宮田玲(経営者)の名言

宮田玲(経営者)のプロフィール

宮田玲、みやた・あきら。日本の経営者。フレキソ製版システムの「渡辺護三堂」社長。大阪出身。富山大学経済学部卒業後、大同生命に入社。その後、明治23年から続く家業の「渡辺護三堂」に入社。専務取締などを経て社長に就任。

宮田玲(経営者)の名言 一覧

やはり私は「企業は人」だと思います。大半の時間を会社で過ごすのですから、「人」が楽しさとか生きがいを感じられないと、結局は企業の力にもなりません。だからフレンドリーでチームワークのいい、厳しくても根底に愛情を持った組織でありたいと思っています。


私は、若い人たちにも思い切って自由にやらせて、少々の脱線は見守るという、祖父以来の伝統を踏襲していきたいと思っています。ただし、本当にダメな局面になったら自分が出ていかないといけない。ですから、しっかり見守って、責任だけは私がちゃんと取るという姿勢を崩さずにいたいと思うのです。


入社後数年は、父は私に、かなりいろいろなことを言いました。ときには、なにもそんなことまで……ということまで注意や指示をされたものです。でも、「おまえの好きにせえ」と言われた社長就任一年前からは、一転して父は私に何も言わなくなり、本当に好きにさせてくれました。それは見捨てているというのではなく、私が失敗しても我慢して見守るという態度だったように思います。失敗だらけでしたが、あきらめずに見ていてくれたことに、私はとても感謝しています。


社長になって7年、ようやく経営も安定してきて思うのは、経営というのは慎重にやらないといけないということです。安易にお取引先や従業員を切り捨てるというのは、根本的に間違っているということに気がついたのです。そして、人と人の心のつながりを大切にすることがいかに大変でいかに重要なことかという、子どものころからの祖父の教えが、やっと実感として理解できるようになりました。


技術を高め、どこまでも追求していくことは、ものづくりの会社として忘れてはならないことでしょう。ドカンと大きな技術革新を狙うのもいいですが、そういうものはえてして消えるのも早かったりします。泥臭いかもしれませんが、ひとつのことを、ずっと諦めずに極めていく地道な努力のほうが、私たちのような基礎技術系の中小企業は大事なのだと思います。そうした努力が、信頼につながっていくのだと思います。


私から父に「ぼくが継ぐべきなのか」と聞いても、「自分の好きにしたらええ」と言うばかりでした。結局、私は継ぐつもりなど、まったくなかったというのが、正直なところです。でも最終的には、私は自分の意思で家業を継ぐと決め、自分から父に「やらせて(入社させて)ください」と言いました。だから、絶対にやり通さなければいけない、少なくとも次の代にきちんと引き継ぐまでは、この会社の火を灯し続けないといけない、という使命のようなものは感じています。これが、親に「継げ」と言われて継いでいたとしたら、「この事業は成長しなくてもしかたない」などという逃げの意識が、もしかしたらあったかもしれません。その意味では、父から継げと言われなかったのはよかったと思います。


祖父は、私が物心つくころから商売の基本を教えてくれました。祖父とは別居ながら家が近かったので、よく会っていました。というよりむしろ、将来の跡取りとして祖父が積極的に私を連れ出してくれていた面が多かつたようにも思います。跡取り、商売の基本と言っても、祖父が教えてくれたのは、帝王学とか、ビジネスの基礎知識とか、そういうものとはちょっと違いました。人としての礼儀であったり、仕事やお客様に対する考え方であったりです。


私の会社は印刷用の「版」を製造する、ものづくりの会社です。しかし代々、「商売人」としての意識も強い会社でした。大阪生まれ、大阪育ちの企業ということは、理由のひとつかもしれません。つくることも売ることと同じで、「お客様のために」に尽きるということなのでしょう。だから、ものづくり(工業)の会社でありながら、商売人(商業)の感覚も多分に持ち合わせているのだと思います。


宮田玲(経営者)の経歴・略歴

宮田玲、みやた・あきら。日本の経営者。フレキソ製版システムの「渡辺護三堂」社長。大阪出身。富山大学経済学部卒業後、大同生命に入社。その後、明治23年から続く家業の「渡辺護三堂」に入社。専務取締などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

上村光弼

部下から信頼を得るためには、上司自身が「自分に対して、仕事に対して、人(部下)に対して、“本気で向かい合う姿”をどれだけ見せられるか、見せているか」が大切である。


