名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

宮本剛宏の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

宮本剛宏のプロフィール

宮本剛宏、みやもと・たけひろ。日本の経営者。ITと介護の「ケアリッツ&パートナーズ」社長。東京出身。慶應義塾大学環境情報学部卒業後、日清紡、ITコンサルティング会社などを経てケアリッツ&パートナーズを設立。ITを活用した介護事業を行った。

宮本剛宏の名言 一覧

当日の仕事の処理の順番や実施方法を決めるのが一番重要な朝の習慣です。


宮本剛宏の経歴・略歴

宮本剛宏、みやもと・たけひろ。日本の経営者。ITと介護の「ケアリッツ&パートナーズ」社長。東京出身。慶應義塾大学環境情報学部卒業後、日清紡、ITコンサルティング会社などを経てケアリッツ&パートナーズを設立。ITを活用した介護事業を行った。

他の記事も読んでみる

鍵山秀三郎

終戦後、私たちはいろいろなことを望みました。ご飯をお腹一杯食べたい、一日一個の卵を食べたい、毎日牛乳を一本飲みたいとか。あの当時望んだもので、叶えられなかったものは何もない。望んだものはすべて手に入った。しかし、豊かさを手に入れる一方で、私たちは人に対する思いやり、公徳心といったものを失ってきてしまいました。比重としては失ったものの方が重かったかもしれないですね。豊かさを手に入れたのだから、もう一方の暖かな心を失わなければ、私たちは本当の幸せを手に入れることができたわけです。


千早茜

基本的に私は、マイノリティのために文章を書きたいと思っているんです。今、苦しい思いをしている人、過去にいたであろう迫害された人、人と違っていることに息苦しさを覚える人……そんな人々に光を当てたい。


鳥羽博道

一杯のおいしいコーヒーは私の仕事に対する取り組み方を大きく変えた。それまではただ漠然とコーヒーをいれていたように思う。だが、それからというもの、毎日コーヒーをいれるのが楽しくてしょうがなかった。昨日よりも今日のコーヒーの方が味がまろやかだとか、どうしたらもっとおいしいコーヒーがいれられるようになるかとか、コーヒーの味に私はすっかり魅了されてしまった。生きていかなければという思いからたまたま飛び込んだ喫茶業界。その世界で働くことに少しずつやりがいを感じ始めていたのである。
【覚書き|上京し、レストランのバーテンダーとして働き始めたときを振り返って】


茂木克己

私が「任せて任さず、和して同せず」を座右の銘にしているのは、会社というものが決して個人の力で動くものではなく、いろいろな人間がそれぞれの立場で考え、行動することによって成り立っていると信じているからです。社長一人がいくら頑張っても、人間の能力には限界がある。あれもこれもと自分で抱え込んでいたら、かえって組織が円滑に動かなくなる場合も多い。


アイスキュロス

正しき思慮こそ、神の最上の贈り物なり。


竹増貞信

目の前の仕事に真剣に取り組めば、お天道様がその背中を見てくれているもの。


臼井由妃

YESなのかNOなのか、OKなのかNGなのか、人によって解釈のズレが生じるような書き方をすると、その後の仕事に大きな悪影響を及ぼします。推測や感覚に基づく表現でなく、客観的・具体的な事実を書くことを心がけましょう。


佐藤優

いまの時代、上司がまず見極めなければいけないのは、その部下に性格や行動の問題がないかどうか。そのためには発達障害やアスペルガー、自己愛性人格障害など、性格や行動の病理を知っておく。より客観的に部下を見れるだけでなく、対処を誤らないことで、余計なトラブルを避けることができます。


池上彰

かつてマスコミに入るような連中はどこか道を外れたような人間が多かった。浪人や留年は当たり前、学生運動で逮捕歴があるとか。まともな会社に就職できないようなやつらばかりでした。反面、耐性は強かったですよ。でも、テレビも東大卒のエリートがどんどん入ってくるようになってから番組がつまらなくなった。エリートじゃない人ほど、じつは発想力や雑草力という強みがあることを知ってほしい。


石井力重

発想を生み出すためのノートに求められる要件は3つです。

  1. ムダ書きができること。発想にも助走は必要です。そこで、何も考えずに書きだせる構造になっていることが重要になります。
  2. いざアイデアを思いついたら、「自由に駆ける(書ける)」こと。せっかく頭のなかでアイデアが広がっても、どんどん書き進んでいけるノートでなければ、発想はすぐに消えてしまいます。
  3. 要素(単語や短いフレーズ)に切り分けて書くこと。要素に切り分けて書くと、亜流や別バージョンを生みやすくなります。

ジョン・カビラ

僕の仕事は、どちらかといえば尋ねることが多いため、下調べは必要です。基本的に番組で人に話を聞く場合、アポイントメントが取れているのが前提なので、準備さえしていれば、それが誰であれ、緊張することはありません。


川上量生

主流から外れて奇襲で行く。既成概念の裏で勝とうとする。これは高校時代に培われたものなんですよ。普段勉強しなくても、テストでそれなりの点がとれたんです。だから高3の時に「一生懸命勉強したら、すごいことになるはずだ」と半年間、必死で勉強してみました。その結果、偏差値が1も上がらなかった(笑)。「努力って大変なんだ~」と痛感したわけです。正攻法で努力しても、この程度の努力じゃダメだと悟ったんです。以来「競争相手がいない世界で戦おう」と覚悟を決めました。