家入一真の名言

家入一真のプロフィール

家入一真、いえいり・かずま。日本の経営者。「paperboy&co.(のちのGMOペパボ)」「CAMPFIRE(キャンプファイヤー)」創業者。福岡県出身。中学生時代にいじめにあい不登校となる。高校に進学するも人間関係に悩み引きこもりになり中退。パソコンを高校入学祝でもらったことをきっかけにパソコン通信の世界に出会う。その後、大検取得、美術研究所画塾卒業、デザイン会社、コンピュータシステム会社などを経て「paperboy&co.」を創業。当時最年少でジャスダック市場に上場を果たした。その後、クラウドファンディングサービス「CAMPFIRE」を設立。

家入一真の名言 一覧

自分で使いたいようなサービスをつくりたかった。
【覚え書き|起業した理由について語った言葉】


僕がいいたいのは「もっとわがままに生きていい」ということです。いまは「空気を読むこと」が社会人として必須のスキルのようにいわれていますが、最近は、空気を読みすぎて、自分が空気みたいになっている人が多いのが心配です。周囲に合わせすぎて、自分を押し殺して生きることは、とてもつらい。それで苦しんでいる人を見ると切なくなります。


極論かもしれませんが、僕にとってのリスクはただひとつ、「死ぬこと」だけです。そのリスクさえなければ、何でもできる。たとえ起業して経営に失敗したとしても、自ら命を絶たないかぎりは死ぬことはない。そう考えると、新しくビジネスを始める際も、別に不安にはなりません。


ビジネスのアイデアが生まれるのは、外部の人とコミュニケーションをしているときだけです。一人で考えていても、アイデアなんて生まれてきません。自分とは職業も年齢も経歴もまったく異なる人と会話をするなかで、自分の価値観とのギャップが生まれる。そこにアイデアのヒントが隠されているのです。会社員の方々も、社内の上司や同僚と飲みにいく回数を減らして、外の世界の人たちと会う機会を増やすだけで、みえる世界が大きく変わってくるはずです。


国や会社に依存したって相手は何もしてくれないことを、本当はみなさんも気づいているのではないでしょうか。だからこそ、自分でできることを見つけて、自立して生きることを考えてほしいのです。いますぐ転職や起業をしなくても、ツイッターやフェイスブックで自分の考えや想いを発信し、それを応援してくれる人を集めておくことはできる。そうして準備をしておくことが、いつか新しいことを始めるときに、あなたを支える大きな力になってくれるはずです。


一番大事なのは、何かに依存して生きるのをやめることです。会社や上司に依存するから、身動きがとれなくなる。「上司に恩があるから、あと3年はこの会社で頑張る」といった考え方もしなくていいと思います。僕は、会社はもちろん、友人や仕事相手との人間関係にも依存したくないし、もっと大きなことをいえば、国や社会にも依存したくないと考えている。だから自由に生きられるのです。


会社とは別の居場所をつくることで、実際に転職するかどうかは別にしても、「会社を辞めても、自分にはほかに居場所がある」と思える。それだけで、随分と気持ちが楽になるのではないでしょうか。


仕事とは関係のない人と積極的に会うようにするなど、自分の世界を広げる手段はいくらでもあるはずです。僕は、食事をしたり飲みにいったりするときは、毎回違ったメンバーに声をかけるようにしています。いつも同じ顔ぶれで集まっていると、段々と話題がなくなり、仕事の愚痴や社内の噂話など、どうでもいいことばかりを話すようになる。そういう場にいると、なんだか自分がすり減っていくような気がしてしまいます。


僕は引きこもりをしていた十代のころと比べてメンタルが強くなったという訳ではなくて、じつはいまでも、急に「今日は人と会いたくない」と思って打ち合わせをキャンセルさせてもらうこともあります。そんなわがままを許さない相手も当然いて、いまでもしょっちゅう怒られています(笑)。でも一方で、「家入さんだから仕方ないね」と受け入れてくれる人もいるのです。僕の場合は極端かもしれませんが、自分のわがままを受け入れてくれる場所が、どこかに必ずあるはずだ、というのが僕の持論です。


人の価値観はいろいろですから、漠然とした不安にとらわれたときは、「自分が最低限守らなくてはいけないものは何か」を考えてみるといいでしょう。考え抜いた結果、「家族のために、いまの会社に勤め続けること」が守るべきものであれば、僕は決してその価値観を否定しようとは思いません。大事なものを守るために、いまいる場所で働き続けられる人を、僕は尊敬しているし、そういう生き方も選択肢の一つだと思います。ただ、ほかにやりたいことが明確にあるのに、「何となく怖いから」という理由でアクションを起こさないのは、言い訳をしているだけに聞こえるのです。


