京から離れているからこそ、一時的な流行に惑わされ過ぎず、ものづくりができるのかもしれません。
【覚書き|創業以来、本社を京都から移さない理由について語った言葉】


吉田忠裕

吉田忠雄(創業者)は、中小企業の経営者のように会社のあらゆる仕事に目を配り、しかも確実に把握している人でした。そして、何でも自分で効率的にやる人でしたね。例えば、海外に出張に行っても、ホテルで自分の着た物を洗って、ズボンにはアイロンまでかけていました。また、私が、子供の頃に風呂からあがって、手ぬぐいを絞っていると、「その絞り方だと明日の朝までに乾かないぞ。こうやってしっかり絞りなさい」と言われたり、彼は庭いじりが好きだったのですが、鉢植えを行うにしても、作業工程を短くするにはどうすればいいかといったことを小学生の私に熱心に教えていたりしていました。それは家族だけでなく、社員でも誰に対してもそんな感じでしたので、今でもYKKでは役職者が部下を管理しているだけでは許されず、何でも自分で動くことが求められるんです。