名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

宮田玲(経営者)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

宮田玲(経営者)のプロフィール

宮田玲、みやた・あきら。日本の経営者。フレキソ製版システムの「渡辺護三堂」社長。大阪出身。富山大学経済学部卒業後、大同生命に入社。その後、明治23年から続く家業の「渡辺護三堂」に入社。専務取締などを経て社長に就任。

宮田玲(経営者)の名言 一覧

やはり私は「企業は人」だと思います。大半の時間を会社で過ごすのですから、「人」が楽しさとか生きがいを感じられないと、結局は企業の力にもなりません。だからフレンドリーでチームワークのいい、厳しくても根底に愛情を持った組織でありたいと思っています。


私は、若い人たちにも思い切って自由にやらせて、少々の脱線は見守るという、祖父以来の伝統を踏襲していきたいと思っています。ただし、本当にダメな局面になったら自分が出ていかないといけない。ですから、しっかり見守って、責任だけは私がちゃんと取るという姿勢を崩さずにいたいと思うのです。


入社後数年は、父は私に、かなりいろいろなことを言いました。ときには、なにもそんなことまで……ということまで注意や指示をされたものです。でも、「おまえの好きにせえ」と言われた社長就任一年前からは、一転して父は私に何も言わなくなり、本当に好きにさせてくれました。それは見捨てているというのではなく、私が失敗しても我慢して見守るという態度だったように思います。失敗だらけでしたが、あきらめずに見ていてくれたことに、私はとても感謝しています。


社長になって7年、ようやく経営も安定してきて思うのは、経営というのは慎重にやらないといけないということです。安易にお取引先や従業員を切り捨てるというのは、根本的に間違っているということに気がついたのです。そして、人と人の心のつながりを大切にすることがいかに大変でいかに重要なことかという、子どものころからの祖父の教えが、やっと実感として理解できるようになりました。


技術を高め、どこまでも追求していくことは、ものづくりの会社として忘れてはならないことでしょう。ドカンと大きな技術革新を狙うのもいいですが、そういうものはえてして消えるのも早かったりします。泥臭いかもしれませんが、ひとつのことを、ずっと諦めずに極めていく地道な努力のほうが、私たちのような基礎技術系の中小企業は大事なのだと思います。そうした努力が、信頼につながっていくのだと思います。


私から父に「ぼくが継ぐべきなのか」と聞いても、「自分の好きにしたらええ」と言うばかりでした。結局、私は継ぐつもりなど、まったくなかったというのが、正直なところです。でも最終的には、私は自分の意思で家業を継ぐと決め、自分から父に「やらせて(入社させて)ください」と言いました。だから、絶対にやり通さなければいけない、少なくとも次の代にきちんと引き継ぐまでは、この会社の火を灯し続けないといけない、という使命のようなものは感じています。これが、親に「継げ」と言われて継いでいたとしたら、「この事業は成長しなくてもしかたない」などという逃げの意識が、もしかしたらあったかもしれません。その意味では、父から継げと言われなかったのはよかったと思います。


祖父は、私が物心つくころから商売の基本を教えてくれました。祖父とは別居ながら家が近かったので、よく会っていました。というよりむしろ、将来の跡取りとして祖父が積極的に私を連れ出してくれていた面が多かつたようにも思います。跡取り、商売の基本と言っても、祖父が教えてくれたのは、帝王学とか、ビジネスの基礎知識とか、そういうものとはちょっと違いました。人としての礼儀であったり、仕事やお客様に対する考え方であったりです。


私の会社は印刷用の「版」を製造する、ものづくりの会社です。しかし代々、「商売人」としての意識も強い会社でした。大阪生まれ、大阪育ちの企業ということは、理由のひとつかもしれません。つくることも売ることと同じで、「お客様のために」に尽きるということなのでしょう。だから、ものづくり(工業)の会社でありながら、商売人(商業)の感覚も多分に持ち合わせているのだと思います。


宮田玲(経営者)の経歴・略歴

宮田玲、みやた・あきら。日本の経営者。フレキソ製版システムの「渡辺護三堂」社長。大阪出身。富山大学経済学部卒業後、大同生命に入社。その後、明治23年から続く家業の「渡辺護三堂」に入社。専務取締などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