新しい環境に飛び込むことに、漠然とした不安を抱く人も多いようです。「逃げた先で新しいことを始めて、失敗したらどうしよう」と考えてしまう。その不安は、「本当のリスクとは何か」を考えていないために生まれているように思います。


逃げるといっても、何でも放り出せばいいといっている訳ではありません。ただ、「本当はほかにやりたいことがあるのに」と思いながら、後ろ向きの気持ちで仕事をすることに、どれだけの意味があるのでしょうか。


僕は少しずつ自分にできることを見つけてきました。パソコンに興味を持ってプログラミングを覚えたのは、高校を辞めて引きこもっていた時期でした。学校では人と話すのが怖かったのに、インターネット上でいろいろな人とチャットをするのはとても楽しかった。こうしてパソコンの技術を覚え、「自分はもともと人とコミュニケーションをするのが嫌いじゃなかったんだ」と思い出したことが転機となり、のちに起業したり、新しいビジネスを生み出したりすることにつながったのだと思います。逃げた先で目の前にあることをやってきた結果、その積み重ねが、「僕はこれでよかったんだ」と自分を肯定する力になったように思うのです。


悩んでいる人に「そこから逃げてもいいよ」と言うと、「無責任なことをいうな。逃げたあとはどうするんだ」と言われるかもしれません。しかし、先のことは逃げてから考えればいいと思います。逃げるということは場所を変えるということです。その先では、それまでとは違った景色が見えるはずです。そこで一人になって自分を見つめ直すと、やれることが必ず見つかります。


仕事のプレッシャーや人間関係の悩みに押し潰されそうな人がいたら、僕は、「そこから逃げてもいいよ」といってあげたいと思います。僕自身、ずっと逃げ続けてきた人間です。学校から逃げて登校拒否になり、高校も中退し、ようやく社会に出て会社勤めをしても、また逃げてしまいました。いまいる場所が本当につらくて、一歩も前に進めずにいるなら、全力で後ろ向きに走って逃げて、その先でやれることを見つければいいと思います。自分を追いつめた結果、うつ病になったり、最悪の場合自殺したりする人も増えている現状を見ると、やっぱり「死ぬくらいなら逃げなさい」といいたくなります。


僕は目上の人はもちろん、目下の人に対しても基本的に敬語です。部下に対しても、「○○君」ではなく「○○さん」という呼び方をしています。社外でも「社長、社長」と持ち上げられたりすると、居心地が悪くなって帰りたくなってしまいます。


社員には将来は管理職になりたいのか、それとも技術職のままで技術を極めたいのかキャリアプランを聞くようにしています。技術をやりたいという人は、無理に管理職をやらない方がいい場合もありますから。


基本的に僕は怒らないんです。だって、逆に殴られたりしたら怖いじゃないですか(笑)。どうしても必要なときは、別の幹部に怒り役を頼んでいます。でも、会社全体が緩い雰囲気なので、怒ること自体が少ないと思います。部活にたとえるなら、体育会系ではなく、帰宅部系なんです。


社員が来なくなってしまった場合、無理に言っても仕方がないと思うんです。僕も引きこもっていたときに、親から「好きにしろ」と放っておかれたことがよかったので。放置されたことで、まずは心が安定する。そうすると、そのうち、だんだん危機感が出ていて、ようやく自分から動きだそうという気になりましたから。そんなことを言う経営者は僕くらいかもしれませんが。


ひきこもりが原因で高校を中退したのですが、絵が好きだったので大検を受けて芸大に行きたいと思ったんです。でも予備校に行くにはお金がいる。それで仕方なく新聞配達しながら予備校に通うことにしたんです。新聞配達は基本的に人と話さなくてもいい仕事ですから、その点は気楽でした。僕が住み込みをしていた新聞配達店はお互いにあまり干渉しない雰囲気があって、居心地がよかったですし、少しずつ人と接することができるようになりました。いま思えば、ちょうどいいリハビリになったんだと思います。


