宮本慎也の名言

宮本慎也のプロフィール

宮本慎也、みやもと・しんや。日本のプロ野球選手(内野手)、野球解説者、コーチ。大阪出身。小学3年で野球を開始。PL学園在学中に甲子園出場。同志社大学硬式野球部、社会人野球のプリンスホテル硬式野球部を経てヤクルトスワローズに入団。アテネ五輪、北京五輪で野球日本代表キャプテンを務めた。引退後は野球評論家、解説者、日本野球機構調査委員、日本代表チームコーチなどを務めた。

宮本慎也の名言 一覧

1 / 11

トライしてみようとする素直な子は必ず伸びる。

宮本慎也の名言|トライしてみようとする素直な子は必ず伸びる。


引退後、講演活動を精力的に行っています。これは野村(克也)監督の教えです。「監督になるための準備として講演をやったほうがいい。講演をやることで、これまでやってきた経験が文章化され、整理できる。どんな貴重な経験も、それを伝える能力がなければダメなんだ」と。

宮本慎也の名言|講演活動の利点


最近の若い世代は、何か教えても「自分はこう思います」と主張してくることが多い。そこで、彼らの意見をいったん尊重し、失敗したら「今度は、私のやり方でやってみないか」と段階を踏んで助言しています。

宮本慎也の名言|若手には段階を踏んで助言する


野村(克也)監督には随分叱られたので、ある日父に愚痴を言ったことがあります。すると、父が手紙をくれたのです。「自分は好きではない仕事を、家族を養うために続けてきた。おまえは好きなことをやって金を稼いで幸せなはず。プロとして一生懸命にやれ」と書いてありました。ありがたかったですね。改めて父に感謝しました。

宮本慎也の名言|ありがたかった父からの手紙


「ダメだったら変えてみる」のは、簡単そうに見えてとても勇気が要ることです。みんな、自分のスタイルにこだわりがあるから。私の場合は変化する勇気を持てたことで、プロで19年間やれたのだと思います。

宮本慎也の名言|プロで19年現役を続けられた理由


社会人時代に経験した、都市対抗予選の緊張感は半端なものではありませんでした。2年目の東京都予選で敗れ、11年連続出場が途切れてしまい、冷たい視線を浴びながら、皿洗いをしたことが忘れられません。でも、そんなつらい経験がプロになっても生きたし、社会人野球を経験できて本当に良かったと思っています。

宮本慎也の名言|つらい経験がのちに生きる


PL学園時代、中村(順司)監督の「球道即人生」の教えは、野球の練習以上に厳しくて、先輩の身の回りの世話や掃除などを徹底して教えられました。でも、そんな繊細さを身につけることが、野球の技術向上にもつながったと思います。

宮本慎也の名言|繊細さを身につけることが、野球の技術向上にもつながった



アテネ五輪予選の祝勝会のとき、私はチームの全員に手紙を渡しました。現地解散で、みんなに感謝の言葉を伝える機会がなかったのです。全員に「ありがとう」と書いて、それぞれの部屋に忍ばせました。実は昨年、引退したときに高橋由伸選手から「あのときの手紙をずっと保管しています」と言われて……。もっと丁寧に書けばよかったと後悔しましたが、気持ちが伝わったのは嬉しかったですね。

宮本慎也の名言|感謝を手紙で伝える


PL学園時代に、中村(順司)監督から「球道即人道」という言葉を教えられました。人間を高めることが、野球道を極めることにもつながるという意味です。私はこの言葉を色紙にも必ず書いています。

宮本慎也の名言|高校時代の恩師の教え


現役時代、野村(克也)監督がミーティングで話した内容はすべてノートに書き込みました。技術論は後の方に出てきます。それよりもプロの世界で生きていく上では記憶力や観察力や洞察力が必要だとか、言ってみれば成功のための条件です。「予防は治療に勝る」とも書いていますね。プロの場合、ケガをすると一生を台無しにすることだってある。そうならないための準備や工夫についての論考です。「人と同じことをやっていては人並みにしかなれない」とも。

宮本慎也の名言|野村監督に学んだこと


宮本慎也の経歴・略歴

宮本慎也、みやもと・しんや。日本のプロ野球選手(内野手)、野球解説者、コーチ。大阪出身。小学3年で野球を開始。PL学園在学中に甲子園出場。同志社大学硬式野球部、社会人野球のプリンスホテル硬式野球部を経てヤクルトスワローズに入団。アテネ五輪、北京五輪で野球日本代表キャプテンを務めた。引退後は野球評論家、解説者、日本野球機構調査委員、日本代表チームコーチなどを務めた。


1 / 11

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