家次恒の名言

家次恒のプロフィール

家次恒、いえつぐ・ひさし。日本の経営者。医療器機メーカー「シスメックス」社長・会長。京都大学経済学部卒業後、三和銀行(のちの三菱東京UFJ銀行)を経て、東亞医用電子(のちのシスメックス)に入社。取締役、常務取締役、専務取締役などを経て社長に就任。13期を超える連続増収を達成。そのほか、神戸商工会議所副会頭、一般社団法人神戸経済同友会常任幹事、日本貿易振興機構神戸貿易情報センター会長、一般社団法人兵庫県発明協会会長などを務めた。

家次恒の名言 一覧

いろんなことにチャレンジしていますが、すべてうまくいくとは思っていません。たくさんチャレンジをして、成功の確率を上げることが大事。


得意分野を進展させ、いかに新たな展開をできるかが勝負。


世の中の流れにうまく乗ることが、これからの成長にとっても重要になってくる。


これからの流れ、時代を先取りしていかないと、環境、状況、技術が変わった時に企業は絶対滅びますよ。


僕は持論として、環境が人を作ると思っている。日本は「欲しがりません勝つまでは」と言ったから負けたんですよ。環境を変えたら考えが変わる。欧州だと研究所がアルプスの中にあったり。さすがだなと思いますよ。


付加価値を生んでいかない限り、人件費も電気代も高い日本で、ビジネスはできない。


お客様は、営業マンにはなかなか本音を言わないです。でも、サービスマンにはポロッと言います。これを、どううまく取り入れるかが重要です。


お客様から言われたことを、すぐやるのはダメです。A先生はこれがいいと、B先生はこれが嫌だと。それぞれ求めていることが全然違うのですから、両方にいい顔をすると両方に嫌われる。そうではなくて、Cという違うものを考えろということです。お客様の期待を超えて、「これが欲しかったんだよ」と言わさないといけないのです。単なるご用聞きで、顧客ニーズを全部集めて、それを分析したら大丈夫という話ではない。


パソコンが出てきてタイプライターがなくなったように、全く違うものが出てきて自分たちの技術が不要になってしまう。だからこそ、強迫観念みたいに研究開発をしないといけないのです。当たるかは分からないけれど、それがもう、僕らが一番にやってきたことです。


僕は日本人は日本人のアイデンティティーを持っていないといけないと思います。和食が世界無形文化遺産になったけど、きちんと語れるか。根無し草じゃダメです。


日本人は「沈黙は金」と言って、ずっと黙っていて最後に言うのが格好いいという気質ですよね。日本人のレベルは高いんだけど、海外に行ったら物怖じしていることになってしまいます。向こうはがんがん質問してきますからね。


日本人は、最近ハングリー精神がなくなったと言われますが、海外の人は目の色が違います。うちは、バックパッカーも採用したりしています。東京大学だ、京都大学だと、いわゆる秀才ばかりでなく、チャレンジしている人を採らないといけない。


不具合が発生してお客様が電話をしたら、単なるオペレーターではなくてすぐに専門知識を持つ担当者が出ます。そして即座にコールセンターからサービスマンに指示する。サービスマン全員が、どこにいるか把握していますから、一番近いやつが行けと。このサービスが非常に強い。お客様に安心を与えているわけです。うちは世界各地で代理店ではなく直販のネットワークを構築しているので、海外でも同様のサービスを提供できているのが大きな強みです。


医療機関に納めている検査機器には、ネットワークのケーブルを入れています。ウェブカメラで状態を遠隔地から見ることもできる。つまり、お客様がサポートに電話をかけてきたら今、どんな状況で何の部品が必要か、すべてこちらで分かるということです。


現在当社の事業は「機械」「検査用試薬」「サービス」の3つです。今、粗利益率を見ると、試薬とサービスが7~8割、機械が3割ぐらいです。これが我々のモデルの特徴です。医療機関が困るのはどういう時か。決して機械を買う時ではありません。買ってから動かして、それがダウンした時です。検査機器からのデータが入ってこないと、医療そのものが止まってしまうわけですから。ですから我々のコンセプトは、サービスによってダウン時間をいかに短くするかなんです。


人真似ではなく、R&D(研究開発)で新たなものを出していかなければいけない。そのためには、特許戦略など、自分たちのオリジナルな技術で戦うしかない。


これからの日本が、大量生産のモノづくりで生きていくことは難しい。そうすると、ユニークなものやレベルの高いもの、知識集約型の産業で、日本のこの生活水準をいかに保つかということが重要になってくる。


ヘルスケアというのは、非常に平和な産業です。日本発の技術ができたら、日本にも貢献できるし、世界にも貢献できる。日本の医療を日本人だけのものではなく、世界に貢献するものにしていく。それが、日本の一つの生きる道かもしれません。


