名言DB

9,524 人 / 112,423 名言

宮治勇輔の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

宮治勇輔のプロフィール

宮治勇輔、みやじ・ゆうすけ。日本の社会起業家。「(株)みやじ豚」社長、「NPO法人農家のこせがれネットワーク」代表理事。神奈川県出身。慶應義塾大学総合政策学部卒業後、パソナを経て、実家の養豚場に戻り「(株)みやじ豚」を設立。その後、「農家のこせがれネットワーク」を設立し、就農支援に尽力。著書に『湘南の風に吹かれて豚を売る』。

宮治勇輔の名言 一覧

農業変革の最速の方法は都心で働く農家の小せがれが実家に戻って農業を始めること。農家の小せがれには、土地もあり、指導者もいる。近所の人も自分のことを知っているなど、すぐに始められる条件がすべて揃っている。そこに、これまでのビジネススキルを融合させれば農家の変革は可能。


宮治勇輔の経歴・略歴

宮治勇輔、みやじ・ゆうすけ。日本の社会起業家。「(株)みやじ豚」社長、「NPO法人農家のこせがれネットワーク」代表理事。神奈川県出身。慶應義塾大学総合政策学部卒業後、パソナを経て、実家の養豚場に戻り「(株)みやじ豚」を設立。その後、「農家のこせがれネットワーク」を設立し、就農支援に尽力。著書に『湘南の風に吹かれて豚を売る』。

他の記事も読んでみる

茂木友三郎

経済全体で新陳代謝を高めることが重要。生産性の低い企業に市場から退出してもらい、生産性の高い企業が新たに市場に加わることで全体の生産性が高まる。その際、職を失った人に対しては訓練などをして、再び生産性の高い企業に戻ることができるような労働市場をつくることも必要。


出口汪

記憶力は本来、頭の良し悪しとは関係のないもの。覚えられる人とそうでない人は何が違うのか。それは、記憶するための「方法」。方法を間違わなければ、誰でもきちんと知識を蓄積できる。


菊間千乃

私はいつも、「良いときは長くは続かない」と考えています。


谷川花子

仏壇用ローソクが電気で代用されることもあり、絶対数で見れば徐々に減りつつあります。歳を重ねれば急にローソクを使いたくなるわけではありません。なぜ、昔から供養にローソクをともしてきたのかという部分をきちんと広げていくことが、ローソクメーカーである我々の役割だと思っています。昔からの儀礼的なものをすべて捨て去るのではなく、良い物はもう一度見直しましょう、と。


関家一馬

社長が一度言ったからといって全員が理解するわけではない。今でも年間70回以上は様々な拠点を回って、現場と話し込んでいる。


飯島延浩

ビジネスの仕組みは、キリスト教文化から切り離せません。だから、神の教えに忠実に経営をすればよい結果が得られます。


大崎洋(大﨑洋)

自分の力で根を伸ばして、自分の力で水を吸って、自分のハッパで光合成をして、自分の力で害虫と戦う。そういう農作物の方が強いし、美味しい。野菜がそうであるならば、人間も同じではないかと。


道脇裕

ちょっと語弊があるかもしれませんが、やはり、アイデアを言っているだけでは大した価値がない。実社会に還元されませんから。


金子英樹(経営者)

重要なのは考え方を身につけることです。プログラミングそのものは、誰でもやればできます。
【覚書き|アーサーアンダーセンのコンサルティング部門(のちのアクセンチュア)でシステム設計を学び始めたころを振り返っての発言】


桑原祐

ロジカルシンキングというと、数学の問題を解くように、論理的に正解を導く思考プロセスをイメージする方も多いかもしれません。しかし、問題が既に書かれている数学の試験とは違って、ビジネスではまず問題を定義することが必要です。問題が間違っていれば、そこからどんな答えを導いても、正しい判断には至りません。


松尾昭仁

意見が通らなかったとしても感情的になってはいけない。相手も対立感情を持ったら、もう終わり。通る案件も通らなくなります。結局損するのは自分です。


吉田浩一郎

現代は、個人の力を最大化することが重要な時代。サービスでも、経営でも、個人にフォーカスを当て、その力を最大化する経営スタイルを築いていきたい。