名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

宮田亮平の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

宮田亮平のプロフィール

宮田亮平、みやた・りょうへい。日本の金属工芸家。東京藝術大学学長。新潟県出身。東京藝術大学美術学部工芸科卒業、東京藝術大学大学院美術研究科工芸専攻修了。東京藝術大学美術学部で非常勤講師、助手、講師、教授、部長、理事、副学長などを務めたのち学長に就任。二紀展彫刻部奨励賞などをはじめ、国内外の多くの賞を受賞した。

宮田亮平の名言 一覧

芸術は創る側も鑑賞する側も「こうすべき」という正解はありません。だからこそ深く味わえるのです。


人は食べるためだけに生きられるわけではありません。喜びを知ることが究極の目的でしょう。だからそれが一流企業に入ることで得られると思えば就職すればいいし、芸術をまっとうすることで得られるなら芸術家を目指せばいいのです。もっともその喜びも、人生の中のほんの一部でしょう。あとは背負うばかりです。しかし、背負うと思うか、背負わされていると思うかその違いはとてつもなく大きいと思います。


芸術はときめきです。僕だっていつも不安だし、この先自分がどうなるかなんてわかりません。しかし、初めからゴールのわかっているものなんて、仕事にせよ何にせよ面白くないでしょう?サバイバルの中にアンビリーバブルなことがあるからこそ、ときめきがあるし夢中になって前へ前へと走ります。そして時々立ち止まり、葛藤する。いいじゃないですか。


人生は迷いも不安も葛藤も必ずついてくるものです。背負うものが増えるたびに、ピュアだった自分に異質な要素が混じって濁っていくような気がするかもしれません。だけど怖がらなくていいんです。水が濁ると先が見えにくくなるけど、だからこそしっかりと見ようと目を凝らすじゃないですか。そうやって葛藤に立ち向かい、濁りも臆せず取り組んで、新しい色の自分をつくっていけばいいのです。


僕には双子の娘がいますが、2人とも美術大学を卒業して、ひとりはデザイナーとして一流企業といわれる企業に就職し、もうひとりは僕と同じ金工作家になりました。進路について僕からは何も言っていません。自分の生き方だってわからないのに、人の生き方を四の五の言うことはできません。もっとも娘から相談があったときは、自分の体験を踏まえながらあれこれ話しました。


うちの場合は、たまたま僕と子供の職業に共通点がありましたが、そうでない家庭でも、仕事に対する志について親子で話し合うことは大切なことです。説教にならないように、その子が興味を持つように工夫して話す。どんな仕事をしているお父さんでもそれを志した理由の中には、子供が前に進むための具体的なヒントがあるはずです。自分で歩んできた道、そしてそれを選択した思いを語ってやればいいのです。


もちろん芸術で自活できるかという問題は残るかもしれません。本学でも、オルガン一筋で頑張ってきた学生が、このままでいいのかと不安を訴えてきたことがあります。将来を考えたときに、音楽家を職業にすることに現実味が持てなかったのでしょう。しかし、ひとつの目的に向かって死に物狂いで努力して道を極めた子なら、たとえ他の道に方向転換しても、それを基礎力にして踏んばれるものなんです。


一流企業に就職すれば不安はなくなるかといえば、そんなことはありません。生きている限り90%は不安です。生活の安定のために芸術を諦めて就職した子は、自分に嘘をつき続けることになります。それこそ何よりも不安な毎日に違いありません。


子供が芸術家になりたいと言い出したら、答えは決まっています。そりゃ、やってみろと言います。それしかないでしょう。そもそも芸術家は特別な存在ではありません。恋をすれば人は誰でも詩人になります。生きとし生ける者は誰もが芸術家なんです。それを生業にするかしないかの違いだけです。


宮田亮平の経歴・略歴

宮田亮平、みやた・りょうへい。日本の金属工芸家。東京藝術大学学長。新潟県出身。東京藝術大学美術学部工芸科卒業、東京藝術大学大学院美術研究科工芸専攻修了。東京藝術大学美術学部で非常勤講師、助手、講師、教授、部長、理事、副学長などを務めたのち学長に就任。二紀展彫刻部奨励賞などをはじめ、国内外の多くの賞を受賞した。

他の記事も読んでみる

高橋理子

父は左官の職人。子供の頃は、いつも土やセメントだらけの父親が恥ずかしかった。でも今は、父親のもの作りの血が脈々と自分に流れていることを実感しています。


藤原和博

成熟社会になるということを一言で言うと、「みんな一緒」から「それぞれ一人ひとり」の社会になるということです。


小林一雅(小林製薬)

よく制度が長続きするコツを聞かれることがあります。確かに、制度を作っても長続きしない企業は少なくないようです。それは、社員が制度の意味を真に理解していないからでしょう。


鷹城勲

世界のハブ空港に勝つためには、羽田空港単独ではなく、日本の航空業界が一体となっていかに勝つかを考えなければなりません。また、よく航空と新幹線との競争をいわれますが、鉄道との共存も不可欠です。ひとつの例として、定時発着では航空も新幹線も世界一です。もし空港と新幹線を一体化すれば、これほど強力な交通システムはありません。


安河内哲也

真面目な人ほど英会話を学ぶときに、汎用性が低いものまで網羅しようとしてしまいます。しかし、大学受験で必要とされるような難しい構文なんて、実際の会話ではほとんど使いません。社会人はそんな無駄な勉強をするより、汎用性が高い中学英語を復習して、どんどん口に出して使ってみるべきです。


出雲充

この後も失敗をたくさんするかもしれない。しかし、何回失敗しても諦めない。諦めたら、本当に無駄になる。今、経営規模も大きくなってきましたが、やることは変わらない。絶対に諦めない。この精神で臨みます。


守屋淳

デジタルの入力は定量的、論理的に構成されるため、出力には全く差が出ない。論理的な学習や、大量生産される製品を開発する場合、デジタルの特性を必ず持つので、結局ライバルにも学習され、真似されてしまう。もちろん逆もしかりで、この競争はエスカレートせざるを得ない。


中村獅童(二代目)

すぐに結果を求めるには、人生は長い。


ドナルド・トランプ

自分の成し遂げたことをたいしたことではないととらえ、次への意欲をかき立てるのが功を奏する場合もある。「たしかによくできたが、これはほんのウォーミングアップだ」と言ってチャレンジし続ける方法である。


椎名武雄

僕が本当にありがたいと思うのは、我が社は顧客の命運を左右しかねないコンピューターの仕事をやらせてもらっているということです。だから、必然的にお客様の本気というか、真剣みが伝わってくる。第一線の営業マンが感じた事の重大さ、それが本社にも伝わり、研究所にも伝わっていく。


越智啓太

高学歴の人や社会的な地位が高い人はあまり犯罪を起こしませんが、それは、犯罪を犯すことで失うものが大きいからです。これを逆に考えれば、失うものが少ない人ほど犯罪を犯しやすいということになります。


野村修也

SNSでの炎上対策は、社会とどう向き合うかを真剣に考えること。たとえば、ユーザーに対して十分な情報を開示しているか。安心・安全に対して、自分たちはどう考え、どう行動しているかといった情報を、CMやWebなどを通して常日頃から発信すべき。