名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

宮田昇始の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

宮田昇始のプロフィール

宮田昇始、みやた・しょうじ。日本の経営者。クラウド労務ソフト「SmartHR」社長。大学卒業後、複数のITベンチャーを経て起業。KUFU(のちのSmartHR)を設立。

宮田昇始の名言 一覧

少しでも早く当てるためには、「なるべく早く、たくさんの、小さい失敗」をする機会を設けることが肝要。


5人以上が同じように厳しい言葉を発したら、それは世の中の課題、人がほしがるものと言ってよい。


開発に際して行ったヒアリングは200回。こうして「人が欲しがるものを作る」というプロダクト開発の基本に気づくことができました。


事業で失敗するのは、ユーザーヒアリングを十分にしていない場合が多い。単純に「ヒアリングをするのが億劫」という人もいれば、「ヒアリングでアイデアを否定されたくない。最初のアイデアで当てないと恥ずかしい」と考える人もいるでしょう。


ヒアリングのときに、もし相手が本当に課題を感じていれば、途中で「自分から」大変だったエピソードを語り始めてくれる。「役所でかなり待たされたのが嫌だった……」とか。語り始めたら、定量的に聞き返すことが大事。「かなり待たされた」ではなく、「何時間待たされましたか?」と。


結局、一度目と二度目の事業アイデアは、「人、世の中の課題」から始まっていなかったんです。一度目と二度目は、「こんなのがあったら便利だろうな」という自分の妄想、机上の空論に向かって、「早く新しいサービスを作りたい」という焦りで突っ走ってしまった。そんな考えだから、当然のように失敗しました。


会社を設立してから2年間は様々な新規事業に挑戦したのですが、なかなか芽が出ずに方向転換を繰り返す中、10個目に「SmartHR」のアイデアを思い付きました。今までにないニーズの高さを感じ、このサービスだけに注力しました。


「自発的に何をやってもいいよ」というまっさらな状態だとメンバーも動きにくいでしょうから、最低限の行動規範として「バリュー(価値観)」も定めています。このバリューも半期に一度の社員合宿で、毎回7割くらいの内容はそのまま、3割はそのときの事業フェーズやメンバーの意思によって変更しています。そうやってバリューを自分たちで決めると、メンバーたちの中で腹落ちし、普段の会話の中でも使われるようになるんです。


一般的に企業の新規事業は、「やることが決まらないと始められない」「一度始めたら、やることを変えられない」ということが多いでしょう。しかし新規事業を一発で当てるのはほぼ不可能であり、「方向転換できない」となると相当、難易度が高いと思います。新規事業を始めるときに決めていいのは、「ものすごく遠いゴールと予算だけ」。最初の頃の事業計画はあってないようなものです。


ユーザーヒアリングは「2段階」で行います。第1段階は「課題」のヒアリング。第2段階は、その課題の解決策としての「プロダクト」のヒアリングです。第1段階として、ユーザーの課題に関する仮説を多く立てます。その課題を持っていそうな職種の人に話を聞いて、「そもそも違った」というのはすぐに潰すなどして、次の課題の仮説に移ります。第2段階として、その課題について深掘りしていきます。なるべくファクトを引き出すようにヒアリングをして深掘りしていきます。


アクセラレータプログラムに参加すると、指導してくれたメンターに「ユーザーのことを把握していない」と指摘されました。僕たちは「~らしいです」「だと思います」といった曖昧な話をしていたんです。ユーザーヒアリングの重要性を叩き込まれたのはその時です。「こんな属性の人たちはこんなことに困ってるんじゃないか」と仮説を立て、ヒアリングにより事実情報を集め、検証していく作業です。あの経験がなければ、僕は事業を諦めて会社員に戻っていたと思います。


SmartHRの前に自社サービスを2つリリースしています。資金繰りはいつも厳しく、受託事業で日銭を稼ぎ、落ち着いたら自社サービスに専念という繰り返し。でも芽が出ませんでした。今考えると理由は単純、机上の空論で自分たちがやりたいように作り、人が欲しいと思うものを作っていなかったから。


今後も、ユーザーとヒアリングを重ね、機能拡張に力を入れていきます。多くの店舗を持つ企業は、人事・労務機能を本社に集約して管理することが多いのですが、本社と各店舗間はファクスや郵送でのやり取りが中心となっています。社会保険の手続きが煩雑なため、各店舗の店長の中には苦手とする方も多く、本社としても情報を守り吸いあげることには大きな労力がかかるので、こうした悩みの解決に応えていきます。あくまでも他のジャンルには手を出さず、労務分野を集中的に開発し、便利にしていきます。


現在、既に7千社に導入していただいています。「SmartHR」を始めた当初は10人未満の企業のニーズが中心になると見込んでいたのですが、蓋を開けてみると50人前後の会社からの引き合いが想定外に多く、現在は規模が大きくなり1万人規模の企業にも導入されています。当初からIT業界の比率が最も高いのですが、現在は医療法人や新聞社、神社仏閣、農園などの業種での導入も増えています。