家次恒の経歴・略歴

家次恒、いえつぐ・ひさし。日本の経営者。医療器機メーカー「シスメックス」社長・会長。京都大学経済学部卒業後、三和銀行(のちの三菱東京UFJ銀行)を経て、東亞医用電子(のちのシスメックス)に入社。取締役、常務取締役、専務取締役などを経て社長に就任。13期を超える連続増収を達成。そのほか、神戸商工会議所副会頭、一般社団法人神戸経済同友会常任幹事、日本貿易振興機構神戸貿易情報センター会長、一般社団法人兵庫県発明協会会長などを務めた。

他の記事も読んでみる

古森重隆

私は意識してものごとを前向きに考えるようになってから人生が変わった。前向き思考は誰でも訓練で身につけられるので、ぜひやってみてほしい。


和田裕美

「役に立つ存在だ」と思われることは、懐に入るチャンス。相手の知らない情報をもたらし、課題を解決できることを示してこそプロの営業です。


福沢諭吉

「額に汗して食らう」とは我々が片時も忘れてはならない教えである。たとえどんな身分の人であっても、この世に生きていく限りは、生きるのに必要な衣食を得るための労働をしなければならない。人間の世界は、労働と物品とを交換して商売するという世界であり、これに決して逆らってはならない。


田中淳子(人材教育コンサルタント)

多くの企業で研修をしてきましたが、マネジメントがうまい人ほど「ありがとう」をうまく使っています。


中村憲剛

俺は間違いなく黙ってプレーで引っ張るタイプではないので。修正点を探し出し、判断して、意見する。ただし、ミスを指摘するような声は違うと思っている。とくに若手に対しては。俺もまだ28歳で、世の中の基準からするとだいぶ若い。でも、フロンターレでは上から3番目。若手の勢いを生かして、プレーしやすい環境を作るのが俺らの仕事なんです。だから、ミスをした若手に頭ごなしに「なにやってんだよ」ではなく、「次、やろうよ」「悪くないけど、もっとこういうプレーがあるんじゃないか」と。そう言える環境を作っていくことが大切。


森秀明

数十ページの提案書より、プレゼンテーションの場で語った一言が相手の心を動かすこともあります。提案書を完成品と捉えるのではなく、「これからよりよい案を生み出すための叩き台」だと、相手にもそう伝えたほうがいい。すると顧客側は、「この提案者は、当社の現状に合わせて柔軟な対応をしてくれそうだ」と感じ、あなたの提案を採用してくれるというわけです。


澤上篤人

意外と大事な企業選択ポイントは、自身が好きだと思える会社かどうかだ。長い長い付き合いとなるから、よほど好きな企業でないと持ち続けられない。もっとも、口では応援すると言っても、実際に株価が大暴落している最中には、そうそう買えるものではない。やはり相当に好きな企業でなければ、とてもではないが手を出せない。


片田珠美

ある程度の自己愛は必要ですが、過剰になると、強い承認欲求や自分の過大評価につながる。それは他人を振り回す人、振り回されやすい人の両方を生む。


伊藤謙介

声を出して挨拶を交わす、訪問客を気持ちよくお迎えする、などは当たり前のことのようですが、いい企業文化が定着していなければできません。


沙村広明

単純にこのマンガを売らなきゃっていう気持ちがあったんです。実家が貧乏だったので、早く親に大学の学費を返したいというのがあって、とにかく売れるマンガを描きたかった。白状しますと、『無限の住人』は、とにかく派手な絵面にしたくて、万次(主人公)を不死身にすることで四肢がバンバン飛ぶような、非常に即物的なケレン味を描こうとしたわけです。当時は俺も若かったので、真っ先にエログロと派手なアクションに飛びついたんですね。だけど、今でもマンガである以上、ケレン味がマンガの基本だと思っているところもある。


朝倉義景

勝つべき合戦、取るべき城、攻めの時を選び、方角を考え、時日を移すことはなはだ口惜しく候。いかに良き日なるとて、大風に船をだし、大勢に一人向かわばその甲斐なかるべく候。【覚書き|当時、戦前に占いや風水で日時や攻め込む方角を決めていた。その風潮に異を唱えた言葉。どんな吉日でも、状況が悪化しているのであれば意味がなく、タイミングを計って攻め込んだ方が勝つ確率がずっと高くなるという意味】


稲盛和夫

モチベーションを持てるよう努力するとき、自分の就いた仕事について、努めて「好き」になるのが一番いい方法。


桜井章一

勝ったり儲けたりしても、精神の幸せにつながるとはかぎらない。私は人生の成功者と言われる人たちから相談を受けることがあるが、見た目の華やかさと違って、内実はボロボロであることも多い。彼らの悩みを聞いていると、勝ったことが不運だったのではないかとさえ思えてくる。


ヒューバート・サニエレス

視力の弱い人を救うだけで、世界はもっと成長できる。


松尾均

私が、はとバスの代表に就任した2005年当時は、「はとバスらしさ」が希薄でした。90年代の中頃からバブル崩壊の影響で売上げは低迷、98年には債務超過でいつ倒産してもおかしくない状態だったのです。その後の努力で、回復基調にありましたが「コレはマズい」。そう思った私の就任の挨拶はコレでした。「はとバスという名前、ブランドにあぐらをかいているんじゃないか!」。自分に対する言葉でもありました。


ページの先頭へ