名言DB

9,524 人 / 112,423 名言

宮田昇始の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

宮田昇始のプロフィール

宮田昇始、みやた・しょうじ。日本の経営者。クラウド労務ソフト「SmartHR」社長。大学卒業後、複数のITベンチャーを経て起業。KUFU(のちのSmartHR)を設立。

宮田昇始の名言 一覧

少しでも早く当てるためには、「なるべく早く、たくさんの、小さい失敗」をする機会を設けることが肝要。


5人以上が同じように厳しい言葉を発したら、それは世の中の課題、人がほしがるものと言ってよい。


開発に際して行ったヒアリングは200回。こうして「人が欲しがるものを作る」というプロダクト開発の基本に気づくことができました。


事業で失敗するのは、ユーザーヒアリングを十分にしていない場合が多い。単純に「ヒアリングをするのが億劫」という人もいれば、「ヒアリングでアイデアを否定されたくない。最初のアイデアで当てないと恥ずかしい」と考える人もいるでしょう。


ヒアリングのときに、もし相手が本当に課題を感じていれば、途中で「自分から」大変だったエピソードを語り始めてくれる。「役所でかなり待たされたのが嫌だった……」とか。語り始めたら、定量的に聞き返すことが大事。「かなり待たされた」ではなく、「何時間待たされましたか?」と。


結局、一度目と二度目の事業アイデアは、「人、世の中の課題」から始まっていなかったんです。一度目と二度目は、「こんなのがあったら便利だろうな」という自分の妄想、机上の空論に向かって、「早く新しいサービスを作りたい」という焦りで突っ走ってしまった。そんな考えだから、当然のように失敗しました。


会社を設立してから2年間は様々な新規事業に挑戦したのですが、なかなか芽が出ずに方向転換を繰り返す中、10個目に「SmartHR」のアイデアを思い付きました。今までにないニーズの高さを感じ、このサービスだけに注力しました。


「自発的に何をやってもいいよ」というまっさらな状態だとメンバーも動きにくいでしょうから、最低限の行動規範として「バリュー(価値観)」も定めています。このバリューも半期に一度の社員合宿で、毎回7割くらいの内容はそのまま、3割はそのときの事業フェーズやメンバーの意思によって変更しています。そうやってバリューを自分たちで決めると、メンバーたちの中で腹落ちし、普段の会話の中でも使われるようになるんです。


一般的に企業の新規事業は、「やることが決まらないと始められない」「一度始めたら、やることを変えられない」ということが多いでしょう。しかし新規事業を一発で当てるのはほぼ不可能であり、「方向転換できない」となると相当、難易度が高いと思います。新規事業を始めるときに決めていいのは、「ものすごく遠いゴールと予算だけ」。最初の頃の事業計画はあってないようなものです。


ユーザーヒアリングは「2段階」で行います。第1段階は「課題」のヒアリング。第2段階は、その課題の解決策としての「プロダクト」のヒアリングです。第1段階として、ユーザーの課題に関する仮説を多く立てます。その課題を持っていそうな職種の人に話を聞いて、「そもそも違った」というのはすぐに潰すなどして、次の課題の仮説に移ります。第2段階として、その課題について深掘りしていきます。なるべくファクトを引き出すようにヒアリングをして深掘りしていきます。


アクセラレータプログラムに参加すると、指導してくれたメンターに「ユーザーのことを把握していない」と指摘されました。僕たちは「~らしいです」「だと思います」といった曖昧な話をしていたんです。ユーザーヒアリングの重要性を叩き込まれたのはその時です。「こんな属性の人たちはこんなことに困ってるんじゃないか」と仮説を立て、ヒアリングにより事実情報を集め、検証していく作業です。あの経験がなければ、僕は事業を諦めて会社員に戻っていたと思います。


SmartHRの前に自社サービスを2つリリースしています。資金繰りはいつも厳しく、受託事業で日銭を稼ぎ、落ち着いたら自社サービスに専念という繰り返し。でも芽が出ませんでした。今考えると理由は単純、机上の空論で自分たちがやりたいように作り、人が欲しいと思うものを作っていなかったから。


今後も、ユーザーとヒアリングを重ね、機能拡張に力を入れていきます。多くの店舗を持つ企業は、人事・労務機能を本社に集約して管理することが多いのですが、本社と各店舗間はファクスや郵送でのやり取りが中心となっています。社会保険の手続きが煩雑なため、各店舗の店長の中には苦手とする方も多く、本社としても情報を守り吸いあげることには大きな労力がかかるので、こうした悩みの解決に応えていきます。あくまでも他のジャンルには手を出さず、労務分野を集中的に開発し、便利にしていきます。


現在、既に7千社に導入していただいています。「SmartHR」を始めた当初は10人未満の企業のニーズが中心になると見込んでいたのですが、蓋を開けてみると50人前後の会社からの引き合いが想定外に多く、現在は規模が大きくなり1万人規模の企業にも導入されています。当初からIT業界の比率が最も高いのですが、現在は医療法人や新聞社、神社仏閣、農園などの業種での導入も増えています。


