名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

寺田寅彦の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

寺田寅彦のプロフィール

寺田寅彦、てらだ・とらひこ。日本の物理学者、随筆家、俳人。明治時代、東京出身、高知県育ち。東京帝国大学理科大学物理学科を首席で卒業。東京帝国大学理科大学大学院で理学博士を取得。東京帝国大学理科大学講師・助教授を務めたのち、ベルリン大学に留学。帰国後、東京帝国大学理科大学物理学教授に就任した。

寺田寅彦の名言 一覧

災害は忘れた頃にやってくる。


いわゆる頭のいい人は、いわば脚の速い旅人のようなものである。人より先のまだ行かないところへ行きつくことができるかわりに、途中の道程、あるいはちょっとした脇道にある、肝心なものを見落とす恐れがある。


寺田寅彦の経歴・略歴

寺田寅彦、てらだ・とらひこ。日本の物理学者、随筆家、俳人。明治時代、東京出身、高知県育ち。東京帝国大学理科大学物理学科を首席で卒業。東京帝国大学理科大学大学院で理学博士を取得。東京帝国大学理科大学講師・助教授を務めたのち、ベルリン大学に留学。帰国後、東京帝国大学理科大学物理学教授に就任した。

他の記事も読んでみる

井口尊仁

詰め込み教育の弊害かもしれないけれど、多くの日本人はスライドに情報を盛り込みすぎ。データを詳細に載せても、明日には変わっているかもしれない。ならば、今はこういう状態にあって、次はこうなるといった変化を伝え、後は相手に想像してもらう。つまり、自分で説明して伝えるのではなく、相手の想像力を喚起することが大切。


ロバート・アレン

100年前、私たちの祖先の約9割は起業家でした。現在ではそれが10から20%にまで減りました。農場から工場へ移動した人々は、自分たちの自由を中央集権型の大組織に委任したのです。私たちは弱くなり、起業家としての技能を失ってしまいました。


福島文二郎

目の前の仕事に手一杯で部下や後輩を育てる気力が持てないという方は、2つの視点をもっていただきたい。

  1. 人を育てると、自分はもっと育つということ。たとえば私も、ひとつの研修プログラムをつくる際は、その研修で教える内容の10倍以上の知識や情報を収集するので、人に教えるたびに自分のなかのストックが増えていきます。「人を成長させることが、自分の成長につながる」という意識をもてば、人を育てることを前向きに捉えられるはずです。
  2. 人を育てれば、自分は本来の仕事に集中できるということ。部下が成長すれば、上司のあなたがいちいち細かい指示出しや注意をする時間や手間がなくなり、自分は会社のビジョンや目標を達成するための施策を考えるといった重要な仕事に専念できます

山田昇(ヤマダ電機)

私の場合、独立から45年、ずっと共に歩いてきたパートナーがいてくれた。2人の甥がいて1人は亡くなりましたが、1人は副会長をやっています。彼はまた、私にないキャラクターで私を支えてくれた。


中村栄輔

私の座右の銘は、「一生勉強、一生青春」。知識を得てもそれを実践につなげたり、活用しなければ意味がありませんが、知識がなければ、むやみやたらに鉄砲を撃っても当たらない。その意味でも、この言葉を大事にしていきたい。


斎藤広達

「どうしたら売上が伸びるだろう?」と漠然とした問いを、ひたすら考え続けてしまうようなことはないでしょうか。これでは、いろいろな思考が頭に浮かび、結論を導き出すことはできません。そのために、既存顧客のリピートを増やすのか、それとも新規顧客を開拓するのかという具合にゴールを具体的に絞り込めば、戦略も立てやすく、意思決定も容易になるのです。


小寺圭

私の若いころは、いわばモーレツ社員の時代で、段階的にキャリアアップをするという発想はなかったですね。そうしたことを考える暇もなく、仕事に追われる毎日で、それに応えるだけで精一杯でした。会社から要求される仕事のレベルも高く、上司も非常に厳しかった。それこそ、いまならパワハラになるようなことも日常茶飯事でした。


柳井正

若い人は日本に閉じこもらないで、ビジネスチャンスを求めて世界中に出て行かないといけない。いまは、本当にいいアイデアがあれば世界中からお金が集まるし、成功する可能性も少なくない。


佐々木正悟

それまでの自分の生活に新たな時間を組み込むのは、習慣の破壊になります。それが楽しくなければ、元に戻そうという力が強く働いて三日坊主で終わることも。大切なのは、自分がやりたいことをやることです。


和田完二

学校をつくるとしても中途半端なものでは意味をなさない。少なくとも従来の工員養成所式なものではなんにもならない。同じつくるなら、いままでにない理想的な学校をつくりたい。もとよりそれには膨大な金がいるけれども、会社の将来には変えられない。すぐに役立つ技術者の養成ということは、大きな目で見れば一種の企業合理化である。


市原敏雄

広い分野を総合的に手掛けているため、仮に1つの業界で受注が減っても、他の分野でカバーできるという点は間違いなく当社の強みになっています。


鈴木秀明(資格勉強コンサルタント)

勉強時間が少なくても大丈夫です。むしろ、限られた時間の中で集中して学ぶ方が効率的。