名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

寺田千代乃の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

寺田千代乃のプロフィール

寺田千代乃、てらだ・ちよの。日本の女性経営者。アート引越センター創業者。兵庫県出身。夫とともに寺田運輸株式会社を創業。引っ越し事業に進出し、アート引越センターを開業。同社を大きく成長させた。そのほか、関西経済同友会代表幹事、関西経済連合会副会長、日本ユニセフ協会大阪支部理事などを務めた。

寺田千代乃の名言 一覧

私が経営者として飛び回っていたことで、子供にしわ寄せが行っていたのは間違いないと思います。でもある時、家事も100点、子育ても100点、仕事も100点なんて取れるわけがないと思い、気持ちを切り替えてからは割と楽になりました。なんとか仕事に穴を空けずに、親としての責任も果たすことができたと思います。


私たちの世代の大半の経営者は、松下幸之助さんの書籍を読んで勉強しております。経営者は常に難しい問題に直面して悩んでいるものですが、松下幸之助さんの本を読むと、経営に関する難題を解くヒントがわかりやすく書かれていて、力をいただくことが多いのです。


非上場化後は、我が社はより元気に、リスクを恐れず、皆で一丸となってスピーディに動けるようになったと思います。その後も増収増益が続いていますから、私どもにとってはこれが正解だったと考えています。


家具の運び方や扱い方など、現場レベルでどんどん工夫をして、それをマニュアル化していきました。もちろん試してみて、うまくいかなかったものは削除して、引越業務のノウハウをブラッシュアップしていったのです。


人が生きていくうえで、何らかの生きがいを持つことは大切ですが、それにはまず手の届く目標を立てることが必要でしょう。ですから私はどんな小さなことでもいいから自分なりの目標を持ちなさいと言います。それをクリアできた時の気分を味わってほしい。それは次の目標へのステップともなり、ひいては生きがいにつながると思うから。


上場しようと考えたのは、一つには、上場に必要な改革を行なうことで、それまでなかなか変えられなかった旧来の習慣ややり方を変えるためでした。きちんと規模に見合った企業としての態勢を整えたということです。上場できた時、「これで我が社も大学入試に通ったな」と思いました(笑)。

【覚え書き|上場当時を振り返って】


最初はとにかく「前へ、前へ」と進むことしか考えていなくて、「攻撃は最大の防御」といいますが、ただがむしゃらに前を向いて走っていたんです。でも、やがてある時、「ちょっと待てよ。私たち経営陣は前を向いて走っているつもりだけど、社員たちはみんなついてきてくれているのかな?」と思い、自分たちのやり方を客観的にチェックして、間違ったことがあったら直さなければいけないと気づいたのです。そこで「反省と挑戦」という意識を常に持つようにしました。


企業理念とは額縁に入れて飾っておくものではなく、日々の仕事の中で実践していかなければなりません。折に触れ、たとえば何らかの判断に迷った時には、どうすれば企業理念に沿ったかたちで実行できるかを考えます。そのようにして理念にもとづいた仕事を行なっていくことを心がけているのです。そんな会長や私の姿を社員に見てもらうことで、自然に理念が伝わり、浸透していくのではないかと思っています。


時間が経つほどに、実は上場した意味がよくわからなくなってきました。というのも、上場すれば資金調達が楽になるといいますが、それまでの実績でその必要性はありませんでした。信頼が上がるともいいますが、十分な信頼がすでに築かれていたため、大きな変化を感じませんでした。その代わり、上場企業ということが、我が社にとっては一種の「縛り」になって、以前のように大胆に挑戦する姿勢が失われていったのです。その頃、幹部や社員と話していても、誰も「夢」を語らなくなったと感じました。「大きな夢を持ち、それに向かって皆で突っ走っていく」という「アートらしさ」をなくしてしまったといえるでしょう。

【覚え書き|東証一部上場後、非上場化した理由について】


私どもが理念の大切さや必要性を感じたのは創業当初ではなく、途中からでしたね。自分たちなりの企業理念をつくろうと考えたのは、同友会に入会し、その中の中堅企業委員会の委員長を務めていた時のことです。いろいろな業種の経営者の方々とディスカッションしているうちに、理念の重要性を痛感したのです。


女性経営者として「自分が女性だからできなかった」とは絶対に言わない、考えないようにしてきました。昔は銀行に行ってもお金が借りられないことがありましたが、その理由を「私が女性だから」と考えたら、二度と借りに行くことはできません。そうではなく、「銀行がお金を貸してくれるような会社にしよう」と考えを切り替えたのです。むしろ女性だから得をした場面もたくさんありますので、女性経営者だから損をしたとか、男性よりも不利だということはなかったと思いますよ。


