名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

寺井良治の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

寺井良治のプロフィール

寺井良治、てらい・りょうじ。日本の経営者。「イービストレード」社長。静岡県出身。早稲田大学理工学部卒業後、日商岩井(のちの双日)に入社。日商岩井子会社「イービストレード」社長に就任。その後、双日グループから独立。著書に『日本一元気な30人の総合商社』。

寺井良治の名言 一覧

観察力を育てるには、まず、童心に返り広く色々なことに興味を持つこと。自分の専門は機械だから、化学品はまったくわからない、興味がないでは商機を見逃してしまう。


ビジネスの観察には、身の丈に合っているのか商材の数字的な規模を瞬時に把握する力が必要。身の回りのものの数字を直感ではじき出す訓練をするといい。シベリアの人口、スカイツリーの総工費などを推測する癖をつければ、どんな商材も桁が違わないレベルで当たるようになる。


世の中はビジネスチャンスにあふれている。ビジネスチャンスを感じ取り、行動に移す「察知力」のある人材が結果を出せる。ビジネスチャンスを掴む観察力とは、瞬時に分析・判断し決断をする直感力。その直感を生み出すのは、受験勉強で鍛えられた左脳ではなく、実戦の中で鍛えられた右脳です。


多くのお知り合いレベルの名刺をフォルダーの中にきれいに並べて他人に自慢するより、少数でも本当に力になってくれるキーマン(=人脈)を自分の意識の中に入れておくことが実践には必要。私は初対面の相手でも、自分のすべてをさらけ出します。それで嫌われても印象に残らないよりマシだからです。肝心なのは、人脈は作るよりも、活用することに力を注ぐということ。人脈は実践につなげることが大切だからです。


寺井良治の経歴・略歴

寺井良治、てらい・りょうじ。日本の経営者。「イービストレード」社長。静岡県出身。早稲田大学理工学部卒業後、日商岩井(のちの双日)に入社。日商岩井子会社「イービストレード」社長に就任。その後、双日グループから独立。著書に『日本一元気な30人の総合商社』。

他の記事も読んでみる

田中通泰

私は休みや時間があれば、常に売り場を練り歩くようにしています。当社の商品を手に取ってくれている方はどんな方なのか。お店ではどのような場所に陳列されているのかといったことを直接確認するためです。現場を見ることが消費者の要望を知ることにつながるのです。


高田明(ジャパネットたかた)

起業家には明確な理念、ミッションが不可欠です。もちろん利益も大切ですが、私も単にたくさん売れたというだけでは、うれしくない。商品を通じて(お客様の)生活が豊かになった、その変化を感じる時が、事業をやっていてよかったと思える瞬間でした。


羽生善治

スランプと感じたことはありません。結果が出ない時期はありましたが、それは実力だと思っています。


榎本博明

有効なのが部下やチームメンバーへの声かけです。人間は誰もが、「ポジティブ・イリュージョン」を抱いています。これは、自分の能力や業績、性格などを、実際より優秀と評価する認知的な歪みのことです。つまり人間には、自分を過大評価する心理的傾向があるということ。だから職場では、多くの部下が人事評価に不満を持ちます。仮に上司が部下の能力や業績を正当に評価したとしても、本人は実際以上に「自分は優秀だ」と思い込んでいますから、「上司が自分をちゃんと評価してくれない」と不満に思うわけです。そこで重要になるのが、声かけです。上司が部下に「調子はどう?」「頑張ってるね」などと声をかけることで、部下は「自分を気にかけてくれている」と感じて不満は和らぎ、気持ちも前向きになって、モチベーションが高まります。


カント

人間が目指すべきは、自己の感性と他者の幸福である。


前澤友作

人生はずっと続いていく。個人も、会社も自分の存在意義が何となくわかっていて、無理なく過ごしている。そんな社会が「カッコいい」って僕は思ってます。


近藤史朗

私にとって、一番勉強になるのは、なんといっても、いろいろな人と会うことです。会社なら現場のエンジニアと会って話をする、生産ラインで商品の組み立て加工をしている人たちと話し合う。オフィス、店舗、その他さまざまなところを一生懸命、見て回っています。現場でいま起こっていること、やっていることについて話を聞きます。


高津克幸

私は(創業者)初代伊兵衛から数えて13代に当たります。にんべんに入社する決心はしたのですが、入社前の大学時代は主に夏休みを活用して産地の協力工場での鰹節の製造工程で、大学を卒業すると3年間高島屋横浜店の売り場で、それぞれ修業させてもらいました。お客様から「それはしないでね」と言われたことをやってしまい、上司と一緒に土下座した失敗をはじめ、たくさんのよい勉強をさせてもらいました。


糸木公廣

外国人は得られる評価や意義がクリアな仕事しかしたがらない傾向があります。それらを丁寧に説明すれば、彼らの士気は上がり、意欲的に取り組むようになるでしょう。


細川護煕

現代はお金でも生産量でも多ければいいと、何でも量ではかるわけだけど、価値をすべて量ではかるのは間違いじゃないか。


川邊健太郎

社員の意識改革を進めています。常にどこよりも早く新サービスを生み出せるようにすることが目標です。


瀧本哲史

若いうちは自分をどう使うかが最も重要。資産としての自分って何かというと「時間」です。そして時間は有限です。このことを常に意識して、「自分の運用」をしっかり考えなければいけない。