名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

宮本亜門の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

宮本亜門のプロフィール

宮本亜門、みやもと・あもん。日本の演出家。東京出身。ミュージカルやオペラの演出家として日米で活躍した。『アイ・ガット・マーマン』で演出家デビュー。翌年、文化庁芸術祭賞受賞。『アイ・ガット・マーマン』を米・スタンフォードセンター・リッチフォーラム劇場で上演。ニューヨーク・オン-ブロードウェイにて、ミュージカル『太平洋序曲』 (Pacific Overtures) を東洋人初の演出家として手がける。ミュージカル『Into The Woods』の演出で朝日舞台芸術賞の秋元松代賞を受賞。『太平洋序曲』がトニー賞4部門でノミネート。『TEA: A Mirror of Soul』を米・サンタフェ・オペラで上演。神奈川芸術劇場の芸術監督に就任。

宮本亜門の名言 一覧

ただ指示を出すのではなく、演技者といっしょに悩みながら演出を考えます。演技者も悩んでるんです。だから寄り添うんです。


僕は、自分の劇団も持たず、作品ごとに刺激的なキャストを集めていくスタイル。毎回どんな化学反応が起きるのか、そこがスリリングでたまらないんです。


一作ごとに命がけというか、いつも綱渡りですよ。念願のブロードウェイでのデビューも果たしましたが、まだまだでかい夢があります。


常に新しいことに挑戦したいという気持ちはありますが、オリジナリティそのものを目的にすることはない。


ものづくりと同じで、舞台や演劇もまだまだ進化の途上。100%の完成はあり得ませんから、今できることを精いっぱい楽しみたい。


意識しているのは、観客の皆さんに、まだ知らない世界、覚えのない感覚を少しでも味わってもらいたいということ。


社会だ、世渡りだ、周りの目だ、お金だ……、そんなものに引っ張られると弱くなっちゃいますよね。


ネットを見たりテレビを見たりじゃわからないもの。人間の生の接触、生の言葉、生の息吹、そういうものを伝えたい。


正しい生き方なんてないのだから、固定観念に縛られないで自分という過去をつくっていくことが大事です。それができれば、いつまでも魅力的でいられるのではないでしょうか。


金融危機をはじめとするこの変動期に、これまで持っていた価値観が揺らぐことはあると思います。しかし、自分や家族にとって何が本当に幸せかという芯の部分がしっかりしていれば、嵐が吹いても持ちこたえられるはずです。


あるニューヨーカーが、アジア人の中で国籍をあてるのは難しいが、日本人だけはわかると話してくれました。理由は「日本人は目が死んでいるから」だそうです。妙に納まっている印象を受けるのですぐわかるのだそうです。


同窓会で同級生に会ったとき、一番変化を感じるのは、容姿ではなく目力です。自分の限界を勝手に見つけてしまって諦めはじめると、どこか寂しげな目になってしまいます。苦労して痛々しさを感じさせる人もいますが、苦労したときに、それを乗り越える面白いきっかけが来たのだと思えるかどうかは大切だと思います。


103歳で亡くなった料理研究家の飯田深雪さんに「どんな思いで年を重ねてこられたんですか」と、生前、お尋ねしたことがあります。答えは、「楽しくて年なんか忘れてしまったわよ」でした。僕はその言葉に深く共感しました。年齢を気にするよりも、生き生きと人生を楽しんでいる人の方が魅力的だし、目や言葉に前向きなエネルギーが溢れている。


僕は50歳ですが、年齢は単なる数字にすぎないと思っていて、あまり意識したことはありません。気持ちは常に20代のつもりで、若いころと同じドキドキ感を持ち続けたいと思っています。


どんな作品もそうですが、大切なのはやっぱりその本質。それをしっかり押さえていれば、従来にない表現方法でも、観る人には伝わるものがきっとある。


僕は、もと「引きこもり」だったんです。ほぼ1年間、真っ暗な部屋でレコードばっかり聴いていましたよ。その後、高校3年の新学期から復学をしたんです。最初は、みんなからどんな目で見られるか、不安でたまらなかったんですけど、誰も何とも思ってなかった。それまでの自分は他人にどう見られるかばかり気になっていたけど、「なんだ、僕は僕のままでいいんだ」って。


バンコクに到着した日の夜、レストランで食事を終え、タクシーでホテルへ向かっていたら、細い道をすさまじいスピードで走るんですよ。「おい、大丈夫か?」と思っていたら、横から追い越そうとする暴走車にぶつかった。後部座席に座っていたのに、僕の身体はフロントガラスを頭から突き破って、10メートルほど吹っ飛ばされていました。意識はなく、頭がパックリ割れ、頭部や顔を50針以上縫った、とあとから聞かされ、自分でもよく生きていたなと。それ以来、「自分は縁があって生かされているんだな……」と強烈に感じます。


『アジア三部作』が酷評されたとき、本気で演出の仕事を辞めようと思った。そんな様子を見て事務所の社長が、「1年でもいいから長期の休暇を取ればいい」と言ってくれて。沖縄に飛んだんです。とくに理由もなく。層心理に導かれたのかもしれません。沖縄は原色の自然だけでなく、過去に苦い戦争の歴史もある。市場で野菜や魚を売っているおばあたちは、過去に地上戦で家族を失ったりしているのに、何のてらいもなく毎朝大笑いをしている。そのあまりにも美しい笑顔。救われましたよ。「僕の悩みなんか、まだまだ小さい」と。沖縄で3~4か月過ごしたあと、それまで怖くて遠ざけていたミュージカルのCDをひさしぶりに聴いてみたら、涙が出てきたんです。「ああ、やっぱり僕はこれが好きなんだ。これがやりたいんだ」と。それで、いまもこうやって演出家として生きています(笑)。


