宮本慎也の名言

宮本慎也のプロフィール

宮本慎也、みやもと・しんや。日本のプロ野球選手(内野手)、野球解説者、コーチ。大阪出身。小学3年で野球を開始。PL学園在学中に甲子園出場。同志社大学硬式野球部、社会人野球のプリンスホテル硬式野球部を経てヤクルトスワローズに入団。アテネ五輪、北京五輪で野球日本代表キャプテンを務めた。引退後は野球評論家、解説者、日本野球機構調査委員、日本代表チームコーチなどを務めた。

宮本慎也の名言 一覧

トライしてみようとする素直な子は必ず伸びる。


引退後、講演活動を精力的に行っています。これは野村(克也)監督の教えです。「監督になるための準備として講演をやったほうがいい。講演をやることで、これまでやってきた経験が文章化され、整理できる。どんな貴重な経験も、それを伝える能力がなければダメなんだ」と。


最近の若い世代は、何か教えても「自分はこう思います」と主張してくることが多い。そこで、彼らの意見をいったん尊重し、失敗したら「今度は、私のやり方でやってみないか」と段階を踏んで助言しています。


アテネ五輪予選の祝勝会のとき、私はチームの全員に手紙を渡しました。現地解散で、みんなに感謝の言葉を伝える機会がなかったのです。全員に「ありがとう」と書いて、それぞれの部屋に忍ばせました。実は昨年、引退したときに高橋由伸選手から「あのときの手紙をずっと保管しています」と言われて……。もっと丁寧に書けばよかったと後悔しましたが、気持ちが伝わったのは嬉しかったですね。


野村(克也)監督には随分叱られたので、ある日父に愚痴を言ったことがあります。すると、父が手紙をくれたのです。「自分は好きではない仕事を、家族を養うために続けてきた。おまえは好きなことをやって金を稼いで幸せなはず。プロとして一生懸命にやれ」と書いてありました。ありがたかったですね。改めて父に感謝しました。


「ダメだったら変えてみる」のは、簡単そうに見えてとても勇気が要ることです。みんな、自分のスタイルにこだわりがあるから。私の場合は変化する勇気を持てたことで、プロで19年間やれたのだと思います。


社会人時代に経験した、都市対抗予選の緊張感は半端なものではありませんでした。2年目の東京都予選で敗れ、11年連続出場が途切れてしまい、冷たい視線を浴びながら、皿洗いをしたことが忘れられません。でも、そんなつらい経験がプロになっても生きたし、社会人野球を経験できて本当に良かったと思っています。


PL学園時代、中村(順司)監督の「球道即人生」の教えは、野球の練習以上に厳しくて、先輩の身の回りの世話や掃除などを徹底して教えられました。でも、そんな繊細さを身につけることが、野球の技術向上にもつながったと思います。


PL学園時代に、中村(順司)監督から「球道即人道」という言葉を教えられました。人間を高めることが、野球道を極めることにもつながるという意味です。私はこの言葉を色紙にも必ず書いています。


現役時代、野村(克也)監督がミーティングで話した内容はすべてノートに書き込みました。技術論は後の方に出てきます。それよりもプロの世界で生きていく上では記憶力や観察力や洞察力が必要だとか、言ってみれば成功のための条件です。「予防は治療に勝る」とも書いていますね。プロの場合、ケガをすると一生を台無しにすることだってある。そうならないための準備や工夫についての論考です。「人と同じことをやっていては人並みにしかなれない」とも。


宮本慎也の経歴・略歴

宮本慎也、みやもと・しんや。日本のプロ野球選手(内野手)、野球解説者、コーチ。大阪出身。小学3年で野球を開始。PL学園在学中に甲子園出場。同志社大学硬式野球部、社会人野球のプリンスホテル硬式野球部を経てヤクルトスワローズに入団。アテネ五輪、北京五輪で野球日本代表キャプテンを務めた。引退後は野球評論家、解説者、日本野球機構調査委員、日本代表チームコーチなどを務めた。

他の記事も読んでみる

照屋華子

優れたビジネス文書を書くうえでまず重要なことは、語彙量でも感性でもなく、何について書くのかというテーマと、読み手にどんな反応をしてほしいのかということが明確になっていることです。


高岡浩三

良いと思うアイデアがあれば、まずはやってみる。成功すれば、それが勝つ方法なのだとわかる。失敗したら、「なぜダメだったのか」を考え、また別のアイデアを実行する。百万の言葉を尽くすより、まずはやってみることだ。


藤沼彰久

全体で協力し合って最終的に成功を収めるためには、100点を取ろうとしたらいけません。システムの場合、仕様と価格、納期で60点を重ね合わせたときに一番いいものになるんです。


湯川れい子

スーパースターだって一人の人間であることに変わりはありません。流す涙は同じ色ですし、別れのつらさにもだえることもあります。普段は他人に決して見せない姿を垣間見せたり、悩みを打ち明け合ったりした時に、初めて心の「ひも」が解けるんでしょうね。


澤田秀雄

能力というのは、やる気があって努力を続けていれば、必ず上がってきます。一方、物の見方や考え方は容易に変わりません。だから私たちに近い見方や考え方をする、価値観が同じ人たちを採用するようにしています。また、いい仕事をするには健康も大切な要素ですから、元気な人を採用します。


鈴木敏文

私が日々、売上げデータなどをこまめにチェックするのは、数字の向こうに顧客の心理を読む目的もあります。


マーチ菊本

通常、大切なものや活かしたい能力は複数ある。大切なのは、その優先順位を知ること。そこから自分軸が見えてくる。


キケロ

時間が和らげてくれない悲しみなど存在しない。


棚橋弘至

焦ってはダメ。昔、ある先輩から「閑に耐える」という言葉を教えてもらいました。レスラーにケガはつきもので、どうしてもしばらく試合に出られないことがあります。そのときに焦ってオーバーワークをすると、治りが遅くなるおそれがあります。だから焦らずに、活躍できるときが来るのを辛抱強く待て、というわけです。


佐伯信行

物事の本質を理解せず、自社の利を先に出してしまうのはいけません。利他の精神を大切にと話していますが、お客様の利を一番に考え、我々が先にやってみる。やってほしいのなら先にやるんです。


浦沢直樹

『MONSTER』のときに医学生が使うような資料写真とかいっぱい使ったんですが、最初は「うわ、きついな」と思っていたけど、不思議なことにじーっと見ちゃうと平気になる。「ちらっ」と見えたものってすごい恐怖として残る。恐怖を克服するには一回じっと見ることなんだよね。恐怖というものは「ちらっ」と見えたもんだ。


福島祥郎

要所要所にセキュリティ要員を配置し、100名のCS担当者が問題に即座に対応できる体制を整えています。ただ、従業員の対応でトラブルは未然に防ぐことができる。そのためにキャストから積極的に声をかけていくようにしているんです。


森英恵

コンピューターを使うのは必要ですが、使われてはいけません。


柳楽幸雄

顧客のニーズを把握するだけでは不十分。顧客の想像を上回り、「実はこれがほしかった」と言わせるような製品を作らなければ成長はない。


岩渕拓也

私も以前はかなりのハードワーカーでした。でも人って、時間の管理をされなくなると逆に規則正しくなるんだと分かったんです。体の生理的リズムから、自然に一日の流れができるんですね。朝、目が覚めます、お腹が空きます、夜眠くなります……、全て自分のリズムによって規定化されてくるということを実体験しました。そこに逆らうことがオーバーワークということになります。


ページの先頭へ