名言DB

9425 人 / 110833 名言

富岡一幸の名言

twitter Facebook はてブ

富岡一幸のプロフィール

富岡一幸、とみおか・かずゆき。日本のビジネストレーナー、NLPコーチ。群馬大学工学部卒業。富士通勤務、医療機器卸取締役などを経て、心療内科ベスリクリニック・マネージングパートナーを務めた。

富岡一幸の名言 一覧

私たちは言葉ですべてを知覚しています。「苦しい」を「楽しい」に代えることで認知も変わります。適切な言葉を丁寧に使うことで自分を取り巻く世界が変わっていくのです。


事実の捉え方が大事。同じ状況に置かれても孤独と感じる人とそうでない人がいるのは、価値観が違うから。


認知行動療法は、環境により視野の狭まった認知を変え、そのことにより新たな行動を生み出していく方法。新しい行動の結果、さらに認知を変えていくこともできます。


気持ちを立て直したいときに役立つ4ステップ

  1. 気になっていることを紙に書き出す。
  2. そのときに感じたことや考えたことを書く。
  3. どのような行動を取ったかも明記する。
  4. これらを俯瞰して冷静に捉え直す。

結果、前向きな気付きを得ることにつながっていく。


富岡一幸の経歴・略歴

富岡一幸、とみおか・かずゆき。日本のビジネストレーナー、NLPコーチ。群馬大学工学部卒業。富士通勤務、医療機器卸取締役などを経て、心療内科ベスリクリニック・マネージングパートナーを務めた。

他の記事も読んでみる

鳥羽博道

いまの若い人たちは、結果、成果、評価がすぐ出ないものにはのめり込めない傾向があるように思う。豊になったがために、耐え忍ぶという風潮はたしかになくなってきている。世の中がそういう時代になっているのだから、それはある意味致し方ないことかもしれない。だが、なにか事をなし遂げたいと思うのであれば、忍耐はどうしても必要なものとなってくる。


大西洋

デフレだから価格を下げれば売れるだろうというのは誤りで、大切なのはデフレであろうとなかろうと、価格に対する価値の比率が大きい商品を提供することなのです。


久保華図八

経営理念に「敬愛」を掲げ、社員には「すべてに愛を持って取り組む」ことの大切さをいつも伝えています。お客様に喜んでいただけるサービスを提供し、地域の方々に必要とされ、その結果、愛されることが私たち自身の喜びになる。こうした好循環が、バグジーの周囲では生まれています。


スコット・オーバーソン

アルバイトをしていたピザ店のオーナーから複数の不採算店舗の運営を任されました。立て直しに専念するために大学をいったん辞めざるを得ませんでしたが、人事や購買などの基礎を学ぶ機会になりました。リスクをとって挑戦することは、いまも私の信条になっています。


河野俊嗣

和牛では隣県の鹿児島県、大分県とライバルではありますが、高速道路の開通区間も延伸してきているので、これを「和牛街道」という形でアピールしていきましょうと。競争と協調で切磋琢磨していきたいと思っています。


水木しげる

筋を考えるのが漫画家の生命線です。私ははっきり言ってその努力は惜しみませんでした。いまでも続けている。なにしろ、漫画が好きだからね。私が売れなかった時代でも、原稿料の半分は、漫画の筋を考えるのに役立ちそうな本とか、妖怪の作画のための資料とかを買い込むのに使っていました。食べ物を買う金も満足に残らなかったが、それだけ「好き」の力が強かったのです。


河合良成

伊達政宗の「残躯 天の許すところ楽しまずんば云々」という句があるが、私も七十の坂を越してよぼよぼの老人になり、いまは人生の午後5時ぐらいである。しかし、最近考えることは「人生再びせず」なのだから、愉快に気持ちよく送ることが必要であると同時に、人間に生まれてきたからには、やはり何か、大衆のためになることをするのが大事ではないかという気持ちもする。


小松易

デスクは作業する場であり、モノを置く場ではありません。デスクが作業する場なら、いろんなモノが視界に入ることで集中力や脳のパフォーマンスが下がるはずです。仕事の集中力を高めるためにも、デスクまわりは綺麗に片づけておいた方がいいと思います。


角和夫

入社3年目、運輸部にいた私は宝塚線の助役を命じられました。現場の乗務員などの人事評価を課長に伝える役回りです。ついこの間まで車掌や運転士の「見習い」をしていた20代半ばの若造が、いきなり40代、50代の先輩方を監督、指導するわけです。改まった席では本音を言ってくれませんから、こちらから仕事の相談を持ちかけておいて、さりげなく「先輩、一杯行きませんか」と誘うのです。仕事や上司への不満がないはずはなく、酔うほどに「会社が自分を評価してくれない」「誰それとはどうしても合わない」と本音が出ます。それをきっかけに「どうすれば働きがいのある職場に変えられるか」を考えました。


進藤晶弘

バブルが弾けて受注の伸びに陰りが見え始めたとき、メガチップスの進むべき方向を決める岐路に立たされました。私自身は大企業の下請けになるよりも自主独立路線を歩むべきだと思っていました。しかし、人生の重みはみんな平等であるとの考えから、今後の進むべき道をみんなで決めることにしたのです。判断のよりどころを得るため、事前に無記名で会社の価値観すなわち「経営理念」「行動指針」「経営原則」に関して意見を提出してもらい、そして20数人の社員と兵庫県の有馬温泉で合宿、真剣な議論を行いました。大議論の末に「経営原則」を決し、下請けの道よりも、自主独立の道を歩むとの結論に達しました。