名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

寺田航平の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

寺田航平のプロフィール

寺田航平、てらだ・こうへい。日本の経営者。「ビットアイル・エクイニクス」社長。東京出身。慶應義塾大学法学部卒業後、三菱商事を経て寺田倉庫に入社。その後、ビットアイルを設立。そのほか、日本データセンター協会理事などを務めた。

寺田航平の名言 一覧

毎年生まれてくるキャッシュフローを、次に何に使っていくかが大事。


創業時から私が主眼に置いていることは、データセンター事業の高い固定費をいかに変動費化するかです。


起業から現在まで面白かったですね。今後は、会社として新たなステージにどう乗り込んでいくかです。新たな挑戦に向かう端境期ですから、自分自身もわくわくしているところです。


データセンターの事業は、非常に参入障壁が高いが故に大企業に席巻されていて効率が悪い。ですから逆に「これはいける」と雷に打たれたように感じました。


寺田航平の経歴・略歴

寺田航平、てらだ・こうへい。日本の経営者。「ビットアイル・エクイニクス」社長。東京出身。慶應義塾大学法学部卒業後、三菱商事を経て寺田倉庫に入社。その後、ビットアイルを設立。そのほか、日本データセンター協会理事などを務めた。

他の記事も読んでみる

松田昌士

赤字が続く国鉄時代、組織の板挟みに苦しみました。巨額の借金、多発するストライキ、国民からは「罪人」のように見られる。もう辞表を叩きつける覚悟で改革に取り組むしかなかった。


塩崎均

学長就任後、副学長や学部長などを集めて昼食会を毎月開き、各学部の問題意識などを共有し活発に意見交換するようにしています。


酒巻久

ムダを省き、正しい取り組みを正しく評価して社員の才能を引き出す。そうすると間違いなく利益は出るようになります。


スガシカオ

オレはハードルを上げられたら「くそ~」と思ってどうにかそのハードルを越えてやろうっていうタイプ。


山極寿一(山極壽一)

人間だけが持つ能力ですが、人間はいろんな動物に学ぶことができます。例えば、あの人はオオカミのように残忍だ、キツネのように狡い、なんて言葉があるでしょう。言葉がそうした能力を助長したのです。言葉は違うものを一緒に、比喩することを可能にしました。ゴリラはゴリラにしかなれませんが、人間はサルにでもゴリラにもなれちゃう。


重永忠

顧客満足は当たり前。顧客感動が目標。


和田千弘

我々のミッションは、短期的な売上げ拡大だけでなく、クライアントが5年後、10年後に目指す姿へ向けた確実な変革を実現すること。


ロバート・キヨサキ

覚えておいてほしい。富は、消えてなくなるものではないことを。ただ、誰かから別の誰かの手に渡っていくにすぎない。誰かにとっての「経済的危機」が、別の人にとっては「思いがけない大儲け」になることだって大いにありうる。


井上雄彦

読者のレスポンスは先の展開にも作用します。それは、「読者の要望に応える、顔色をうかがう」といったものではなく、より創造的なやり取りになっていく。面白い漫画の場合はきっと、作者が一方的に作っているものを見せているというより、作者と読者が一緒に作っている感覚が生まれるんでしょうね。


斎藤徹(経営者)

私は極力、部下に任せることを心がけています。経営者としてのビジョンや決断は必要ですが、その後はできるだけ任せた方が、社内の士気は上がります。


天野ひろゆき

(コンビの)仲がいい秘訣? お互いに話があるときは、必ず面と向かってとことん話すようにしています。ふわーっとしたままで終わらせない。ウドちゃんの発案です。


嶋浩一郎

相手の思考回路に沿いながらひとつずつ合意を積み上げていけば、説明調で書かなくても自然と企画書は説得力を増していきます。僕はこれを「頷きのカスケード(階段状の滝)」と呼んでいます。受け手が「そうだよね、そうだよね」と頷くたび、合意の連鎖が積みあがっていくのです。頷きのカスケードが築かれたらしめたもの。読み手は傍観者から当事者に変わり、この提案内容を自分で選び取ったんだと感じる。書き手は思うとおりに相手を動かすことができたといっていいでしょう。