名言DB

9,524 人 / 112,423 名言

宮田玲(経営者)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

宮田玲(経営者)のプロフィール

宮田玲、みやた・あきら。日本の経営者。フレキソ製版システムの「渡辺護三堂」社長。大阪出身。富山大学経済学部卒業後、大同生命に入社。その後、明治23年から続く家業の「渡辺護三堂」に入社。専務取締などを経て社長に就任。

宮田玲(経営者)の名言 一覧

やはり私は「企業は人」だと思います。大半の時間を会社で過ごすのですから、「人」が楽しさとか生きがいを感じられないと、結局は企業の力にもなりません。だからフレンドリーでチームワークのいい、厳しくても根底に愛情を持った組織でありたいと思っています。


私は、若い人たちにも思い切って自由にやらせて、少々の脱線は見守るという、祖父以来の伝統を踏襲していきたいと思っています。ただし、本当にダメな局面になったら自分が出ていかないといけない。ですから、しっかり見守って、責任だけは私がちゃんと取るという姿勢を崩さずにいたいと思うのです。


入社後数年は、父は私に、かなりいろいろなことを言いました。ときには、なにもそんなことまで……ということまで注意や指示をされたものです。でも、「おまえの好きにせえ」と言われた社長就任一年前からは、一転して父は私に何も言わなくなり、本当に好きにさせてくれました。それは見捨てているというのではなく、私が失敗しても我慢して見守るという態度だったように思います。失敗だらけでしたが、あきらめずに見ていてくれたことに、私はとても感謝しています。


社長になって7年、ようやく経営も安定してきて思うのは、経営というのは慎重にやらないといけないということです。安易にお取引先や従業員を切り捨てるというのは、根本的に間違っているということに気がついたのです。そして、人と人の心のつながりを大切にすることがいかに大変でいかに重要なことかという、子どものころからの祖父の教えが、やっと実感として理解できるようになりました。


技術を高め、どこまでも追求していくことは、ものづくりの会社として忘れてはならないことでしょう。ドカンと大きな技術革新を狙うのもいいですが、そういうものはえてして消えるのも早かったりします。泥臭いかもしれませんが、ひとつのことを、ずっと諦めずに極めていく地道な努力のほうが、私たちのような基礎技術系の中小企業は大事なのだと思います。そうした努力が、信頼につながっていくのだと思います。


私から父に「ぼくが継ぐべきなのか」と聞いても、「自分の好きにしたらええ」と言うばかりでした。結局、私は継ぐつもりなど、まったくなかったというのが、正直なところです。でも最終的には、私は自分の意思で家業を継ぐと決め、自分から父に「やらせて(入社させて)ください」と言いました。だから、絶対にやり通さなければいけない、少なくとも次の代にきちんと引き継ぐまでは、この会社の火を灯し続けないといけない、という使命のようなものは感じています。これが、親に「継げ」と言われて継いでいたとしたら、「この事業は成長しなくてもしかたない」などという逃げの意識が、もしかしたらあったかもしれません。その意味では、父から継げと言われなかったのはよかったと思います。


祖父は、私が物心つくころから商売の基本を教えてくれました。祖父とは別居ながら家が近かったので、よく会っていました。というよりむしろ、将来の跡取りとして祖父が積極的に私を連れ出してくれていた面が多かつたようにも思います。跡取り、商売の基本と言っても、祖父が教えてくれたのは、帝王学とか、ビジネスの基礎知識とか、そういうものとはちょっと違いました。人としての礼儀であったり、仕事やお客様に対する考え方であったりです。


私の会社は印刷用の「版」を製造する、ものづくりの会社です。しかし代々、「商売人」としての意識も強い会社でした。大阪生まれ、大阪育ちの企業ということは、理由のひとつかもしれません。つくることも売ることと同じで、「お客様のために」に尽きるということなのでしょう。だから、ものづくり(工業)の会社でありながら、商売人(商業)の感覚も多分に持ち合わせているのだと思います。


