名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

寺井和彦の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

寺井和彦のプロフィール

寺井和彦、てらい・かずひこ。日本の経営者。データベースソフトメーカーのデジタルデザイン社長。龍谷大学卒業後、日本初の独立系システムエンジニアリング企業のCSK(のちに住商情報システムが吸収合併しSCSKに社名変更)に入社。その後、33歳でCSKの同僚たちとともに株式会社デジタルデザインを創業。

寺井和彦の名言 一覧

あるとき「あなたの会社は永続性があるかどうか心配だ」と取引先に言われました。マイクロソフトの商品なら安心して買うが、永続性のない会社だと迷うというんです。
【覚書き|上場をした理由について語った言葉】


それまでは、いわば半国産のソフトを使っている状況でした。そうした中で、全部を自分たちでつくりたいという仲間が、CSKの中にできたんです。独立しても給料分の仕事はなんとでもなると思っての退職でした。怖いもの知らずだったんですね。


とくに組織づくりなど、経験でしかわからないことがたくさんあります。村井さんの経験を聞かせていただき、参考にさせていただいています。
【覚書き|株式の店頭公開後、コンパック会長村井勝氏を会長として迎えた理由について語った言葉】


寺井和彦の経歴・略歴

寺井和彦、てらい・かずひこ。日本の経営者。データベースソフトメーカーのデジタルデザイン社長。龍谷大学卒業後、日本初の独立系システムエンジニアリング企業のCSK(のちに住商情報システムが吸収合併しSCSKに社名変更)に入社。その後、33歳でCSKの同僚たちとともに株式会社デジタルデザインを創業。

他の記事も読んでみる

石川康晴

先入観や偏見にとらわれない柔軟さこそ、今最もビジネスパーソンに求められているもの。


レジェンド松下

実演販売士はその場で話すことを決めるわけではなく、必ず事前に台本を作ります。お客様の心を動かすには、皆さんが納得できるだけのしっかりしたストーリーが必要だからです。


本田健

必ず才能はあります。それが卓球の福原愛ちゃんみたいに4歳で見つかる人もいれば、カーネル・サンダースさんみたいに70代で見つかる人もいる。いつ才能が見つかるか、わかりません。人によっては才能が出てくるまで、温泉を掘るみたいに、長く掘り続ける必要があります。でも、そうやって自分の才能を掘ることで、初めて人生が面白いものになる。それを本気でやるかどうかだと思います。


星野佳路

危機感を持ち経営するには、競争相手を設定することが非常に重要です。誰をライバルにし、誰に勝たなければならないかというのを社内に常に示しています。ライバルを明確にすることが重要です。


ムーギー・キム(金武貴)

いわゆるフォーチュン500に入っている世界に冠たる大企業のCEOたちに自分の成功の要因を聞いた時、一番多かった答えが、「単に自分が好きなことをやっていたら、いつの間にかCEOになっていた」というものである。自分が好きなことをやっていると、そもそも脳内物質ドーパミンが分泌されて脳の働きが活性化されるので、没頭して脳の生産性が上昇しているのだ。また好きなことをやっていると長時間集中しても苦ではないし、失敗して挫折しても、結局は好きなことなので長く続けることができる。


リンダ・グラットン

70代や80代になっても働くとなると、仕事自体から充足感を得られることが必要です。その仕事は強制的なものではなく、働く人が何をいつどのようにするのかを自分で選べるようなものでなければなりません。仕事自体に意義があることも必要ですね。


福嶋康博

私は事業を始める時には必ず最大損失額を設定しました。エニックスの創業時には3000万円と設定しました。すると、「失敗しても3000万円の損失だな」とイメージができ、すぐ行動に移せました。


佐藤富雄

緊張していると呼吸が浅くなりがちなので、「勇気を吸ってー」と言いながら息を深く吸い、「不安を吐いてー」と言いながら息をたっぷり吐く。これを5回くらい繰り返すと効果的です。


瀬戸薫

弊社では社員が失敗したとき、失敗したことについて、何が悪かったのか、どうすればうまくいったのか、とことん考えさせます。


國分文也(国分文也)

人の心という意味では、考えなければならないことがあります。資源価格が高くなっても、いずれは天井を付けるわけです。それが分かっていても、つい「何でもっとやらないんだ」という感覚が芽生えてしまう。そういう時には歯を食いしばって手を出さない。それが難しければ、値段がずっと上がっているようなところは買えない仕組みを考える必要があるでしょうね。


土光敏夫

僕は急がんからね。できることから順繰りにやるよ。
【覚え書き|経団連会長就任時の発言】


熊谷正寿

同じ目的を共有し、心のつながりがあるから、一緒に働けるんです。その目的とは、たとえば「インターネットでナンバーワンになろう」といったことです。だから当社では、仕事を押し付けることはしません。その仕事を本当にやりたい人が、自分で手を挙げてやるシステムになっています。