宮本亜門の経歴・略歴

宮本亜門、みやもと・あもん。日本の演出家。東京出身。ミュージカルやオペラの演出家として日米で活躍した。『アイ・ガット・マーマン』で演出家デビュー。翌年、文化庁芸術祭賞受賞。『アイ・ガット・マーマン』を米・スタンフォードセンター・リッチフォーラム劇場で上演。ニューヨーク・オン-ブロードウェイにて、ミュージカル『太平洋序曲』 (Pacific Overtures) を東洋人初の演出家として手がける。ミュージカル『Into The Woods』の演出で朝日舞台芸術賞の秋元松代賞を受賞。『太平洋序曲』がトニー賞4部門でノミネート。『TEA: A Mirror of Soul』を米・サンタフェ・オペラで上演。神奈川芸術劇場の芸術監督に就任。

他の記事も読んでみる

高島郁夫

一週間のリズムをつくるうえでも、月曜の朝は大切です。スッキリした気分で週のはじめを迎えるために、週末に激しいスポーツをして体を疲れさせて、日曜の夜は早めに寝てしまうようにしています。仕事の合間にスポーツの時間をとることで、月曜の朝から元気に働くこともできるし、精神的にも自然な「短パン、ビーサン」のスタイルでいられるのではないかと思っています。


森下一喜

本当にやりたい仕事ではなくても、考え方次第で楽しみはいくらでも見つけられる。楽しい人生が送れるかどうかは、その発想の転換ができるかどうかで決まってくると思います。


御立尚資

競争が激しいビジネスでは、教科書的な解決策から外れたことをやらなければ、競争相手には勝てないことが多くなります。勝つためには基本を押さえながらも、あえて人と違うことをやるクリエイティブな発想が必要です。


荒川静香

人生には波があることをスケートから教わりました。それを受け入れた時、過去の成功体験に固執しなくなりました。ですからどんな状況に置かれても、前向きに変化しようと思えるんです。


八ツ井慶子

将来必要な資金を守るためには早くからの準備が重要。加えて、家族全員で話し合うことも大切。


元谷外志雄

リーマン直後に比べると、都心の地価は3倍から5倍になっています。そうなった今でも、当社は土地の手当てを続けています。でも以前買った土地の価格が安いため、平均すれば他社に比べ相当安く仕入れています。これを私は逆なんピン買いと言っています。


坪田信貴

「彼を知り己を知れば百戦あやうからず」。敵を知り尽くし、自分のことも理解すればどんな戦いも勝てる、という戦略の本質を突いた孫子の名言です。この言葉は、語句の「順番」も重要なポイント。まず敵を知り、その後で自分側の対策を考える、という順序が大切なのです。勉強で言うなら、学ぶべきものの全体像や資格試験の傾向、範囲などをまず知る。それから、自分に適した勉強法を選ぶのです。それにより、PDCAを「どう回すか」という最初の方針が決まります。


尾﨑正直(尾崎正直)

付加価値を作り出すのは人材。


村上太一

何事かをやるか否かの基準は「楽しいか」。難題の企画も、実現して皆さんの役に立って喜んでもらえるなら、これは楽しい。ならば、やる。どうしようか迷ったら一度は試す。そこでムダと判断したら、すっぱり削る。すると、楽しい時間だけになります。


田中優子(江戸文化研究者)

私は総長ですが、何か困ったなとか、自分の能力が追い付きそうにないなと思ったら、すぐに周りの人に相談します。周りから能力のない人だなと評価されても構いません。それより大事なのは、総長の仕事を遂行することであって、偉く思われることではないです。


辻慎吾

都市には、いろいろな機能がありますが、都市の中で最も重要な要素は人なのです。我々は「都市づくりを通じて人を育み、人づくりを通じて都市を育む」と考えています。オフィスワーカー向けのマラソン大会やゴルフ大会なども開催していますが、これもテナント企業同士を結びつけようというもので、そういうイベントでの出会いから新しいアイデアや価値が生まれることもあります。


伊坂幸太郎

会社を辞めたのは『重力ピエロ』を書いていた頃。「この作品を満足のいく形に完成させないと一生後悔する」「これを書き上げれば作家としてなんとかなるんじゃないか」と。あやふやな直感を信じて、賭けてみました。でも、辞めてすぐは先行きはまったく見えないし、不安で心細くて。朝は必ず仕事へ行く妻と一緒に外へ出てました。そうしないと仕事をしてない自分は、社会と接続していないんじゃないかと不安で。サラリーマンだったので、一定のリズムで生活し、仕事をしているかのように外出するっていうのは自分にとって、大事なことでした。当時の仕事場はドトールと図書館。とはいえ、お金もないし、1杯180円のコーヒーでどれだけ粘れるか……みたいな。図書館に通う日は、朝から浪人生と一緒に並んで場所取り。エアコンの効いている席で書きたいなと思う一方で、オレの人生どうなるんだろう? と我に返ったり。不安だけが先行して、胃腸を壊した時期もありました。そんなふうに仙台の街をぐるぐると歩きながら書いた『重力ピエロ』は出版されると、徐々に評価されて発行部数も伸びて、これで作家としてやっていける、というわけではなかったですけど、本当に嬉しかった。