名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

富田秀夫の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

富田秀夫のプロフィール

富田秀夫、とみた・ひでお。日本の経営者。「トムソン・ロイター・マーケッツ」社長。東京都出身。慶應義塾大学法学部卒業後、アラビア石油、共同通信マーケッツ営業一部長、IQファイナンシャル・システムズ日本代表、QUICKグローバルインフォメーション常務、リッキーマーケットソリューション社長などを経てトムソン・ロイター・マーケッツ社長に就任。

富田秀夫の名言 一覧

世界経済が一体として動いているので、グローバルとローカルのいずれも深いレベルで情報が必要。


これからはリスクと常に向き合う覚悟が必要。


情報はリアルタイム性と膨大な蓄積の両面で価値があります。即時性や長年培った信頼性は価値を高めます。


単なる情報ではなく、付加価値の高いインテリジェンスを提供することに意味がある。


途上国・新興国を含めたあらゆる国々を同じ評価軸で比較し、外国為替や金利を数十年スパンで傾向分析するということは、簡単に実現しそうですが、地域・時間・情報で網羅されたデータベースがあってはじめて正確なアウトプットが出せる。


プロフェッショナル向けのツールだからこそ、直観的なインタフェースを備えるべきだと考えています。煩雑な操作方法に惑わされず、専門家は本来の仕事に注力できますので。


ユーザ・インタフェースの向上にも取り組んでいます。黒い画面と専用キーボードといった敷居の高い仕様では、一部のプロフェッショナルにしか利用されないでしょう。金融や専門性の高い情報に触れる利用者のすそ野も広がっていますので、ブラウザベースのユーザ・インタフェースに移行しています。以前は、端末操作トレーニングに数日間を費やしていましたが、現在はトレーニングの必要すらありません。


富田秀夫の経歴・略歴

富田秀夫、とみた・ひでお。日本の経営者。「トムソン・ロイター・マーケッツ」社長。東京都出身。慶應義塾大学法学部卒業後、アラビア石油、共同通信マーケッツ営業一部長、IQファイナンシャル・システムズ日本代表、QUICKグローバルインフォメーション常務、リッキーマーケットソリューション社長などを経てトムソン・ロイター・マーケッツ社長に就任。

他の記事も読んでみる

マギー司郎

最近思うのは、「何かが消えた、出た、つながった。だから何なの?」っていうことね。僕は「なーんちゃって」って言いたいの。今はコンピュータを使えば、どんな複雑なこともできるじゃない。仕掛けを作って、完璧なすごいマジックが起きる。でも、それは誰かが裏でボタンを押しているんだよね。マジシャンは自分で何もしていない。手品を演じているだけでしょ。お客さんもわかっているから、僕らのような人間の雑さを楽しんでくれるんだと思う。だって、「縦縞のハンカチが横縞になりました」だからね。


大嶋章禎

いま、私どもは世界23か国に38社を展開し、9つの開発拠点を持っています。成功できた理由のひとつは、世界各国に拠点を置くときに、現地の優秀な人材を採用し、自由な権限を与えてきたことにあります。世界各国の人たちと手を組む、アライド(連合)することで、ノウハウは共有され、開発のスピードも上がるのです。


浜矩子

大切なのは生活者としての肌感覚に照らし合わせながら、仕組みを理解すること。


五十嵐久也

企業も学校も、ガバナンスによって方向性や形が決まる。その組織を形づくるのがガバナンス。


アルベルト・ザッケローニ

私の役目は「自分たちのサッカーで世界を驚かせよう」という強いメッセージをチームに発信し、実行させていくことです。国内だけでなく、世界中が日本のサッカーに対して抱いているイメージを、いい意味で裏切りたいと思います。


土井健資

年に一回の社員旅行も大事なイベントです。毎回、大宴会を開いて、全員がおおいに語り合います。弊社の宴会では、乾杯したら、まず上の立場の者がみんなに注いでまわるんです。そういったコミュニケーションも、間接的に理念の共有に役立っているのではないでしょうか。


鍵山秀三郎

効率と非効率は陽と陰のようなものだと私は考える。どちらがいいか悪いかではない。陰陽のバランスが崩れれば世の中が乱れる。効率を追求するあまり、バランスが崩れているのが今の社会だ。


小笹芳央

新しい製品やサービスを考える時、組み合わせの元になるのは、豊富な知識です。アイデアマンには博識な人が多いですよね。彼らは自分の職域にとらわれず、常に様々な分野の知識を吸収しています。それを組み合わせ、斬新な発想を生み出している。


山崎敦彦

フィリピンは人件費が安いのですが、派遣さんを使うとさらに安いというのがあるので、正社員より派遣の方が多かった。それでコストを抑えていると思っていたのですが、でも派遣さんは半年で交代というルールなんですね。せっかく作業に習熟したところで、はい終わり、となり新しい人が入ってくる。すると不具合とか不良品が増えるんです。完成品になってからボツというのでは歩留まり(を低下させる要因の)の極みですよね。なので正社員の比率を上げて、生産工程の要所には作業に熟練した、正社員を配置するようにした。働く方々からしても正社員の方がハッピーなわけですが、会社もその方がハッピーということが今回分かりました。


小路明善

能の言葉に「守破離」というものがあります。まずは上司や先輩のやっていることをそっくり真似る「守」、次はほかの方法も試してみる「破」、そして最終的には、それらにとらわれず、自分独自のやり方をつくりあげる「離」。この段階を踏んで、一人前の能役者になるということです。守破離はビジネスにも通用する考え方だと思います。


伊藤良二

効果と効率のかけあわせが最大になるようにするにはどうすればよいか。私は最初の課題設定に尽きると思います。何に対して買いを出すのか、何に対して目標を立てるかという課題設定がブレていると、当然解決策もブレます。課題設定からやり直すことになれば二度手間です。


梅野勉

現在も、輸入車販売台数では7年連続首位を走っていますが、ディフェンダーという気持ちは一切ありません。一時の成功にあぐらをかき、フレキシビリティ(柔軟性)をもって挑戦する気持ちを忘れたら、あっという間に淘汰されてしまいます。それぐらい厳しい業界に身を置いているのです。