名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

宮本弘之(経営コンサルタント)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

宮本弘之(経営コンサルタント)のプロフィール

宮本弘之、みやもと・ひろゆき。日本の経営コンサルタント。東京工業大学大学院理工学研究科修了後、野村総合研究所に入社。金融コンサルティング部長、上席コンサルタントなどを務めた。主に、銀行、証券会社、生命保険会社、損害保険会社の経営コンサルティング業務を行った。

宮本弘之(経営コンサルタント)の名言 一覧

富裕層にとって日本は住みにくい面もあります。所得税や相続税が高いということもありますが、加えて目立つことに対する息苦しさを感じている人が多い。海外生活に関心が高いのは、そういう事情があるからでしょう。


いまは親の代からの事業家でなくても、企業を興して大きく伸ばす人が増えています。私たちは「突然の金持ち」と呼んでいますが、こういう人たちが悩むのは超富裕層ならではの人間関係です。会社の取引業者を含めて、人的ネットワークが以前と比べて大きく広がるからです。一方、代々のお金持ちや経営者であれば、周囲の人たちとどう付き合っていけばいいかを幼少のころから訓練されています。いわゆる家柄のいい家に育った人が有利なのは、金融資産や実物資産とともに、こうした人的資産を引き継ぐからです。


宮本弘之(経営コンサルタント)の経歴・略歴

宮本弘之、みやもと・ひろゆき。日本の経営コンサルタント。東京工業大学大学院理工学研究科修了後、野村総合研究所に入社。金融コンサルティング部長、上席コンサルタントなどを務めた。主に、銀行、証券会社、生命保険会社、損害保険会社の経営コンサルティング業務を行った。

他の記事も読んでみる

村上龍

人間が変わる要因となるのは、趣味でもスポーツでもなく、困難な仕事をやり遂げるとか、運命的な他人と出会うとか、そんな場合だけです。ただ、変わるといっても、別の人格になることはできないので、正確に言えば「自分が変わる」というより「周囲・環境」が変化し、それによって自分の中で新しい何かが生まれるのを感じるといったニュアンスです。自分を変えるのではなく、仕事や人間関係において、外部を変えることを考えてみたらどうでしょう。


高田明(ジャパネットたかた)

やり続けた努力は100%無駄にならない。


小林一雅(小林製薬)

「本業とのシナジー(相乗効果)があるか」。買収の際によく聞く言葉です。もちろん、本業との相乗効果が大事です。ただ、それだけをモノサシにして買収相手を決めてはいけません。事業や企業を売る、買う。その目的は、売上や利益を単純に足すのでは意味がありません。強みを生かして事業を磨き、どれだけ成長させていけるかが醍醐味です。そのためには、トップが会社の未来を長い視点で見て針路を決める覚悟が必要不可欠です。


森澤篤

あらゆる創造には出発点がある。その出発点は、たとえば子供が夏休みの自由研究で求められる創意工夫のレベルでいい。発明コンクールに出品するとなると、すごいアイデアを出そうと構えてしまうが、母親が困っていることを素直に聞くと、意外と良いアイデアが出ることは多い。大事なのは、そういうプロセスを継続していくことである。大きなブレイクスルーは、ほとんどの場合、小さな創意工夫の積み重ねの先にある。


山下泰裕

時間管理のポイントは「逆算」ですね。選手時代ならば、大事な大会に向けた準備を、まず手帳に書く。今なら、大事なプロジェクトの締め切りやプレゼンの日から逆算する。


楠本修二郎

景気のいい時なら、期間限定のイベント的な出店を繰り返すのもいいと思います。しかし、人口が減っていく社会でそれをやるとやがて先細り、何十年も続く会社にはなれないかもしれない。長く事業を続けるために、手間を惜しまず丁寧に作っています。


山城徹也

営業成績のいい人材ほど、周囲に対する気配りが行き届いている。


三原淳雄

日常生活で得た情報を見つめなおすと、投資に役立つということがあります。たとえば、自分が転職したい会社を探せばいいんです。転職先となると目先の給料のよさではなく会社の将来性が気になるはず。事業内容や経営者の人柄にだってこだわって探すのではないでしょうか。そこで本当に転職したい会社が見つかったら、それこそが投資対象にふさわしい銘柄です。


葛西紀明

小3でジャンプを始めた時、初めて登ったジャンプ台の高さに怖さを感じました。でも、「どのくらい飛べるのかな?」とワクワクもした。結局、その気持ちは今も変わらず、「どのくらいいけるかな?」と心が躍ってしまう。誰よりも遠くにきれいに飛び、飛距離を出すことに快感を覚えています。


小沢和典

どこに情熱を注ぐかが重要。開発系ベンチャーは情熱の全てを製品開発に注ぐべき!


若生正廣

手術が成功しましたが杖をついて歩く姿を人に見られるのは最初、あまり良い気分ではありませんでした。しかし、そうした考えはすぐに変わりました。「球場やテレビで見た私の姿に励まされている」などと、同じような不自由を抱える同世代の方から声をかけられるようになったからです。思いもよらず、私の姿が他人を勇気づけている。人の役に少しでも立っているのなら、もっと頑張らないといけないと思ったのです。


森田隼人(シャボン玉石けん)

いまだに先代(森田光徳・二代目社長)の生き様に共感して買っていただけるファンの方も多くいらっしゃいますし、それは当社にとっての貴重な財産です。