名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

富田純正の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

富田純正のプロフィール

富田純正、とみた・すみまさ。日本の経営者。「日進レンタカー」社長。東京都出身。成蹊大学経済学部卒業後、大手損害保険会社を経て家業の日進レンタカーに入社。専務などを経て社長に就任。

富田純正の名言 一覧

当社の接客にはマニュアルがありません。一人一人の社会性や考え方の基本を事前にきちんと教育していれば、日常は、その人が状況に応じて最善を尽くすことが最高のおもてなしになるからです。


身の丈が大事といいますが、階段を一段ずつ、半歩でもいいから上がることが大事。2段、3段飛ばしで行くと、時には踏み外して10段落ちたりすることもある。業績は永遠の微増がいい。


現場にはどんどん権限を委譲しています。やりがいと責任感が大事。責任を持たせれば、うまく行ったときはやりがいに変わる。


当社は「待ちの商売」ではなく、外へ出て行く「攻め」の商売。


責任の重さと権限はセットでないといけません。私自身も社長であり、営業本部長として数字の責任を負っています。


やりがいを上手に責任感に変えて行き、その上で社員一人ひとりの権限を増やして行くことが(経営の)舵取りだと思います。


経営は数字で評価される厳しさはあるが、結果を出していれば、路線が正しいということですから、自信を持って突き進むべき。


当社は全員が正社員です。安心して永く働いてもらいたいし、責任ある仕事につながると考えているからです。給料は業界水準より厚くしています。


ヨットは、エンジンの付いたモーターボートと違って、風がないと進めない。自然に逆らっても前へは進めない。与えられた環境に合わせて、自然に歩み寄らないといけない。会社経営も似ていて、周囲の環境に合わせずに無理をするとリスクが伴う。


2代目は、先代の意向を全面的に受け継いで行くのが基本。大抵は社長になったことで気負い、自分の色を出したくなって、全く違うことをしたりする。それが後で後悔することになるもの。しかし、先代の延長線だけでは取り残されてしまうので、時代に合わせてマイナーチェンジをしていく。


社内から猛反発されましたが、始めてみたら飛ぶようにレンタルされました。本来なら日当1万円くらい払って宣伝カーを走らせてもらうところを、逆にお金をいただけるのですからありがたい話です。まず、お客様に喜んでいただいた上で、わが社の宣伝をしていただけるような、そんなサービスなんです。
【覚え書き|日進レンタカーの社名が入ったクルマ(マスコットカー)を他社の半額で貸し出していることについて】


ご利用いただいたお客様に、月替わりでお米、カレー、コーラや、抽選で東京ディズニーランドのチケットを差し上げているのも、あそこの会社は何か面白い会社だと思っていただき、リピーターを増やすためです。遊び心は社員の士気も高めます。


全国のレンタカー会社と比較しても、お客様にご満足いただけるような低価格を設定できております。それでいて車のグレードはできる限り高いものを揃えるようにしています。いくら安くても商品やサービスの質は落としません。


当社は設立45年の歴史があるだけでなく、一度車を仕入れると売却せず長く貸し続けます。だから中古車市場と競合しないため、自動車メーカーからの信頼は厚い。他社よりうちには安く売ってくれるのです。法人契約が多いので、平日もコンスタントに需要があるし、しかも長期契約だから、ある意味リース業にも近い。仕入れ値が安く、高稼働率だから低料金に設定できる。これが次の需要を生む形になっています。


海外研修は毎年テーマを決めて出掛けています。ロンドンはEU離脱でどう変わったかとか、ブダペストは予想外に難民も見かけず、治安が良かったし、アテネでは店舗もレストランも賑わっていて経済不安は感じられませんし、バルセロナ市民は、カタルーニャの独立を報道以上に望んでいるようでした。そうした現地事情は、行ってみないと分からない。現地でレンタカーを借りて史跡などを廻り、見聞を広めることで、接客の際の自信にもつながるはずです。