事業の発想の経緯として、私が以前ハント症候群という難病を患った際に、傷病手当金の受給に助けられたことで社会保険の重要性を身をもって感じた経験があります。また、小さな会社に勤めていた妻が産体手続きを自分で行っているのを目にしたこともきっかけです。ある程度の規模の会社であれば、そのような手続きはすべて専任の人事労務担当者が行うのですが、社長自らが労務管理をするような小さな企業では手続きが後回しになりがちです。手書きや郵送を用い、煩雑な手続きに苦しんでいる企業の存在がヒアリングによって浮き彫りとなり、ニーズを確信しました。


宮田昇始の経歴・略歴

宮田昇始、みやた・しょうじ。日本の経営者。クラウド労務ソフト「SmartHR」社長。大学卒業後、複数のITベンチャーを経て起業。KUFU(のちのSmartHR)を設立。

他の記事も読んでみる

安藤宏基

これは創業者の安藤百福がいつも言っていた言葉なのですが、「成長一路、頂点なし」だと。企業も個人も同じで、ひとつ成長したら、またひとつ上のレベルに上がりたくなる。人間というものはひとつの欲望を果たしたら、もっと欲が出てきて、より高いものを求めるものだと。だから、これで終わりということは永遠にない。創業者は、いつもそういうことを言っていました。


内田和成

顧客リサーチどおりに商品がヒットしないのは、消費者は自分が見たことのない商品、聞いたことのない商品に対して、想像力を働かせることが難しいからです。それゆえ実感のつかめないものに対しては、深く考えずに「あったら便利」と答えてしまいます。消費者は、自分の中にある潜在的なニーズに気づいていません。それを探るためには、消費者が表面的にとらえているものだけをリサーチして満足するのではなく、一対一、長時間かけてヒアリングするインデプス(深い)インタビューなどを駆使して、もう一段掘り下げる必要があります。


トマス・J・スタンリー

1年で500万ドル稼ぐ人は、アメリカ一億世帯に5000人いるかどうかだ。すなわち二万世帯に一世帯の確率だ。大半の億万長者の年収は、その一割の50万ドルにも達しない。また、50歳前に億万長者になることも少ない。そしてみんな倹約家だ。湯水のようにお金を使いながら億万長者になることは、ほとんどない。


菊間ひろみ

おすすめしたいのが、「疑問文で言う」練習です。一方的に話を聞く授業に慣れているせいか、日本人は総じて、積極的に質問をしない傾向があります。そのため英語でも5W1Hの疑問文がすぐに出てこない人が多いのです。また、日本人にとって英語の語順はややこしく、疑問文はその語順が入れ替わるため、よけい難しく感じるのかもしれません。しかし、英語圏では、相手の話に対して「質問をしない」のは「興味がない」と解釈されがちです。相手に関心を持っていることを示すためにも、質問は重要。商談でもプレゼンでも、質問をする機会はたくさんあります。文型を覚える際には、肯定文だけでなく、疑問文を作って言う練習を意識的に行なってください。


笑福亭笑瓶

40歳も半ばを過ぎて、落語をやるようになりました。歳をとってからも日々勉強ですわ。


岡藤正広

新人は来る日も来る日も退屈なルーティンワーク。こんなはずじゃなかったとなる。けれども、ルーティンワークの積み重ねが大きな仕事を成し遂げる土台となる。


千本倖生

通信網は、今後、国民生活を支えるインフラになる。それが国家の独占であることは、国民にとってよくない。来たるべき(電電公社の)民営化を見据えて、競争相手が必要だ。
【覚書き|DDIを設立した当時の考えを語った言葉】


西岡喬

自分一人が売ったところで、何の意味もないと思ってしまっては駄目です。社員全員が売ろうという気持ちで一丸になれば、目標をしっかりと達成することができるのです。


三國清三

20代のヨーロッパ修行時代は、ジラルデさんやトロワグロ兄弟といった料理の神様に師事し、自分も神様に近づきたいと、模写に明け暮れた時期だった。


安原弘展

信頼関係ができているからか、例えば社内の懇親会などでは、立場に関係なく誰とでもフランクに話し合える雰囲気があります。どこの事業所に行っても、海外法人でも、不思議なくらい全く同じです。私たちはこれが普通だと思っているのですが、ホテルの宴会場を借りてパーティーをすると、「社長さんと新入社員の方が乾杯してワイワイ賑やかにされているので驚きました」とホテルの方からよく言われます。これはもう、ワコールグループの文化として定着しているのでしょうね。


名越康文

じつは人の能力は、努力に比例して伸びるわけではありません。努力を重ねてもしばらくは変わらず、ある日突然、階段をひとつ上がるようにステップアップします。英会話をイメージするとわかりやすいかもしれません。英語の音声を毎日聴いても、それに比例してリスニングは上達しません。何週間か続けて耳が慣れてきて、「あっ、わかる」という瞬間がいきなり訪れるのです。階段をひとつ上がったときは、能力が量質共に向上しています。


小松易

片づけられない人の最大の特徴は、先送りです。やることの積み重ねによって身の回りの片付いた状況はキープできるのに、ついつい先送りしてしまう。しかも、片付けが苦手な人ほどいっぺんにまとめてやろうとします。一部屋まるごと片づけようと思うから、ハードルが高くて始められない。だからついつい先送りしてしまう。という悪循環に陥りがちなんです。