ダレン・ヒューストン

当社はNPOや教育現場に対してITの活用をうながしたり、高齢者や障害者がITを活用できるように支援する活動を行っています。それによって当社のユーザーが増えるのは確かですが、投資対効果の高い事業では決してありませんし、そもそも目指すところが違います。


加藤健太(経営者)

社員の約半数が副業に取り組んでいます。内容は様々ですが、一からビジネスを立ち上げる人もいる。収益化を目指し、いわばミニ経営者となって課題に取り組むわけです。これまでにない力が身につき、起業した社員もいます。起業したら連携する仕組みです。いずれにしても、社員の能力アップで、会社の業績も上がっています。それで給料が上がればハッピーですし、自分で稼いだ分収入も上がる。いいことずくめです。


米津玄師

うちにパソコンがやってきて、インターネットが開通したのが小5のときだったんです。当時、フラッシュアニメが流行ってたんですよ。「バンプ・オブ・チキン」の音楽に合わせて勝手にアニメーションをつける、みたいなことなんですけど、そこで初めて音楽というものに出会った。そこから「バンプ」「スピッツ」「アジアン・カンフー・ジェネレーション」といった邦楽ロックにどんどんハマっていきましたね。俺にとっての音楽って、最初から画面の中で流れてるものだったんです。パソコンの向こう、インターネットの向こう側からやってくるものだった。


北見久美子

家のリフォームは、持ち家である限り覚悟しておいたほうがいいですね。それから体の丈夫な人の盲点が入れ歯。インプラントは1本30万円程度と高額です。実は家のリフォームと歯の治療には共通点があって、どちらも本当にひどくなるまで、つい放置してしまう。すると余計に出費がかさみますから、早めの手当てが結局はお得です。


小路明善

ヨーロッパのビールメーカーを買収したのも、アサヒが作り出す価値をヨーロッパのビールメーカーを通して欧州の人々に届けたいという想いがあります。ですから、国内のビール市場は縮小が続いていますが、もしこれがプラスになっていても、私は欧州への投資を実行しましたね。それはアサヒの価値を、より多くの人に届けたいという想いからグローバル化を図っていく。それが私の基本的な考え方であるからです。国内が縮小しているから海外に出ましょうということでは成功しません。


安中千絵

毎食あらゆる食材を網羅するのは、忙しいビジネスマンにとっては非現実的です。また、家での食事は奥様任せで手出しできない、という人もいると思います。そこでお勧めしたいのが、「ちょい足し」と「ちょい引き」。たとえばランチが牛丼なら、ご飯は小盛にして、コンビニで野菜スティックや果物、ヨーグルトなどを買って「ちょい足し」する。足すべきなのは野菜や果物など。一方、引くのは、30~40代がとり過ぎの傾向にある炭水化物などです。


八郷隆弘

技術は必要だと思っています。技術は開発していきます。ただし、「完全(自動運転)」というのは社会の状況や顧客のニーズを考えながらやっていかなければならない。研究開発はしっかり進めておいて、ニーズを見ながら商品化をどうするか決めていきます。


中村天風

どんな頭のいい奴だって、いちどきに2つのことを思いもできなければ、行うこともできない。


柳井正

「わかる」ということは身にしみることです。自分で体験して、これが原理原則なんだなと実感しない限り、その後の行動指針にはなりません。本で読んだり、他人に聞いても、本当の意味はわかるものじゃない。僕は「知った」ではなく「わかって」よかったと思っています。


成毛眞

もっと柔軟に考え、刹那的でいいと思う。目の前のことに集中し、変化に対応して、ベストのスタンスを維持し続けていくことが大事。


畠山惠(塾経営者)

私の人生も行き当たりばったりなようで(笑)、一応考えているんです。保育士は安定した仕事だけど、肉体的にはきついので60歳になっても続けられるとは思えない。でも英語講師は体が動かなくなってもできる。体を動かす仕事と頭を使う仕事、この2つは意識して選び取りました。


大久保幸夫

マンネリは次のステップへのサインなのです。言い換えれば、マンネリになってからが本当の仕事なのです。


和田裕美

物事は最初からすべての準備が整っていることはまずありません。だから、できない理由を並べれば、答えはすべて「(前に)進まない」になってしまいます。結果的に進まないという結論に達しそうな案件でも、「進んでみる」に向かって話をすると、「こうしたらどうか」「この部分だけ変更してみては?」という創意工夫が生まれやすくなります。


寺尾玄

自分自身の信念を曲げてまで、あるいは愛着を持てない場所で嫌な仕事をすることは、人生の浪費でしかない。自分が信じる道を進むべき。


ページの先頭へ