名言DB

9425 人 / 110833 名言

宮田亮平の名言

twitter Facebook はてブ

宮田亮平のプロフィール

宮田亮平、みやた・りょうへい。日本の金属工芸家。東京藝術大学学長。新潟県出身。東京藝術大学美術学部工芸科卒業、東京藝術大学大学院美術研究科工芸専攻修了。東京藝術大学美術学部で非常勤講師、助手、講師、教授、部長、理事、副学長などを務めたのち学長に就任。二紀展彫刻部奨励賞などをはじめ、国内外の多くの賞を受賞した。

宮田亮平の名言 一覧

芸術は創る側も鑑賞する側も「こうすべき」という正解はありません。だからこそ深く味わえるのです。


人は食べるためだけに生きられるわけではありません。喜びを知ることが究極の目的でしょう。だからそれが一流企業に入ることで得られると思えば就職すればいいし、芸術をまっとうすることで得られるなら芸術家を目指せばいいのです。もっともその喜びも、人生の中のほんの一部でしょう。あとは背負うばかりです。しかし、背負うと思うか、背負わされていると思うかその違いはとてつもなく大きいと思います。


芸術はときめきです。僕だっていつも不安だし、この先自分がどうなるかなんてわかりません。しかし、初めからゴールのわかっているものなんて、仕事にせよ何にせよ面白くないでしょう?サバイバルの中にアンビリーバブルなことがあるからこそ、ときめきがあるし夢中になって前へ前へと走ります。そして時々立ち止まり、葛藤する。いいじゃないですか。


人生は迷いも不安も葛藤も必ずついてくるものです。背負うものが増えるたびに、ピュアだった自分に異質な要素が混じって濁っていくような気がするかもしれません。だけど怖がらなくていいんです。水が濁ると先が見えにくくなるけど、だからこそしっかりと見ようと目を凝らすじゃないですか。そうやって葛藤に立ち向かい、濁りも臆せず取り組んで、新しい色の自分をつくっていけばいいのです。


僕には双子の娘がいますが、2人とも美術大学を卒業して、ひとりはデザイナーとして一流企業といわれる企業に就職し、もうひとりは僕と同じ金工作家になりました。進路について僕からは何も言っていません。自分の生き方だってわからないのに、人の生き方を四の五の言うことはできません。もっとも娘から相談があったときは、自分の体験を踏まえながらあれこれ話しました。


うちの場合は、たまたま僕と子供の職業に共通点がありましたが、そうでない家庭でも、仕事に対する志について親子で話し合うことは大切なことです。説教にならないように、その子が興味を持つように工夫して話す。どんな仕事をしているお父さんでもそれを志した理由の中には、子供が前に進むための具体的なヒントがあるはずです。自分で歩んできた道、そしてそれを選択した思いを語ってやればいいのです。


もちろん芸術で自活できるかという問題は残るかもしれません。本学でも、オルガン一筋で頑張ってきた学生が、このままでいいのかと不安を訴えてきたことがあります。将来を考えたときに、音楽家を職業にすることに現実味が持てなかったのでしょう。しかし、ひとつの目的に向かって死に物狂いで努力して道を極めた子なら、たとえ他の道に方向転換しても、それを基礎力にして踏んばれるものなんです。


一流企業に就職すれば不安はなくなるかといえば、そんなことはありません。生きている限り90%は不安です。生活の安定のために芸術を諦めて就職した子は、自分に嘘をつき続けることになります。それこそ何よりも不安な毎日に違いありません。


子供が芸術家になりたいと言い出したら、答えは決まっています。そりゃ、やってみろと言います。それしかないでしょう。そもそも芸術家は特別な存在ではありません。恋をすれば人は誰でも詩人になります。生きとし生ける者は誰もが芸術家なんです。それを生業にするかしないかの違いだけです。


宮田亮平の経歴・略歴

宮田亮平、みやた・りょうへい。日本の金属工芸家。東京藝術大学学長。新潟県出身。東京藝術大学美術学部工芸科卒業、東京藝術大学大学院美術研究科工芸専攻修了。東京藝術大学美術学部で非常勤講師、助手、講師、教授、部長、理事、副学長などを務めたのち学長に就任。二紀展彫刻部奨励賞などをはじめ、国内外の多くの賞を受賞した。

他の記事も読んでみる

北方謙三

生きる喜びっていうのは、自分の楽しみと仕事をどうリンクさせるか、そのことにつきるんじゃないですか? そのどちらか一方が欠けても、充実した人生は送れないと思う。


エバ・チェン(経営者)

安全に対する欲求も、人類の本能的なものです。だからこそセキュリティ企業は、安心したいという顧客の気持ちに寄り添うことが大事。


佐藤安弘

工場の閉鎖はできればやらないに越したことはない。とはいえ、ライバルと比べて製造原価で負けている問題は、現場の努力や5%10%の経費削減だけでは解決しないのです。


鎌田浩毅

文章を書くときにも、仮説と検証のプロセスは必須です。科学者は短い論文を書くとき、実験より先に論文を書いて、あとから実験結果を付け加えます。期待通りの実験結果を得られれば、そのまま論文として提出できるし、実験結果と整合性が取れなければ論文を修正します。いずれにしてもデータを揃えてから考察を始めるより早く論文が完成します。


井上高志

ミドルマネジメント層がやってしまいがちなことですが、「これ、やっといて」と急に指示されたら、部下だって「この忙しいときに急に仕事を振られても困りますよ」と言い返したくなるでしょう。その際に、「いいからやれ」「上から言ってきたことだ」としか返せなかったとしたら最悪です。それではただの伝書鳩です。管理職がいる必要はないですね。


原孝(組織戦略コンサルタント)

論理と感情をひとつの方向性で束ねなければ、経済活動は短期間での失速を招き、社会貢献活動も地域に根付かない独りよがりの活動を招いてしまいます。


髙村正人(高村正人)

仕事の上で、あまり自分自身を精神的に追い込むことつもりもないのですが、常に自制し、己に勝つことができるように、ストイックに仕事をしていきたい。


佐伯泰英

この作品(『居眠り磐音 江戸双紙』シリーズ)を50巻で完結させようと意識し始めたのは7年くらい前。累計700万部をこえたあたりです。それまでも、「50巻完結」とは言っていましたが、それは自分自身を鼓舞するためで、実際にそこまでいくとは想定していなかったんです。ここまで一緒に歩いてきてくださった読者のみなさんのためでもあるし、この先も50巻までなら一緒に歩いていけるかもしれない、と考えられるようになっていました。


山中俊治

機能面と美しさのどちらをも満足できるものを作るのが、デザイナーの本来の仕事。


髙橋ツトム(高橋ツトム)

思わぬことが起こると面白いんですよ。「え、こんな風になるんだ」みたいな、自分で驚けるっていうね。不確かなところを生んで、それも楽しんじゃう。そうしなかったら飽きるで。