名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

寺田健の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

寺田健のプロフィール

寺田健、てらだ・けん。日本の経営者。化粧品製造販売の「シーボン化粧品」専務。

寺田健の名言 一覧

仕事のできる人とそうでない人。毎年入社してくる女子社員に聞けばいい。彼女たちは一週間もあればこの部長さんは仕事ができる人。この課長さんは仕事が出来ない人と完全に区別できます。というのは入社したばかりの女子社員でも上司が来たときは仕事をしているようなふりをして、いなくなったらしない。そんな光景を見たら何だこの上司はとなるわけです。


上司は部下のことがなかなかわかりにくい。部屋に呼んで話したり、酒を飲ませたりしてみても相手は体裁のいいことばかりを言うから、わかるまでには一年から三年ぐらいかかります。


寺田健の経歴・略歴

寺田健、てらだ・けん。日本の経営者。化粧品製造販売の「シーボン化粧品」専務。

他の記事も読んでみる

篠原菊紀

記憶を定着させるには、本番の試験までの日数を6で割ったタイミングで復習をするといいという実験があります。残り日数が60日なら60÷6で10日後、まだ心配なら50日÷6で8日後……と地道に繰り返すのが最善の策です。


南雲吉則

医者は技術者であり、経営者でもあり、科学者です。その3本柱が成立しなければ医者として成功しない。


藤田晋

大事に育てた社員が辞めるのは、社長として残念ですし、寂しい気持ちもあります。ですが、社員が辞めることによる利点もあります。辞めた人が新天地で活躍すれば、多くの後輩たちにとってキャリアアップの1つの形として良いロールモデルとなります。「今の会社でずっと働く」以外にも将来の選択肢が増え、結果的に今の仕事に安心感が持てるわけです。また、誰かが会社を辞めれば当然ポストも1つ空きます。そこで若手が抜擢のチャンスをつかむこともあります。基本的に、残った社員に悪影響がない、もしくはプラスに働くと思えば気持ち良く送り出します。


村上吉弘(経営者)

日々お客様と接している全国166か所のサービス拠点のスタッフがニーズを具体的かつ丹念にお聞きし、新たな商品、サービスとして提供していく。新型(大型トラック)Quonも、そうしたお客様の生の声に一つ一つ応える中で、形づくられていったのです。


江見朗

何よりも重要なのは、人間にとって「大切なこと」を実践すること。人は悪いことをやるとき、隠れてやりますね。唐揚げのつまみ食いしたときも、「こんなにたくさんあるんだからいいじゃないか」と屁理屈を言ったりしますが、隠れてやっている時点で「これは悪いこと」だと分かっているんです。逆もまた然りで、人間は「大切なこと」も分かっています。だって普遍的なテーマの映画は、みんな感動するでしょう。大切なことに触れたら、人は心惹かれるんです。従業員が増えると、人生観も多様になりますから、いろいろな自我がぶつかります。でも、経営者が「大切なこと」を分かって行動に移せば、どんな従業員もいずれは共感してくれるはずです。だから私は、人間にとって大切なことである「感謝」をして生きています。


俣野成敏

効率的にチームの成果を上げるには、「いかに速くこなすか」から、「何をやらなくていいか」への発想の転換が必要。


小杉友巳

私はアメリカに駐在した経験があるのですが、あちらでは自分自身を表現することは当たり前でした。会話をしていると、「私はこう思う。あなたは?」と聞かれることがしょっちゅうですし、そこで自分の意見を言えないと一人前の大人として扱ってもらえません。


ウォーレン・バフェット

我々はけして後ろを振り向かない。我々の頭に浮かぶのは多くのものが待ち受けている未来だけだ。ああしておけばよかったとくよくよ考えても、過去を変えられるわけではない。あなたは前を向いて生きるしかないのだ


竹村富士徳

出来事をコントロールできなければ、人は出来事によってコントロールされてしまいます。遊んでいるわけではなく一生懸命やっているのに、目先の出来事に追われ、本来やるべき仕事に着手できなかった経験は誰もが持っているはずです。それが出来事にコントロールされた状態です。


都築明寿香

今は、誰かに対して感謝するとか、利他的なことをする意味がわからないという若者が増えています。そういう風潮を正すには、人のために何かをしたり、感謝したりする尊さを、大学や高等教育で教えるべきだと思っています。


天坊昭彦

日々の厳しいビジネスの局面では大義を忘れ、短期的な成果を求めてしまいがちです。大義を貫き続けるためには、厳しい道もいとわずに選択できる強い信念を持つ社員が必要です。だからこそ創業以来、人材育成を最優先にしてきたのです。


窪田良

渡米する前は日本で暮らしていましたから、帰国して創業するという選択肢もあったかもしれません。ただ、ベンチャー経営ということを考えると、そのままシアトルで起業する方がいいと思いました。やはり米国の方が研究者の多様性に富んでいたということが大きいですね。「多様性と薬剤開発に何の関係があるのか」と思うかもしれませんが、新薬開発のように未知のモノを見つける時には人材の多様性が不可欠です。