名言DB

9413 人 / 110706 名言

宮崎邦次の名言

twitter Facebook はてブ

宮崎邦次のプロフィール

宮崎邦次、みやざき・くにじ。日本の銀行家。第一勧業銀行頭取。佐賀県出身。九州大学法学部卒業後、第一銀行に入行。当時同行は東京の大学閥があり、地方大学出身者は非主流派を歩むことを余儀なくされていた。帳簿係、支店の営業などを転々としたのち、神戸支店次長、秘書室長、企画部長、常務、専務、副頭取などを経て頭取に就任。そのほか、全銀協会長、日経連副会長などを務めた。

宮崎邦次の名言 一覧

価値の多様化の時代に統率者だけでは限界がある。持てる人材をフルに活用して総力戦で挑む必要がある。


宮崎邦次の経歴・略歴

宮崎邦次、みやざき・くにじ。日本の銀行家。第一勧業銀行頭取。佐賀県出身。九州大学法学部卒業後、第一銀行に入行。当時同行は東京の大学閥があり、地方大学出身者は非主流派を歩むことを余儀なくされていた。帳簿係、支店の営業などを転々としたのち、神戸支店次長、秘書室長、企画部長、常務、専務、副頭取などを経て頭取に就任。そのほか、全銀協会長、日経連副会長などを務めた。

他の記事も読んでみる

森下一喜

ゲームそのものは国境など関係ない。そうでなければ、任天堂の「マリオ」や「ポ ケモン」が世界中で認知されていないでしょう。


安田登

吸う息を意識すると気持ちは広く明るくなり、頭の中も活性化します。吐く息はあなたを落ち着かせ、重みと信頼感をもたらします。呼吸によって世界は変わっていく。


神田昌典

毎日、銀行へ記帳にいく。ジージーと数字が書き込まれる。この記帳される音。その音を聞きながら、私は思った。「会社に勤めているときゃ分からんかったけど、なんだかんだいっても、この数字を上げられなけりゃ、経営者なんかクズだよなぁ」「偉そうなこといったって、コンサルタントなんか、お客さんの、この数字を上げられなけりゃ、社会の害虫だよな」


仲暁子

母は心理学者です。学者は基本的に儲かりませんが、母は好きな研究をずっとやり続けて、40代以降になってようやく社会的地位や経済力がついてきた。そういう姿を見てきたので、私も好きなことをやり続けていたら、たとえいまお金にならなくても、いつか報われるんじゃないかと。母というモデルケースがあったおかげで一歩踏み出せました。


岩崎夏海

会食の席で、もっとこの人と仕事をしたいと思わせるポイントは2つあります。ひとつめは、お店の選択です。誰でも「この人はいい店を知っている」と思われたいもの。接待する立場であれば、取引先の人が自分でデートや接待に使ったとき、「この店いいでしょう」と自慢できる店を選択するのです。ふたつめは、演出です。会食を最高のもてなしの場と位置付けて、自分はリッツ・カールトンのホテルマンのように最高のもてなしができる人間であると演出するのです。


和田昌親

あらゆる物事を一方的に見るという癖をひっくり返し、普段見えていないところをちゃんと見てほしい。


田中良和(GREE)

米ヤフーやグーグルの創業者は、25歳前後で起業しています。そう考えると、このままではいけないと強く感じていました。
【覚書き|楽天を退社し、GREEを法人にしたころを振り返っての発言】


齋藤孝(教育学者)

年齢を重ねると、経験値の分だけ緻密なシミュレーションが可能になります。そのうえで挑戦するか否かを選ぶのですから、判断ミスは若い頃より格段に減るでしょう。そう考えると、年齢を重ねたほうが冒険しやすいと言えるのかもしれません。


筒井義信

必要な変化に関しては柔軟に対応していかなければなりません。大事なのは、変えたことについてしっかり説明をするということです。なぜ変えなければいけないのか。リーダーにはそのことをしっかり現場の方々に示していくことが求められるのでしょう。


永井浩二(経営者)

論理構成がシンプルであることも大切。どの人でも理解できるようにロジックを磨き、話はシンプルでわかりやすくないと伝わらない。


アンドリュー・カーネギー

私は、自分が作り上げた莫大な財産の大部分を、多くの人々に分かち与えたいと思う。その財産とは、私が巨富を得ることを可能にさせた成功に関する哲学のことである。


小山昇

上司は、自分の言いたいことを部下にわかる言葉に置き換えて話すべきです。


鈴木修

経営とは数字である。同じく、仕事も数字である。
【覚書き|鈴木氏は大学卒業後、中央相互銀行(現:愛知銀行)に5年間勤務している。金融界での実務経験が氏の経営観に大きな影響を与えたと言われている】


フランソワ・デュ・ボワ

出発点は、自覚を持つこと。自分が悪いクセを抱えていることに気づいていない人も多い。気づかないことには断ち切れない。


中村繁夫

月曜に社内で定例会議を行なっています。出張でほとんど会社にはいないので、この会議には必ず出席することで、社員たちの様子を見たり、相談に乗ったりすることが大切なのです。