名言DB

9412 人 / 110637 名言

寺田尚樹の名言

twitter Facebook はてブ

寺田尚樹のプロフィール

寺田尚樹、てらだ・なおき。日本の建築家、デザイナー。「テラダモケイ」創業者。大阪出身。明治大学工学部建築学科卒業後、英国建築家協会ディプロマコース修了。テラダデザイン一級建築士事務所、テラダモケイを設立。「1/100 建築模型用添景セット」などのヒット商品を生んだ。

寺田尚樹の名言 一覧

妥協なくプロ向けに作るからこそ、実用から離れた製品に価値と面白さが生まれる。


寺田尚樹の経歴・略歴

寺田尚樹、てらだ・なおき。日本の建築家、デザイナー。「テラダモケイ」創業者。大阪出身。明治大学工学部建築学科卒業後、英国建築家協会ディプロマコース修了。テラダデザイン一級建築士事務所、テラダモケイを設立。「1/100 建築模型用添景セット」などのヒット商品を生んだ。

他の記事も読んでみる

江上治

仕事とは付加価値を生み出すこと。単純作業の繰り返しは付加価値を生まない。


宮本武蔵

誰でも初めて取りかかるときは、太刀は重くて振り回しにくく、弓も引きにくく、長刀も振りにくいものである。いずれもその道具に慣れてくれば、弓も力強くなり、太刀も振り慣れればその力がついて、振りやすくなるものである。


橋本真由美

ブックオフ1号店のオープニングスタッフ募集に応募したのが、私とブックオフとの最初の出会いです。「誰でもできる」「働ける時間帯だけでいい」という条件が主婦の私には魅力的でした。当時15歳と17歳の子供がいて、子供の大学進学を考えると家計を助けるためにも、少しは働いた方がいいかなと思ったことがきっかけでした。


栗原幹雄

どんな仕事にも興味を持って楽しめるかどうかが重要です。積水ハウスに入社した当時の同期の連中は、私から見れば、どこかサラリーマン的思考に縛られて、失敗すると怒られるんじゃないか、辞めさせられるんじゃないかとビクビクしているように見えました。でも、私はそんな不安を微塵も感じたことはありません。辞めさせられたら次を見つければいいと考えていました。やりたいことは、他にもたくさんありますから。


片岡愛之助(6代目)

ハプニングも演出と思わせることができたらそれでいい。慌てふためいているのが、お客様にバレてしまうことが一番いけない。楽しんで観ていただけなくなってしまうから。


新房昭之

新しいことに挑戦したい気持ちは強い。やることに迷いはなかった。


村上憲郎

コンピュータ・サイエンスの世界は日進月歩で、最先端のことは若い人でないとわかりません。グーグルには、コンピュータ・サイエンスの分野で、大学で教鞭を執れるほどの実力を持った優秀な若者がずらりと揃っています。彼らの力を最大限に発揮できるようにすることが、経営陣の役目。


大槻文平

日本人はぜいたくになり、何もかもが派手になりすぎている。物心ともにハンブル・ライフ(つつましい生活)に徹すべきである。
【覚書き:大槻氏は三菱鉱業の炭鉱の労務係から職歴をスタートさせたため、会長になっても質素な生活を徹底していた】


楠木新

とにかく30代前半までは、直属の上司に認められることか第一。そのためには資格や語学などを学ぶことより目の前の仕事に打ち込み、どれだけこなせるか。そういう部下は当然上司として評価せざるを得ません。役職がない人はまず、仕事での「成果」を目に見える形で出すこと。それがポイント。


吉冨学

うちの社員は知識労働者でなければいけないと思っているんです。会社はイノベーションを続けていかないと衰退していきます。そのアイデアを出す社員が、本を読むのは当然じゃないですか。
【覚書き|一蘭本社に図書室があることについて語った言葉】


田中和彦

1日の自分の時間をオンとオフの2種類で考えがちですが、どちらでもない「グレーゾーン」があるはずです。この時間をスキルアップのための勉強、情報収集、将来のための投資に有効活用しましょう。誰にでも1日2時間程度はあるはずです。通勤時間、昼休み、寝る前の時間などを使うだけで未来の自分が大きく変わります。起業や転職で成功する人にはグレーゾーンの積み重ねがあります。


山本寛斎

人生の7割は葛藤でした。危機に直面して、どう乗り越えようかと遮二無二走ってきた。


前田義徳

部下を持った人たちが、その部下を自分以上の人間にしようと努力しない限り、その管理者自体の発展の限界がもうすでにあらわれているのだ。管理者の最も考えなければならないことは、自分の部下のすべてを自分以上の人間に培ってゆく、その努力である。


藤巻幸夫(藤巻幸大)

仕事っていうのは、物語をつくることなんだ。そして、物語は登場人物が多いほど面白くなる。人と人とが直に触れ合えば、必ず何かの化学反応が起きる。そこに「想い」があり、「愛」が芽生えれば、必ず新しいものが生まれてくる。これが仕事だね。


桑野祐一郎

1分1秒を争うビジネスの世界は激変の時代を迎えました。ミスや不正、時差が経営判断にとって致命傷になりかねない時代となったのです。その意味では「資金の見える化」を最初のステップとし、財務の高度化は今後、経営判断を行う上で最も重要な指標の1つになります。