名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

富田達夫の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

富田達夫のプロフィール

富田達夫、とみた・たつお。日本の経営者。「富士通研究所」社長・会長。東京大学理学部物理学科卒業、静岡大学大学院自然科学系教育部情報科学専攻博士課程修了。富士通に入社。経営執行役モバイルフォン事業本部長、経営執行役常務システムプロダクトビジネスグループ長、副社長などを経て富士通研究所社長に就任。

富田達夫の名言 一覧

本当に有益な情報の取捨選択をいかにするかが重要。入ってくる情報が多過ぎるとかえって知識は深まらない。


富田達夫の経歴・略歴

富田達夫、とみた・たつお。日本の経営者。「富士通研究所」社長・会長。東京大学理学部物理学科卒業、静岡大学大学院自然科学系教育部情報科学専攻博士課程修了。富士通に入社。経営執行役モバイルフォン事業本部長、経営執行役常務システムプロダクトビジネスグループ長、副社長などを経て富士通研究所社長に就任。

他の記事も読んでみる

五百田達成

人間関係でストレスを感じないためには、自分をいったん忘れることが大切。いいところをみせよう、気の利いたことを言おうなどと考えず、目の前にいる人が喜ぶ姿をイメージするのです。もちろん、完全に我欲を捨てて聖人になれとはいいません。場面ごとに目標を決めて、余計な我欲を抑えるのがコツです。


山﨑敦義(山崎敦義)

グローバルで勝負できる事業をしてみたかったし、もっとわかりやすく世の中の役に立ちたいという思いもありました。あと、僕は孫正義さんが大好きで、孫さんの講演で「兆のつく仕事をやれ」と聞いたことも大きかった。自分の損得を考えているだけでは、せいぜい100億~1000億円の事業にしかならない。本当に世の中のためになる事業なら兆になるから、そこを目指すべきだとおっしゃったんです。そうなると建築とは別のことにチャレンジしないといけないなと。


笹氣健治

同じ事象を前にしても、それを困難と見るか、ただの「出来事」と見るかで、乗り越えやすさは変わる。どんな事象にも肯定的な意味づけができれば困難も困難にならず、諦めない力がつく。


佐藤芳直

人は誰しも役割をもっています。誰かに喜ばれるという、たったひとつの役割です。「仕事というのは誰かに喜ばれること」「経営というのはお客様に喜ばれること」。これを基軸にし、損得より善悪を優先する会社や人間には日々の成長があり、業容も着実に伸びていきます。


川村誠

リーマンショックの後、京セラは人員削減をすることなく難局を乗り切ることができました。経営理念のひとつに「全従業員の物心両面の幸福を追求すると同時に、人類、社会の進歩発展に貢献すること」とあったからです。おかげで、動じることなく雇用を守り続けることができました。社員に安心感を与えることもできたと考えています。


大橋博(教育者)

一番は学生第一、生徒第一の学校づくりや教育に徹してきたこと。往々にして過去の学校は勤務している人を優先する色彩があったような気がします。私が大学をつくったのも「学生中心の大学が必要だ」という想いからでした。これは小・中・高の先生だろうと大学の教授だろうと関係ありません。そこで学生第一に考えて教育をする大学が必要ではないか。研究をするためだけの大学ではなく、大学に在籍している学生に主眼を置いた大学こそが望まれる大学なのではないかと。


橋本治

生きていくことはどこかからか自分のエネルギーを湧き上がらせるような作業で、そのエネルギーって、自分の中にあるものをすべて吐き出してもまだ出てくるはずと思うところから生まれるんです。


飯沼正樹

名古屋には名古屋の良さがある。情報の氾濫している東京から距離を置くことで、じっくりと腰を据え、集中してモノづくりに励むことができる。


高畠靖雄

私がずっとやっていきたいのは何かを創るということ。会社を創るところから始めて、ようやく形になってきたので、今後はいろんな領域で、大きな規模で何かを創っていきたい。


棚橋弘至

どのジャンルでも、伸びる人ほどネガティブな感情を引きずらず、バッと気持ちを切り替えます。周りを見ていると、できる人ほどそうやってます。


熊切直美

トップダウンを重視するのもひとつの経営スタイルだと思いますが、私は「トップの指令だけでは、社員は本当にいい仕事はできない」と考えています。だから皆で意見を出し合い考える風土、上位者ほど謙虚に聞く耳をもち、部下が気軽に相談できる体制を構築することが、何より重要だと思うのです。


ピーター・ドラッカー

組織は変化に対応するために高度に分権化する必要がある。意思決定を迅速に行わなければならないからである。その意思決定は、成果と市場に密着し、技術に密着し、さらにイノベーションの機会として利用すべき社会、環境、人口構造、知識の変化に密着して行わなければならない。