名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

宮﨑大輔(宮崎大輔)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

宮﨑大輔(宮崎大輔)のプロフィール

宮﨑大輔、みやざき・だいすけ。日本のハンドボール選手。大分県出身。小学3年でハンドボールを開始。グラノジェルス(スペイン)を経て大崎電気に入団し活躍。数々のタイトルを獲得。

宮﨑大輔(宮崎大輔)の名言 一覧

他の競技には、ハンドボールに生かせるヒントがたくさんある。そういう技術は取り入れた者勝ち。


コートに立ったときに、不安は1ミリもあっちゃいけない。絶対にいける、そういう自信を持ってなきゃ勝てない。不安を減らして自信を増やすためには、やっぱり日々のトレーニングしかない。


身体が小さいということは、僕にとってはメリット。取り柄のひとつなんですよ。大柄な人が多いからこそできるプレーは、たくさんある。


僕の持ち味はスピードなんで、スピードに磨きをかけていきたい。スピードを磨くにはスピード練習しかない。


ハンド(ボール)の練習だけしていても突破口はない。それは当たり前で、人と同じことをやっていては飛び抜けることはできない。トップになるために別のスポーツにヒントを探した。


ラグビーはあんなに体格のいい選手からタックルされても、小柄な選手が倒れず走り抜けたりするじゃないですか。あれは足の運びにヒントがあるんです。ハンド(ボール)では相手を抜くとき、自分の肩を相手の裏に入れます。肩さえ入ればシュートが打てますから。でも肩を入れるには、どちらかの足を前に出さなきゃいけない。すると足の並びが一直線になってしまう。この体勢は綱渡りと同じ。すごくアンバランスなんです。でもラグビーはそうじゃない。足は必ず縦に平行になるよう出してました。肩よりも足を先に入れちゃうんです。これならぶつかってきても踏ん張れる。スペースに入るための一歩目の出し方の練習とか。参考になりました。


宮﨑大輔(宮崎大輔)の経歴・略歴

宮﨑大輔、みやざき・だいすけ。日本のハンドボール選手。大分県出身。小学3年でハンドボールを開始。グラノジェルス(スペイン)を経て大崎電気に入団し活躍。数々のタイトルを獲得。

他の記事も読んでみる

山本高史

受け手のキーワードは「ベネフィット」である。受け手は提示された発想に自分にとってのベネフィットがあると感じればうなずくし、そうじゃなければそうしない。


鈴木敏文

いつまでもミスや失敗にとらわれず、常に前に進むことを考えるべき。


横山進一(経営者)

道元は「自分を習うことは、自分を忘れることだ」と言っています。なかなか自分を捨てることができないのが人間です。しかし、自分を捨てる覚悟がなければ社長は務まりません。住友生命には5万人の職員がいるわけですから、軽微なことまで含めれば、社内には常に何か問題が起こっているのです。禅の精神はそういう時に役に立ちます。


陰山英男

モチベーションに個人差があるのは、まず自己肯定感の有無が大きいのではないでしょうか。自分に自信のない人は、一度失敗すると「自分はダメな人間だ」と考えてしまう。自信がある人は、冷静に失敗の理由を分析して、次は成功させようと考えるものです。誰もが失敗を経験するのですが、そこから得るものが全然違うのです。


三木雄信

方向を変えて実行に移すのに、少なくとも3か月はかかります。たとえば広告キャンペーンを見直すとして、企画から実行に移すまで最速でも3か月。ハンドルを実際に切ったときには、もう次の時期が来て状況が変わっています。大切なのは、(決算書という)バックミラーではなくフロントガラスを見て運転すること。つまり「今起きていること」を数字としてリアルタイムに把握することで、事故を減らせるのです。


山折哲雄

イノベーションが必要なときに、「和だ」「調整だ」「仲よくしよう」などと言っていたら、創造性のある活動はできないでしょう。グループ内に矛盾や葛藤があるときには、やはりリーダーが主座を保って最終判断を下さなければなりません。


仲暁子

睡眠とハードワークは必ずしもトレードオフの関係にはありません。社会人になって最初に入ったゴールドマン・サックス証券時代は、激務にのまれつつも他の生活のすべてを削って睡眠時間を7時間確保していました。ウォンテッドリーを創業した初期も「レッドブルでドーピングしてフル回転」という生活を送ってはいましたが、飲み会や遊びの時間を削って睡眠に充ててきました。事業立ち上げの時期など、人生において、休みなく働く時期があるかもしれませんが、実はハードワークすることは、睡眠時間を削ることではないのです。


佐々木正悟

「仕事が予定通りに終わらない」最大の原因は、タスクを多く詰め込みすぎること。


大儀見浩介

仕事のモチベーションを高めるには、叶えたい目標を明確にし、そこに近づくための道のりを具体的に考えるのが効果的。


逢沢明

格差社会っていうと、なんか大上段に構えて話してしまう人が多いけど、そこで勝ち上がっていくのは、意外に小さなことの積み重ねだったりします。それができない人が負け組に落ちてしまう。


古賀信行

楽観主義を貫けるのも、若さの特権のひとつです。


小山勝弘(経営者)

リーダーの価値イコールその組織の価値。