名言DB

9,502 人 / 112,123 名言

家次恒の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

家次恒のプロフィール

家次恒、いえつぐ・ひさし。日本の経営者。医療器機メーカー「シスメックス」社長・会長。京都大学経済学部卒業後、三和銀行(のちの三菱東京UFJ銀行)を経て、東亞医用電子(のちのシスメックス)に入社。取締役、常務取締役、専務取締役などを経て社長に就任。13期を超える連続増収を達成。そのほか、神戸商工会議所副会頭、一般社団法人神戸経済同友会常任幹事、日本貿易振興機構神戸貿易情報センター会長、一般社団法人兵庫県発明協会会長などを務めた。

家次恒の名言 一覧

いろんなことにチャレンジしていますが、すべてうまくいくとは思っていません。たくさんチャレンジをして、成功の確率を上げることが大事。


得意分野を進展させ、いかに新たな展開をできるかが勝負。


世の中の流れにうまく乗ることが、これからの成長にとっても重要になってくる。


これからの流れ、時代を先取りしていかないと、環境、状況、技術が変わった時に企業は絶対滅びますよ。


僕は持論として、環境が人を作ると思っている。日本は「欲しがりません勝つまでは」と言ったから負けたんですよ。環境を変えたら考えが変わる。欧州だと研究所がアルプスの中にあったり。さすがだなと思いますよ。


付加価値を生んでいかない限り、人件費も電気代も高い日本で、ビジネスはできない。


お客様は、営業マンにはなかなか本音を言わないです。でも、サービスマンにはポロッと言います。これを、どううまく取り入れるかが重要です。


お客様から言われたことを、すぐやるのはダメです。A先生はこれがいいと、B先生はこれが嫌だと。それぞれ求めていることが全然違うのですから、両方にいい顔をすると両方に嫌われる。そうではなくて、Cという違うものを考えろということです。お客様の期待を超えて、「これが欲しかったんだよ」と言わさないといけないのです。単なるご用聞きで、顧客ニーズを全部集めて、それを分析したら大丈夫という話ではない。


パソコンが出てきてタイプライターがなくなったように、全く違うものが出てきて自分たちの技術が不要になってしまう。だからこそ、強迫観念みたいに研究開発をしないといけないのです。当たるかは分からないけれど、それがもう、僕らが一番にやってきたことです。


僕は日本人は日本人のアイデンティティーを持っていないといけないと思います。和食が世界無形文化遺産になったけど、きちんと語れるか。根無し草じゃダメです。


日本人は「沈黙は金」と言って、ずっと黙っていて最後に言うのが格好いいという気質ですよね。日本人のレベルは高いんだけど、海外に行ったら物怖じしていることになってしまいます。向こうはがんがん質問してきますからね。


日本人は、最近ハングリー精神がなくなったと言われますが、海外の人は目の色が違います。うちは、バックパッカーも採用したりしています。東京大学だ、京都大学だと、いわゆる秀才ばかりでなく、チャレンジしている人を採らないといけない。


不具合が発生してお客様が電話をしたら、単なるオペレーターではなくてすぐに専門知識を持つ担当者が出ます。そして即座にコールセンターからサービスマンに指示する。サービスマン全員が、どこにいるか把握していますから、一番近いやつが行けと。このサービスが非常に強い。お客様に安心を与えているわけです。うちは世界各地で代理店ではなく直販のネットワークを構築しているので、海外でも同様のサービスを提供できているのが大きな強みです。


医療機関に納めている検査機器には、ネットワークのケーブルを入れています。ウェブカメラで状態を遠隔地から見ることもできる。つまり、お客様がサポートに電話をかけてきたら今、どんな状況で何の部品が必要か、すべてこちらで分かるということです。


現在当社の事業は「機械」「検査用試薬」「サービス」の3つです。今、粗利益率を見ると、試薬とサービスが7~8割、機械が3割ぐらいです。これが我々のモデルの特徴です。医療機関が困るのはどういう時か。決して機械を買う時ではありません。買ってから動かして、それがダウンした時です。検査機器からのデータが入ってこないと、医療そのものが止まってしまうわけですから。ですから我々のコンセプトは、サービスによってダウン時間をいかに短くするかなんです。