引っ越し業界は、毎年3月は元々の仕事の量が多いので、ある程度スピードアップしても、なかなか労働時間を減らすことはできません。そこで2017年は、思い切って3月の仕事量を数十億円単位で減らすことにしました。効率を上げながら仕事を減らすことで、3月の労働時間も平常時と同じ水準にすることができました。幹部からは、受注抑制を心配する声が上がりましたが、結果的にはやってよかったと思います。また、こうした時短への取り組みにより、離職者の大幅な減少と就職希望者の増加という素晴らしい副産物も生まれ、大きなインパクトになりました。


寺田運輸は、現会長の主人と結婚した時に、主人が興した会社です。最初は中小の鋼材会社などがお客様で、工場で使用される材料など、様々な荷物を運んでいました。第一次オイルショックの影響をもろに受けてしまい、非常に経営が苦しくなりました。とにかく運ぶ荷物が激減して、仕事がすっかりなくなってしまったのです。それでも従業員がいますから、なんとか経営を回さなければいけません。かといって新たな投資はできませんから、いま自分たちが持っているもので、何か新しいことをしなければいけないと思い、目をつけたのが「引越」でした。


関西経済同友会では、様々な議論や提言、研究活動などが行なわれていますが、私自身は、いろいろな業種の経営者の方々とお付き合いをすることで、広い視野を得ることができたと思っています。たとえば、バブル経済が崩壊する前は、運ばれる荷物の量が増え続け、運賃価格がずっと上昇を続けていました。そんな時、同友会の方々から、「近頃、どうも荷物の量が減っている。運賃価格も下がっている」という話を聞いて、その後の経営判断の大きなヒントになったことがありました。


寺田千代乃の経歴・略歴

寺田千代乃、てらだ・ちよの。日本の女性経営者。アート引越センター創業者。兵庫県出身。夫とともに寺田運輸株式会社を創業。引っ越し事業に進出し、アート引越センターを開業。同社を大きく成長させた。そのほか、関西経済同友会代表幹事、関西経済連合会副会長、日本ユニセフ協会大阪支部理事などを務めた。

他の記事も読んでみる

藤野英人

自分の頭の中の情報を整理したり、周りの考えを知るために、SNSやブログで発信することも大切。当たり障りのないことを書くと、当たり障りのないコメントしか返ってこないので、その辺を丁寧に考えましょう。


安田弘

母は嘘が大嫌いな人で、とにかく嘘はだめだと言っていました。なぜなら、嘘は必ずバレる。その結果、人に迷惑をかけることになるからです。


真田哲弥

大学を中退し、単身上京してから、ダイヤルQ2で情報を配信するビジネスを立ち上げました。創業2年目で40億円くらいの売り上げになりましたが、悪質業者が参入したことで市場が荒れ、破綻に追い込まれてしまいました。個人で17億円もの債務を抱えることになったのですが、親の家や土地を担保に借入れをしていたので、自己破産をすると親が路頭に迷ってしまう。そこで、債務減免交渉をしながら、自営に近い形で複数の会社を経営したり、売却したりして、返済していきました。


竹内薫

科学書を普段から読む習慣を身につけると、そこに書かれていることの中からビジネスの芽を見つけることができるようになるでしょう。


重久吉弘

私は「先を見る目」と「人を見る目」には自信を持って仕事をしてきました。この2つの力を持つことができたのは、死ぬほど苦労をした人生を送ってきたからだと自己分析しています。その苦労の中で生き抜くために、命懸けで取り組んできたんです。


青木仁志

経営者や上司は、自信不足から進むべき道が定まらず、チャレンジできない若い社員・部下に対し、お説教するのではなく、みずから手本を示すかたちで伝えていくべき。


櫻田謙悟(桜田謙悟)

今後、世界はますます不安定、不確実、複雑、曖昧になってくる。これを乗り越えるには、ブレない信念が必要。


加藤宣明

できない理由を並べ立てる人もいる。しかし中には「ここまでならできそうだ」と前向きに答えてくれる人もいる。そんな人たちと、とことん考え抜きました。


佐々木かをり

(クライアントからニュースステーションのリポーター職を紹介されたとき)私にしてみれば突然の出来事でしたし、まったく自分の日常とかかわりないことで、ピンと来なかったんです。そのとき私は会社を作ろうとしていたので、テレビ局の人の名刺はもらっておいて損はないと思い、何かあれば紹介してくださいと言ったんです。


石川祝男

ヒット作が出ると、部のモチベーションも上がる。いい企画がどんどん出て、次のヒットにつながり、優秀な人材も集まってくる。


和田博(ヴァリアント社長)

運動神経を良くするには、複数の要素があると思いますけど、一番重要なのは「柔軟性」だと思いますね。普通に生きてると、イメージ通りに身体ってまず動かない から。例えば…そうだな。両腕を背中に回して、手を握ってみてって言っても、身体が固い人はできないですよね。


吉川廣和

経営改革で重視したのは直接対話です。約一年半をかけて全国行脚し、約70の事業所で討議集会を実施しました。さらに、イントラネットでは「社長かわら版」を三週間に一回配信。工場勤務で、パソコンを持たない社員も読めるよう、掲示もしました。