お客様に喜んでいただく結果が社員の給料につながるのだから、お客様の感謝の言葉は給料明細に同封し、全社員で共有。これが社員のモチベーションアップになり、さらにお客様のことを大切に考えるようになっています。誠心誠意お客様と向き合い、それがおもてなしの向上につながると思っています。


富田純正の経歴・略歴

富田純正、とみた・すみまさ。日本の経営者。「日進レンタカー」社長。東京都出身。成蹊大学経済学部卒業後、大手損害保険会社を経て家業の日進レンタカーに入社。専務などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

渡邊洋一郎

社員のやる気をいかに引き出すか。そのために、私は社員に会社の状況を知って貰うため、情報の「見える化」を図り、透明性ある経営を心掛けました。その結果、社員は会社の実情を知り、私と一緒に頑張ってくれたのです。


林家正蔵・9代目(林家こぶ平)

ひょいと上を見ると、いくらでも高みがあるってことに気がついた。落語にゴールなんてのはないに決まっているんですよ。


高橋俊介

戦略とは「中長期的に維持可能な競争上の優位性を築くための経営資源の傾斜分配」を意味する。この原点に立ち、経営トップ主導で事業構造を見直すと同時に、人件費を一律何%カットするとか、売上比率何%カットするといった硬直的な人員管理ではなく、本当に必要なところに人員を傾斜配分する戦略的マネジメントを追求すべきなのだ。


西口尚宏

どの産業にとっても、イノベーションが日本の企業が生き残るための大きな鍵を握っています。イノベーションは本業の革新と新規の事業の2つの側面があります。決して、飛び地の新規事業のことだけではありません。


塚越寛

過去に何をしたか、どんな発言をしたかで、資質を判断すべきではない。大事なのは、これから彼が何をするかだ。


小澤二郎(経営者)

今後もゴマ以外に手を出すことは考えていません。能力があれば、違う畑に出ますが、我々にはそんな能力はありません。ゴマはまだまだ深掘りできます。油だけでなく、食品ゴマもありますし、それ以外にもゴマの使い道はあります。


石原壮一郎

上司は選ぶことができません。そして、理想的な上司なんてどこにもいません。「もっとこうだったら」とないものねだりをするのは、一種の逃げです。相手の性格や理解力に合わせて、物事が最もスムーズに進むやり方を模索するのが、有効で前向きな大人の対処と言えるでしょう。


大西賢

人材教育の在り方は、以前と同じということはありません。現在の我々は「JALフィロソフィ」というものを持っているからです。これは、我々がどういう集団であり、企業として何を目指すのかを、40項目にわたって簡潔なかたちで明文化した冊子であり、現在のJALの拠り所となっているものです。


古川武士

仕事とお金に対して、これまでとは違った視点とアプローチを持つ必要がある。たとえば老後の資金。定年以降の約20年を、無収入でお金を使うだけの期間と考えるのではなく、好きなことで仕事をして、サラリーマン時代より収入をさらに増やせる期間だと発想を切り替えてみましょう。


香川真司

誰かが活躍するのを見るとやっぱり悔しい。でも自分はまだそこまでいけていないだけで、負けているとは思わない。今は抜けなくても、将来抜けばいいと思っている。


清水久三子

図作成やレイアウトの能力を磨くよりも大事なのは「文=メッセージ」を固めること。その基盤があってこそ、骨太で信頼性の高い資料が作れるのです。


近田哲昌

ビジョンについては、毎回の面談で必ず話します。なぜなら、何度もくり返し話していても、本当に腹に落ちるまで理解してもらえているかと言えば、まだまだだと思うからです。ただ、同じビジョンでも人によって心に刺さるポイントは違いますから、言い方や例として話す内容は変えています。そうして工夫をしながら毎回話し続けていると、やがてビジョンはチーム内に浸透し、チームは「指示」でつながる関係から、「目的意識」と「価値観」でつながる関係に発展します。