名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

寺田航平の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

寺田航平のプロフィール

寺田航平、てらだ・こうへい。日本の経営者。「ビットアイル・エクイニクス」社長。東京出身。慶應義塾大学法学部卒業後、三菱商事を経て寺田倉庫に入社。その後、ビットアイルを設立。そのほか、日本データセンター協会理事などを務めた。

寺田航平の名言 一覧

毎年生まれてくるキャッシュフローを、次に何に使っていくかが大事。


創業時から私が主眼に置いていることは、データセンター事業の高い固定費をいかに変動費化するかです。


起業から現在まで面白かったですね。今後は、会社として新たなステージにどう乗り込んでいくかです。新たな挑戦に向かう端境期ですから、自分自身もわくわくしているところです。


データセンターの事業は、非常に参入障壁が高いが故に大企業に席巻されていて効率が悪い。ですから逆に「これはいける」と雷に打たれたように感じました。


寺田航平の経歴・略歴

寺田航平、てらだ・こうへい。日本の経営者。「ビットアイル・エクイニクス」社長。東京出身。慶應義塾大学法学部卒業後、三菱商事を経て寺田倉庫に入社。その後、ビットアイルを設立。そのほか、日本データセンター協会理事などを務めた。

他の記事も読んでみる

村瀬治男

自分の役割を意識するというのは、部下に仕事を任せるときに、とくに大切なことです。その仕事が会社の中でどういう意味を持つのか、そこでどういうパフォーマンスが求められるのか、といった背景をきちんと説明できないと、部下はやりがいを見いだせないばかりか、腑に落ちないまま中途半端な仕事をやりかねないのです。


午堂登紀雄

一等地に豪邸を持っても、それは見栄で、新たな価値は生まれません。資産や自分の付加価値、人脈を増やすことにしかお金を遣いません。


神戸守一

美味しいと喜んでもらえるものを作れば、人は来てくれるもの。材料にこだわり、ひとマネをせず、儲けに走らず。これが私の商売。


牧野正幸

大切なのは、採用時から働き方や評価の仕組みを明確にすること。プロ意識が高くない社員が5割いる状況で、「今日からみんなプロです」と言っても社員は困ってしまう。我々は採用時からしつこく言っています。だから、うちに入ってくる人で、20代からのんびり働きたいという人は1人もいない。


松木安太郎

結果を出し、自分の印象を残せる選手が本番前に何をしているか。これはどんな仕事にも共通することですが、結果を導き出すのは才能でも魔法でもなく、練習であり、準備です。僕の場合、身長が165センチと小さかった。当然、練習や試合で大きな選手にやられることもありました。体力差を痛感した後は、家に帰ってから、コンチクショーと心の中で叫びつつ、腕立て伏せを300回。お手製の砂袋を背負って、腹筋を300回。暇があればひたすら鍛えてましたね。能力的に低いからいつも一生懸命やっていないと戦えない。そういう気持ちでした。


馬田榮

社は1923(大正12)年、合資会社東光商会として創立されました。以来、第二次世界大戦や、日本の電力事業の変化の波に直面しながら、当社が事業を続けることができたのは、ひとえにお客様やパートナーのおかげだと感じています。「電力王」、「電力の鬼」と呼ばれた松永安左エ門氏にも、随分とかわいがってもらったと聞きます。


アルフレッド・アドラー

劣等感を言い訳にして人生から逃げ出す弱虫は多い。しかし、劣等感をバネに偉業を成し遂げた者も数知れない。


朝田照男

前向き志向や持ち前の明るさは、プレゼンテーションでも役に立ちます。同じことを話しても、話し方ひとつで相手への届き方が大きく異なります。カギとなるフレーズだけ用意しておき、あとはその場で肉付けしながら生き生きと話すのです。


菅原貴弘

厳しかったのは、初期の時点での資金繰りですね。それと、元々下請けビジネスをやっていたのですが、それを長くやっていても仕方がないということで、思い切って止めた時が一番大変でした。


馬越嘉彦

アニメじゃなきゃいけないという気持ちは、そんなに強くないんで。いまは、面白いからアニメをやっていますけど、なんでもやってみたいと思っています。ただ、漫画はできないかな。お話作ったりとか、構成したりとかができないんで。誰かがお話を考えてくれれば……あ、でもコマ割りもできないですね俺。


小宮隆太郎

日本の伝統的な経済政策や、当時主流だったマルクス経済学流の理論を提唱する方々とはたびたび論争しました。そのせいか「通念の破壊者」「議論好き」などと呼ばれました。でもそれを恐れて発言しないようでは前に進めません。


佐藤優

厳しく指導されたときは、それが単なるイジメや搾取ではなく、その背景に教育的な配慮があるかどうかが大事。先輩に仕事ができる人がいて、しっかりそういう人が出世して、それなりの立場で頑張っている。で、生き生きと仕事をしている人がいるなら、教育的なものだと言えると思います。