宮田玲(経営者)の経歴・略歴

宮田玲、みやた・あきら。日本の経営者。フレキソ製版システムの「渡辺護三堂」社長。大阪出身。富山大学経済学部卒業後、大同生命に入社。その後、明治23年から続く家業の「渡辺護三堂」に入社。専務取締などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

リンダ・グラットン

学び続けなさい。学習は20代前半で終わるのではなく、死ぬまで続くと見るべきです。


出口治明

私の知るかぎり、医学的、科学的見地から長時間働くことで効率が上がるという証拠は皆無です。誰もが実感しているとおり、人間は疲れると効率が下がるものです。私もそうですが、集中力なんてせいぜい2時間が限度。そのことをまず理解しなくてはいけません。


ジェリー・ヤン

我々は成功にあぐらをかかないように律していかなければならない。


千本倖生

今後の私の役割は、メンターとして若い人たちの助言をし、励ましの兄貴役がいいですね。私が若き日に米国で教えてもらったチャレンジ精神、フロンティアスピリットを、日本の若い人たちに伝えていきたい。しかも日本だけでなく、世界に向けて挑戦して行ってもらいたいという意味のメンターです。そのベースとなるのは、人間としてどうあるべきかということ。


井村裕夫

企業は利益を上げなければなりませんが、医学や医療の関連で忘れてならないのは、その人が健康になることで得られる社会的利益です。健康や医療に関連する産業の目標は、企業的利益と社会的利益を両立させることです。


亀山敬司

俺らは戦争で言うとゲリラだからね。どこに隠れて、いつ撃って、どう逃げるか、全部、自分で考え、自分で決断する。間違えたら死んじゃうから必死です。


関家一馬

手作りなのは社内制度だけではありません。サーバーは内製を始めました。自作パソコンを作るように、いろいろなパーツを買い集めて、情報システム部門が内製しています。入するより5割は安いですね。しかも、自分たちで調べて、「ハードディスクのコントローラーはこのブランドの信頼性が最も高い」といったノウハウも蓄積できます。情報システムも同様で、いわゆる基幹業務システムはほとんど内製しています。以前、とある世界的企業に5年間で40億円払って、情報システムを外部委託していた時期もありましたが、社内の仕組みを微修正しようと思っても、追加コストばかりかかる。それに、年間8億円あれば優秀なシステムエンジニアをたくさん雇ってもっとすごいことができる。そう思って、契約を途中解約して、一気に内製化しました。


マティアス・クラウディウス

知っていると思い込んでいる人が利口なのではなく、自分の知らないことを自覚した人が賢いのである。


山本憲明

ちょっと調べ事をするはずが、ダラダラとネットサーフィンをしてしまう。このような「やるべきではないこと」は、エクセルのシートに「やらないことリスト」として列挙し、毎朝、仕事を始める前に目を通すようにしています。これだけのことでも効果があります。


永守重信

他社は赤字になってからビジネスを転換しますが、そこへ行く前、これはもう危ないと思ったときに新しいビジネスに経営資源を移していくと、他社より早く転換できます。リストラで社員のクビも切らなくていいし、工場の生産も余っている工場をすぐに埋めることができます。


河野貴輝

例えば結婚式場の宴会場は、土日は稼働しますが平日は空いているわけです。そこで平日だけ会議室で使用させてもらい、売り上げを折半していました。物件を借りる際にも、オーナーには、売り上げを折半する、もしくは少し割安に固定費を払うといった2つの選択肢から選んでもらうようにしていました。もちろん、この場所はいけると思ったところは固定費で、難しい場所は売り上げ折半で契約していたのは言うまでもありません。


角田識之(臥龍)

日本人の好きな偉人で、必ず上位に入る一人が坂本龍馬。人間は、自分にない魅力の人物に惹かれます。坂本龍馬や織田信長が日本人に人気なのは、コツコツとルーティンを繰り返す農耕民族にない魅力、いわば狩猟民族のような発想と行動力に惹かれるからです。