名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

寺島しのぶの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

寺島しのぶのプロフィール

寺島しのぶ、てらしま・しのぶ。日本の女優。京都生まれ東京育ち。青山学院大学文学部卒業。大学在学中に文学座に入団。『シベリア超特急2』で映画デビュー。ベルリン国際映画祭銀熊賞(女優賞)、東京国際映画祭女優賞、日本アカデミー賞最優秀主演女優賞、ブルーリボン賞主演女優賞、その他多数の賞を受賞。

寺島しのぶの名言 一覧

日本という国には、皆が右を向いたら右を向いた方がいいよという同調を促す風潮が往々にしてありますよね。でも、子供には様々なものを見て、そこから自由にチョイスして「自分にしか生きられない」オリジナリティをつくっていってほしい。


あらゆる部分で「あれ、何だったんだろうね」と考えさせられる。ラストも「これはハッピーエンドなの?」って。いまの日本映画って、わかりやすすぎるところがあると感じていて。理詰めではない何かの部分を観る人に投げかける、こういう映画もあってもいいんじゃないかなと思います。

【覚え書き|出演した映画『オー・ルーシー!』について】


寺島しのぶの経歴・略歴

寺島しのぶ、てらしま・しのぶ。日本の女優。京都生まれ東京育ち。青山学院大学文学部卒業。大学在学中に文学座に入団。『シベリア超特急2』で映画デビュー。ベルリン国際映画祭銀熊賞(女優賞)、東京国際映画祭女優賞、日本アカデミー賞最優秀主演女優賞、ブルーリボン賞主演女優賞、その他多数の賞を受賞。

他の記事も読んでみる

前刀禎明

一番よくないのは、情報収集・整理マニアになってしまうことです。最近はさすがにスクラップブックを作るような人も減っていると思いますが、各種のアプリを使って情報を収集・整理しようとする人も多いようです。では、いったいそのうちどのくらいの情報があとで必要になったかを考えてみれば、おそらくそのために使った時間はほぼ無駄になっていると気づくはずです。


尾山基

鬼塚(喜八郎、アシックス創業者)さんも言っていた「頂上作戦」をやっています。頂上とは、日本ではオリンピック選手だし、世界でいくと世界記録を出している選手ですね。このトップラインは、ナイキもアディダスも勝てるかどうかの難しい世界ですよ。そこで選手のニーズをくみ取って、徹底的に技術と商品を磨く。頂上がとれれば、その後で中間層も追随します。そうやって商品は浸透するんです。


似鳥昭雄

正確な日時や金額など、数字の入っていない会話は、ビジネスの会話ではありません。それは遊びです。上司が「あの件はどうなっているか」と質問すれば、部下は必ず、「何月何日までに値段はいくらで、こういう状態で入荷します」と答えなければいけません。なぜなら、それが人を成長させる唯一の道だと思うからです。だから、うちの役員・社員はどこへ行っても数字や論理で表現しなければなりません。


小林一雅(小林製薬)

メーカーを主業としてからは長期視点の人材が必要になりました。時間をかけて、お客さんが欲しいと思う商品を考えて、売り出す。長期的な時間軸で、創造性、革新性、差別化を考える人材が必要になったのです。


山本直美(チャイルド・ファミリーコンサルタント)

指導するコツは、基本的には子どもと同じで、一言で言えば「共感しつつ、構い過ぎない」こと。例えば、傍目から分かるほど失敗に落ち込んでいる場合には、「できるはずのことができなくて悔しかったのか?」というふうに、その落ち込みが「悔しさ」によるものだということを代弁して投げ掛けてやるのです。そうやって感情を整理させたあとに、じゃあ、その悔しさを繰り返さないために、次に何をすべきかという前向きなアドバイスを与えます。大事なのは、その後、必要以上に構い過ぎないこと。いつまでもまわりの人が自分の感情につきあってくれるという甘えは許すべきではありません。それは社会人としてのルールに反する、ということをしっかり教えなくては、まわりはいつまでも、その人の感情に振り回されることになってしまいます。


中村獅童(二代目)

今の時代、ネットで情報を集め、自分で資料を読んで、データを分析できる。それも大事だけれど、実際に人と触れ合わないと分からないことも多い。


平野敦士カール

競合がいる場合、自社のサービスが優れていることを強調しても、相手は聞いてくれません。相手の悩みを見つけ出し、それを解決するための提案を行う。これが王道です。


松本大

マネックス証券と日興ビーンズ証券が合併したときを契機に毎日、派遣社員を含めた全社員向けのメールを書くようになりました。全社員向けのメールには、会社の理念や業務目標、数値目標などを定めたロードマップの一文を入れることがあります。人は忘れやすい。だから社員向けのメールで時折、反復する。社長からメールが来れば毎日ではなくても、たまに読んでくれます。そうやって徐々にしみこめばいいのです。


西多昌規

部下に対しては、弱音をはくのはカッコ悪いと思いがちですが、自分の葛藤を正直に打ち明けることで信頼関係が深まる場合もあります。


清水克衛

意識が変わると、私たちはそれまでとはまったく違う風景を見ることができます。高い壁だと思っていたものが、じつはやすやす乗り越えられる塀くらいになって見える。


中村貞裕

まずはネーミングを決める。店舗やプロジェクト名を決めたら、次はコンセプトを作り、キャッチフレーズを考える。次に店を因数分解し、お店を作っている要素を1つずつ書き出していく。次はキャスティング。これは具体名で、例えばインテリアデザインだったら片山正道さんとか。このキャスティングが大切。


玉川勝

ブランドは重要です。流通とのパワーバランスを取り、市場で支配権を握る、そのためにはブランドは必要不可欠。指名買いさえしてもらえればこんなにいいことはありません。