名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

寺本弘の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

寺本弘のプロフィール

寺本弘、てらもと・ひろし。大正生まれの陸軍機甲将校。戦車第一連隊中隊長、戦車第一師団の参謀部幕僚を歴任。マレー、シンガポール、ビルマ侵攻作戦に参加。戦争直前に満州から本土に呼び戻され終戦を迎える。終戦後は陸自に勤務。日本の戦車の運用や技術進化についてまとめたエッセイ『戦車隊よもやま物語』は戦車ファンたちに読み継がれている。

寺本弘の名言 一覧

全滅とは何だ?お前と俺が生きているじゃないか。【覚書き|タイのジットラでイギリス軍と戦い、隊に大打撃を受けた下士官を叱咤激励した言葉。暗闇の中での戦闘だったため、状況確認をせずに部下の士気を下げるような軽はずみな発言はするなという意味も含んでいる】


寺本弘の経歴・略歴

寺本弘、てらもと・ひろし。大正生まれの陸軍機甲将校。戦車第一連隊中隊長、戦車第一師団の参謀部幕僚を歴任。マレー、シンガポール、ビルマ侵攻作戦に参加。戦争直前に満州から本土に呼び戻され終戦を迎える。終戦後は陸自に勤務。日本の戦車の運用や技術進化についてまとめたエッセイ『戦車隊よもやま物語』は戦車ファンたちに読み継がれている。

他の記事も読んでみる

吉松徹郎

ユーザーとプロの境界線は徐々に曖昧になっていくでしょう。たとえば10人の友人だけにサービスを提供できれば良いという場合、その規模の管理や決済の仕組みがあれば良いわけですから、弊社サービス上で完結してしまうかもしれません。


内田久美子

我々の仕事は戦うことが目的なのではなく、お客様の悩みを解決することが最大の目的。戦いというのは手段の一つですが、戦わずに解決できれば、それが一番ですね。


佐々木常夫

人に嫌われないためには努力が不可欠。とはいえ、それほど難しいことではありません。にっこり笑って「おはようございます!」と挨拶をすれば、それだけで相手は気分が良くなる。逆に、何も言わずに通り過ぎれば不快に思う。人間なんて単純ですから、相手が気持ち良くなるように振る舞えば、こちらに好感を持つようになります。


山口ひろみ(経営者)

経営幹部というのは「育てます」といってすぐに育つものではありません。プロ経営者のような優秀な経歴・手腕を持った人が次々に出てくるわけではないし、やはり大事なことは一般の社員を下からきちんと育てていくということです。それに加え、本人たちもしっかりと自覚を持って育とうと思わないとダメ。


岸本正壽

新製品の第一弾となったのが、デジタルカメラでした。デジカメには、半導体デバイス、電子回路、光学系の三つの技術が必要ですが、当社が得意とするのはレンズなどの光学技術しかありません。この光学技術を生かせるよう、高画質を追求した戦略がうまく当たりました。デジカメの成功で社内が活性化され、赤字だった既存のカメラ事業さえ黒字転換する効果も出ました。


星野佳路

女性が活躍できる環境にするには、性差に関する偏見のない、フラットな組織文化をつくることが不可欠です。


越智仁

これから力を入れなければいけないのは事業の「ポートフォリオ改革」。今までは事業の構造改革をするのと同時に、ベースとなる規模も求めてきた。今度は規模というよりも、どう実を取っていくか、という方向にフェーズが変わっていきます。がーっと大きくしたんだけど、枝ぐらいばっさり切っておく。そういうイメージですね。


榊原健太郎

日本人には素晴らしい妄想力があります。未来を徹底的に妄想し尽くしたとき、そこに未来のベンチャー企業の姿が見え隠れしているのです。


安川第五郎

このとき、私はふと日本を出るとき言われた先輩の言葉を思い出した。「米国へ行ったら遠慮をするな。遠慮をすれば損をするばかりで徳はしない。受け入れられないことは仕方がないが、決して遠慮はするな」これだと思った。そこで、勇気百倍、元気を奮い起こして、いきなり重役に面接を申し込んだ。
【覚書き|米国の電機会社に研修に行ったとき、不景気でやる仕事がないと言われたときを振り返っての発言。兄の友人の重役に紹介を取り付けた】


荻田伍

缶コーヒーブランドの「ワンダ」を再生するための調査は、私の着任以前から行われていました。それで明らかになったのは「缶コーヒーの4割以上は朝飲まれている」ということです。皆で知恵を出し合った結果、「だったら、朝飲まれる缶コーヒーをつくろう!」という結論に達しました。4割の市場をつかむために、6割の市場を捨てるということです。なぜそのような決断ができたのかというと、私たちには後がなかったからです。
【覚書き|債務超過寸前のアサヒ飲料経営再建時代を振り返っての発言】


佐々木常夫

他人の気持ちは変えられないが、自分の気持ちは変えられる。


ロバート・キヨサキ

結婚した当時の私たちは一文無しだったが、どちらかが一方的に依存することはなかった。むしろ、一緒に成長することを目指していた。だからこそ、互いを求める気持ちは一層強くなっている。