香山リカ(精神科医)

大事な決断こそ、その場で結論を出さずに先延ばしすべきだと思います。これは精神科医の経験からいえることなのですが、人間が大きなことを決断したがるときというのは、ストレスで心が弱っていたり、気持ちが追いつめられていたりする場合が多いのです。うつ病などで診察を受けにくる私の患者さんたちも、よいことも悪いことも含めて重要な決断をしようとします。何かしら大きな決断をすることで、無意識のうちに起死回生は一発逆転を図ろうとしている可能性が高いのです。


ジョン・ウェルス

リーダーが学術的な意味で何かの専門家である必要はありません。経営トップ層に必要なのは、学術的なトレーニングを通じて、自分が何を知らないのか、何が不得意なのかを認識することです。


古出眞敏

市場の先頭に立って顧客の要望に応える商品を打ち出し、シェアだけでなく、革新性でもリーディングカンパニーを目指しています。そのために、顧客と直接接する保険代理店と情報交換を密にし、新しいニーズを常に探っています。


瀬々敬久

起承転結の「結」となるような決定的な出来事に向かって踏み込んでいかないと、いつまでたっても相手との関係性は変化しないと思うし、世の中で起きているいろいろな問題も解決しないと思ってしまう。


谷耕月

部下を信じる、ということも立派なリーダーの資質。


窪山哲雄

ホスピタリティーの根本的精神は、お客様を愛する気持ち、すなわち愛情です。ここでいう愛情には二種類あって、ひとつは「母性愛」。母親が子を思うように、見返りを求めず、奉仕する心です。そして何でも許す心です。もうひとつは「父性愛」です。これは技術ということもできます。プロとして高い技術を持っていないと、お客様に奉仕することはできません。このふたつの愛情が両輪になり、バランスよく回って、ホスピタリティーは初めて可能になります。


伊藤真(弁護士)

LECを辞めてから何をするか。それも、自分の原点に立ち返って考えました。小学生の頃、私はゼロからモノを作ることが好きでした。秋葉原で部品を買ってきてラジオを組み立てたこともあります。廃品を集めたりして、たった350円でスポーツタイプの自転車を作ったこともあります。LECで法学教育の勉強法をゼロから自分で作り上げたことも、非常に楽しい経験でした。そう振り返ると、自分はゼロから新しいモノを作り上げることにワクワクするのだと気がつきました。会社を立ち上げてしくみ作りをすること、法学教育で人作りをすることが、自分が本当にワクワクできる仕事だと気がつき、伊藤塾を立ち上げたのです。


ベンジャミン・フルフォード(古歩道ベンジャミン)

夢を持ってほしい。大小は関係ない。心を込めて仕事をする時、人は幸せを感じられるから。もったいない生き方はしないでほしい。


増沢隆太

反省は自分中心ではなく、一から十まで相手中心に考えるべき。自分中心に考えると、「自分に合わせること」を相手に求めるため、評価・印象が悪化しかねない。


古森重隆

マネジメントは大学時代に所属したアメリカンフットボール部で学んだ気がします。アメフトで大事なのは、戦略とチームワーク、スピード、闘魂です。これは企業経営と同じです。両者とも局面ごとに細かく戦略が変わります。チームワークは仲の良さではなく、明確な役割分担を指します。そしてスピード。これも重要ですが、日本人に一番欠けているものかもしれません。最後に闘魂こそ、企業も個人ももっと養わないといけません。


高橋宣行

企画書などの見出しを書いたら「本当にそれで伝わるかどうか」、考えてみてください。


徳重徹

仕事にはリスクが付き物なので、リスクを分析することも疎かにはできません。たとえば海外で事業をする場合、どこを市場にすれば良いのか、まずは統計データなどを徹底的に分析します。次に、その分野の現地の専門家に詳しく聞いてみることで、ある程度ポイントとなることが絞られてきます。さらに、現地のキーマンやターゲットとなる顧客にヒアリングをします。これらのことを、目的意識を持って、短期間のうちに一気に集中してやるのです。