名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

宮本洋一の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

宮本洋一のプロフィール

宮本洋一、みやもと・よういち。日本の経営者。「清水建設」社長・会長。静岡県生まれ、東京育ち。東京大学工学部建築学科卒業後、清水建設に入社。建築本部長、耐震営業推進室長、名古屋支店副支店長、首都圏事業本部東京支店副支店長、北陸支店長、九州支店長、常務、専務などを経て社長に就任。

宮本洋一の名言 一覧

積極的に自然と向き合うことが重要なんです。台風だって、「あっちに行け」と言っても、そうなりませんから。ならば、こちらが自然に入っていく。


「住んでいる人を中心に考える」。建築学科の学生だった時代からの思いであり、入社後も一貫して、この考え方を現場で唱え続けています。


自然の中に入って、はじめて見えるものがある。群馬の川場村で、林業を手がけています。我々は多くの木材を使う。そこで、村と一緒になって木を製材し、バイオマス発電にも取り組んでいます。また、北海道ではイチゴ栽培に乗り出しました。定款にも、農業や林業、水産業を追加しています。


設計者はシャープな線を出したがる。だから、手すりや室内設備がとがってしまい、子供がぶつかったらケガをしかねないんですね。僕は現場を歩きながら、よく文句を言っていました。「アート(芸術)とアーキテクト(建築)は違う」と。アートは自由に線を引けばいいが、アーキテクトは「困ったな」「使いにくいな」ということがないように造る。そこで過ごす人々のことを考え抜かなければならないわけです。


ある視覚障害の方から、思いがけない言葉を聞きました。「点字ブロックがあると、歩きづらいと思いませんか」。驚いた私は、思わず聞き返しました。「でも、あれがないと、みなさんお困りでしょう」。すると、こう切り返されたのです。「キャリーバッグを引いていると、あんなに邪魔なものはありませんよ」。こちらの思い込みだったわけです。すぐに社内で話し合いました。「デコボコにせず、誘導できる方法はないのか」。そして、建築物に発信器を埋め込んだ音声ナビゲーションシステムを開発しました。


原点は小学生時代かもしれません。父の転勤で東京から岐阜に移り住み、自然にまみれて過ごしました。そこに伊勢湾台風が襲来します。飛んできた瓦で雨戸が吹き飛びます。しかし、風が抜けて家屋の崩壊を免れました。東大の建築学科に進み、卒論のテーマは「建築物の安全に関する研究」。階段で転ぶと、「不注意だ」と言われます。しかし、建物の方に原因があるんじゃないか。滑りやすい材質ではないか、階段の幅と高さは適切か……。そのように考え、調査と研究を重ねました。人や自然といった「周り」にできるだけ影響を与えない方がいいんです。だから、相手の視点で考える。そうすれば、必ず本業を磨き上げてくれると信じています。


かつて、ゼネコンは騒音やゴミ、事故など周囲への悪影響が多く、それをどう抑えるか頭を悩ませました。造ることに必死だった時代のことです。しかし、右肩上がりの経済が終わった社会では、今ある家屋やビルをいかに使い続けるのか、どうメンテナンスするのか、そんな「継続性」が問われます。


最近は、自然災害に見舞われた住宅のニュースをよく聞きます。そこは、開発前に調べ抜いたのか。もちろん、完璧にリスクを防ぐことはできません。しかし、ハードをしっかり造り、ソフト面でも対応することで、建築と自然を共生させなければなりません。


宮本洋一の経歴・略歴

宮本洋一、みやもと・よういち。日本の経営者。「清水建設」社長・会長。静岡県生まれ、東京育ち。東京大学工学部建築学科卒業後、清水建設に入社。建築本部長、耐震営業推進室長、名古屋支店副支店長、首都圏事業本部東京支店副支店長、北陸支店長、九州支店長、常務、専務などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

野志克仁

まちづくりをする上で重要なことは、自分たちのまちの特長を的確に捉えて、政策を打つこと。


原田武夫

本当にずる賢い人は、ずる賢く見えないもの。ずるいと思われたら、その時点で負けです。


奥野宣之

ほとんどの仕事は、多くの部分が繰り返しであり、マニュアル化できると私は考えています。よく、「この仕事は特別だから、マニュアル化できない」という声を耳にすることがありますが、もし会社の仕事がマニュアル化できないものばかりなら、ほかの人に引き継ぐことは難しく、多くの会社は存続できないはずです。でも、実際はそんなことありませんよね。


山口貞一郎

急な成長は本当にその企業のためになるのでしょうか。実は、松翁軒は祖父の時代に勢いに乗って商売を急拡大させた結果、手痛いしっぺ返しを食らった経験があります。ほぼ倒産状態に追い込まれました。


ビル・ゲイツ

1日の時間が足りないので、一度にふたつのことをやってみたくなる。いまはエアロバイクで運動しながら新聞を読むという芸を極めているところだ。マルチタスク(複数のことを同時に行うこと)としては、非常に実用的だと思うよ。


高橋恭介(経営者)

「成果と給与の不釣り合い」が主要な退職理由になっていることにもっと目を向けるべき。適正な評価制度により、優秀な社員が会社に残ってくれれば、採用コストも削減できる。


宇野康秀

当社は完全に独立系の会社なので、いろんな会社とアライアンスが組めるスタンスであり、この柔軟性を戦略の中心に置いています。


板東英二

小さいころから人様の食べ物を盗ってでも生き残ってきましたから、食べ物があるだけで幸せ。爆弾が飛んでこないだけで幸せですわ。だから、どんな仕事でも喜んでやりました。そうして30代を過ごしたところ、東京からもオファーがたくさんきて、いろいろな番組に出演できるようになったんです。
【覚書き|戦中・戦後の貧しかった少年時代を振り返っての発言】


栗木契

マーケティング・インテリジェンス活動の高度化には、理論が欠かせない。理論に通じていれば、市場情報を表面的に眺めるだけでは見逃しやすい関係をつかむことができる。


秋好陽介

最初から、儲からないことを前提にビジネスを考えていました。業務の大部分を賄えるシステムを作り、自動化できる業務は徹底的に自動化したので、少人数で運営すれば利益率が低くても持ちこたえられます。私たちがそんな土壌を作った後から、大手企業が資金力を武器に攻勢をかけてきても、なかなか元は取れません。


矢野博丈

ダイソーをご利用下さるお客さんも、買い物のスタイルがずいぶんと変わってきました。以前は、いろいろな商品の中から、宝探しをするように気に入る商品をじっくり選ぶお客さんが多かった。つまり、買い物そのものを楽しむという感覚が強かったと思います。しかしいまは、最初から欲しいものが明確で、それを買ってすぐお店を出たいというお客さんが増えてきました。コンビニと同じような使われ方をするようになってきたんです。


加藤廣

40代で自分に投資すれば、50代でお金が自然に貯まっていく。若いときにケチったり、お金をムダなことに使っているから、50代でお金に苦労する。