家入一真の経歴・略歴

家入一真、いえいり・かずま。日本の経営者。「paperboy&co.(のちのGMOペパボ)」「CAMPFIRE(キャンプファイヤー)」創業者。福岡県出身。中学生時代にいじめにあい不登校となる。高校に進学するも人間関係に悩み引きこもりになり中退。パソコンを高校入学祝でもらったことをきっかけにパソコン通信の世界に出会う。その後、大検取得、美術研究所画塾卒業、デザイン会社、コンピュータシステム会社などを経て「paperboy&co.」を創業。当時最年少でジャスダック市場に上場を果たした。その後、クラウドファンディングサービス「CAMPFIRE」を設立。

他の記事も読んでみる

福地茂雄

総論と各論を使い分ける管理職も、部下は離れていきます。総論ではかっこいいことを言っておいて、その時々において各論を変えるような人の背中には、安心してついていけませんからね。


クリス・ギレボー

元手をかけずにビジネスを始めれば、うまくいかなかったとしても、失うものはごくわずかな時間とお金で済みます。これはリスクと呼ぶほどのものではありません。


星野佳路

当社では顧客満足度調査を実施し、その結果を社内でオープンにしています。調査結果を参考に自己修正したり、新たな提案につなげたりできる仕組みを取り入れているのも特徴。


小川浩平

投資事業というと、それだけで誤解を招きかねない部分もありますが、私がやりたいのはデット(銀行借り入れ)やエクイティ(株式)をバランスよく活用しながら企業の成長を促し、お客さまはもとより、従業員など関係するステークホルダーにとっての価値の最大化を目指すという企業再生の王道を行くことです。ウォーレン・バフェット氏が率いるバークシャー・ハサウェイが大きな目標です。


樋口一

社員には「売りこみ過ぎないように」と言っています。以前、成績の良い営業マンの手法を検証したことがあるのですが、こちらから積極的に売り込みすぎると契約が取れない傾向があることが分かりました。


淡輪敏

中期経営計画はこれまで通りに作るが、目標値は毎年見直すことにした。2015年度は営業利益の目標値600億円を1年前倒しで達成したが、だからもういいといことにはならない。1年ごとに修正していくことに意味がある。


江上治

年収1億円プレーヤーの共通点

  1. 目的意識を持っているか、価値観は明確か?
  2. 継続する力があるか、損切りはできるか?
  3. 集中して取り組んでいるか、将来性はあるか?
  4. コストパフォーマンスを考えているか?
  5. 他人から学ぶ、吸収する力があるか?
  6. インプットだけでなく、アウトプットをしているか?
  7. 基本を大切にしているか?
  8. 一流のものに触れているか?

吉原義一

常に挑戦し、私の刀を手にして頂いた方々に絶対に悲しい思いをさせたくない。


柄澤康喜

的確な情報を集めるには、組織全体で課題や問題意識を共有していることが大前提です。まず、問われるのは関係者に等しく情報を開示して行っているかどうかです。社員に対して、経営陣が何を考えているか、いま経営上どんなことが問題になっているかを可能な限りディスクローズすることだと考えています。情報を公開するリスクより、公開しないデメリットの方がはるかに大きいからです。


冨田哲郎

社員たちには「鉄道の可能性というのは、あなたたちの可能性なんだよ」と話しています。「一人一人が自分の可能性を信じて成長しようじゃないか」と。そうして会社が成長すれば、ますます社員が成長するチャンスも生まれるわけですから。その正のスパイラルによって、鉄道事業の可能性は無限に拡大するはず。


宮本武蔵

物事において余るのは足らないことと同じである。よく吟味すべきである。


松原弘典

ひと世代前には、「身内の住宅を設計→商業店舗→コンペに当選して公共の仕事」というストーリーがありましたが、ほとんどの人がそういうストーリーには乗れなくなっていましたね。僕にしたって、家の設計を任せてくれる親類なんていませんでしたし。だから普通のやり方ではムリだと思いました。


塚越寛

社員は経営者の本気度を見ている。


鍵山秀三郎

私は尊敬というよりも、西郷南洲(西郷隆盛)の生き方すべてを敬愛しています。もう好きで好きでしょうがない。なぜなら、あれだけの政治的な権力を持ちながら、西郷の弱者に対する思いやりの深さは並みではありません。そのことに私は好感を持つわけです。残念ながら、いまのリーダーと呼ばれる人たちは、そうではありません。最初は誰だって謙虚だったと思います。ところが最近の政治家を見ましても、傲慢そのものです。


砂山起一

顧客満足度(CS)を向上させるには、従業員満足度(ES)を高めることが不可欠です。むしろ、従業員満足を高められれば、顧客満足がついてくると言ってもいいぐらい重要なモノサシです。


ページの先頭へ