人真似ではなく、R&D(研究開発)で新たなものを出していかなければいけない。そのためには、特許戦略など、自分たちのオリジナルな技術で戦うしかない。


これからの日本が、大量生産のモノづくりで生きていくことは難しい。そうすると、ユニークなものやレベルの高いもの、知識集約型の産業で、日本のこの生活水準をいかに保つかということが重要になってくる。


ヘルスケアというのは、非常に平和な産業です。日本発の技術ができたら、日本にも貢献できるし、世界にも貢献できる。日本の医療を日本人だけのものではなく、世界に貢献するものにしていく。それが、日本の一つの生きる道かもしれません。


家次恒の経歴・略歴

家次恒、いえつぐ・ひさし。日本の経営者。医療器機メーカー「シスメックス」社長・会長。京都大学経済学部卒業後、三和銀行(のちの三菱東京UFJ銀行)を経て、東亞医用電子(のちのシスメックス)に入社。取締役、常務取締役、専務取締役などを経て社長に就任。13期を超える連続増収を達成。そのほか、神戸商工会議所副会頭、一般社団法人神戸経済同友会常任幹事、日本貿易振興機構神戸貿易情報センター会長、一般社団法人兵庫県発明協会会長などを務めた。

他の記事も読んでみる

藤堂高明(経営者)

厳しい環境で優秀な人たちのなかで頑張るのもいいんですけど、投資の基本はやはり人が目をつけていないというか、「安く買って、高く売る」という基本のところだと思います。変化とかギャップが大きいところって、実はチャンスがあるんですけど、誰もそこに価値を見出していないというところがあるわけですね。


嶋津良智

ミスをした部下に対して「どうして失敗したんだ?」という聞き方は感心できません。こういう質問をすると、部下の頭は言い訳で一杯になります。部下には「どうすればうまくいったと思う?」と問いかけるのがいいでしょう。こうすると、謝罪や言い訳ではなく、失敗を踏まえてどう改善していくかについて、話し合うことができ成長を促すことになります。


竹中宣雄

ミサワホームは創立当初から、3歩も4歩も時代の先をいく企業でした。3歩、4歩は大げさかもしれませんが、つねに1歩か2歩は時代の先を歩いていたい。現在も、南極の昭和基地の最新の建物である「自然エネルギー棟」の建設を請け負って、新たな技術的バックボーンを磨いているところです。新しいものにチャレンジするミサワホームのDNAを眠らせることなく、新しい商品を育てていきたいと思っているのです。


ピーター・ドラッカー

業績を上げる最大のカギは責任感である。権威や権限ではない。


村田昭治

ビジネスの成功の要素は人脈、運、そして努力に尽きる。


福嶋宏盛

営業した相手が価格以外で渋っている場合、直接聞いてもなかなか教えてくれません。このようなときは単刀直入に質問するのではなく、相手に話をさせながら原因を探っていくことになります。


佐々木正悟

長期的なプロジェクトを抱えているとしても、仕事は細分化できるはずです。段階ごとに、いつからその仕事を始めるのかをメモしておく。そうすれば、覚えておかなければならないという脳の緊張状態を軽くし、気分が楽になるはずです。


嶋田卓彌(嶋田卓弥)

近代戦なんてもんはせいぜい長くて3年か5年だ。平和になったらまたミシン産業は日本のためにきっと必要になってくる。残していく豊富な資金も、おびただしい資材も貴重だが、君は会社の中にいて有能な人材は一人も手放すなよ。
【覚書き|太平洋戦争中、軍需メーカーとなった蛇の目を退社したとき、社に残った気の合う幹部に語った言葉。】


伊藤彰(コンサルタント)

仕事を細かく分解することで、1日の仕事を時間単位、分単位でとらえ、モニタリングすることが可能となる。


澤田秀雄

時代は容赦なく変化していきます。時代感覚に合わなくなったら社長は辞めるべき。


和地孝

甘えを許さないからこそ、360度評価の結果が3期間連続して悪かった人は、降格させました。1年で20~30人は降格したと思います。ただし、相撲にたとえれば、幕下に落ちたあと、もう一度がんばって大関に返り咲いた人も数多くいる、明るくオープンな制度にしました。


小林保清

ちょうど上場時、企業の経営規範にはコンプライアンス、コーポレートガバナンス、アカウンタビリティーといったカタカナ言葉が登場し始めていました。上場にあたり、改めてこれらの概念を研究したのですが、考えてみると、創業以来の社是である「正しきことに従う心」そのものであることに気づきました。