事業の発想の経緯として、私が以前ハント症候群という難病を患った際に、傷病手当金の受給に助けられたことで社会保険の重要性を身をもって感じた経験があります。また、小さな会社に勤めていた妻が産体手続きを自分で行っているのを目にしたこともきっかけです。ある程度の規模の会社であれば、そのような手続きはすべて専任の人事労務担当者が行うのですが、社長自らが労務管理をするような小さな企業では手続きが後回しになりがちです。手書きや郵送を用い、煩雑な手続きに苦しんでいる企業の存在がヒアリングによって浮き彫りとなり、ニーズを確信しました。


宮田昇始の経歴・略歴

宮田昇始、みやた・しょうじ。日本の経営者。クラウド労務ソフト「SmartHR」社長。大学卒業後、複数のITベンチャーを経て起業。KUFU(のちのSmartHR)を設立。

他の記事も読んでみる

大塚周一

我々は有力メーカーを相手にそれなりのシェアを持ってつき合いますが、基本的には特定の企業に依存しない、オープンな販売戦略を取っています。それでも顧客がくしゃみをすることはあります。その場合に備えて、日頃から固定費を下げて経営体力をつけておく努力が重要だと認識しています。


藤原智美

フランスの批評家、ポール・ヴァレリーは読書は創造力を弱めるとさえ考えていたようです。私はこの主張を、乱読を続けると枝葉の情報ばかりに詳しくなり、自分の考えの幹ができないという意味に解釈しています。幹のない人は、たとえ具体論を並べたところで、結局は枝葉の羅列になって読み手を混乱させるだけです。逆にいうと、自分の考えの幹さえあれば、たとえ抽象論であっても訴求力のある文章を書くことは可能なはずです。


田村潤

本社の指令が現実に即していればいいのですが、現場には現場ごとの事情や濃淡がある。本社の施策も含め自分たちの持つ力を最大限活用して現場で勝つ。それがお客様の期待に応えること。


糸井重里

手帳には、たとえば読んだ本の一部を写すというのではなく、読んで何を思ったかを書くことが多い。鑑賞した映画もそうですね。しょうもないと思っても、何がしょうもなかったのかを書く。ポイントは、そのしょうもなさの中にも何か刺激があったかどうか。あとは僕は常に何か考えているので、思いついたことを書き留めています。それがコラムのネタや商品アイデアになることが多い。


窪田良

とりあえず行動を起こしてみてほしい。限りある人生の中で行動しないのはもったいないと思います。行動を起こせば様々な発見や感動、ひらめきが見つかって人生が豊かになるでしょう。


鶴岡秀子

一日一日進めるところまで進むことが大切。周囲の協力は一朝一夕で得られるわけではありません。1歩進むと応援してくれる人がほんの少し集まり、さらに1歩進むとまた少し集まってくれる。私はこうやって1600人の株主の賛同を得ました。夢を少しずつ実現する姿を見て、周囲の人は信用してくれるのでしょう。


松本幸夫

朝は1日の始まりであり、昨夜の続きです。昨夜というのは前日の退社前から始まります。仕事が終わってパソコンの電源を落とす前に、明日の準備のために5分間だけ時間をとることが大切です。


谷脇宗

肉も普通に焼いて提供するのと、塊の状態で提供するのとではやはり印象が違います。鉄板で出して、ジュージューと焼ける音が聞こえるようにするなど、臨場感や楽しさも大事にしています。


安西祐一郎

自分の考えを的確に伝える文章を書く能力が今後、決定的に求められてくる。今のセンター試験はすべて、1つだけ正答があることがあらかじめ分かっている多肢選択式の問題に限られています。しかし、答えが1つだけ必ずあるという問題など、社会にはほとんどないのです。


竹田和平

人間、正当に評価してもらえないと、やる気も出ませんし、満足に働く力も出てこない。


片田珠美

状況を改善しようとして上司や先輩の言動が変わるように働きかけても、それはムダ。なぜならば、性格の核になる部分は18歳を過ぎると、余程のことがない限り、本質的には変わらないからです。振り回されている人は、自分自身の考え方を変える努力をしなくてはいけません。


松重豊

部屋を飾るのが嫌いなので、ガランとした家に住んでいるんですよ。だから逆に絶対必要な物、使う物のデザイン性は追求したい。例えば時計は一つだけでいいけれど機能美に溢れてなければいけない、とか。ただ……自分の中にすごくおばちゃん的な部分もあって(笑)。以前、大杉漣(れん)さんとタイに行った時、二人とも気に入った陶器のお店があったんですよ。「これかわいい! あれもかわいい!」っておばちゃん二人(笑)で盛り上がって、カラフルな陶器を段ボール二つ抱えて帰国したことがありました。