名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

宮崎邦次の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

宮崎邦次のプロフィール

宮崎邦次、みやざき・くにじ。日本の銀行家。第一勧業銀行頭取。佐賀県出身。九州大学法学部卒業後、第一銀行に入行。当時同行は東京の大学閥があり、地方大学出身者は非主流派を歩むことを余儀なくされていた。帳簿係、支店の営業などを転々としたのち、神戸支店次長、秘書室長、企画部長、常務、専務、副頭取などを経て頭取に就任。そのほか、全銀協会長、日経連副会長などを務めた。

宮崎邦次の名言 一覧

価値の多様化の時代に統率者だけでは限界がある。持てる人材をフルに活用して総力戦で挑む必要がある。


宮崎邦次の経歴・略歴

宮崎邦次、みやざき・くにじ。日本の銀行家。第一勧業銀行頭取。佐賀県出身。九州大学法学部卒業後、第一銀行に入行。当時同行は東京の大学閥があり、地方大学出身者は非主流派を歩むことを余儀なくされていた。帳簿係、支店の営業などを転々としたのち、神戸支店次長、秘書室長、企画部長、常務、専務、副頭取などを経て頭取に就任。そのほか、全銀協会長、日経連副会長などを務めた。

他の記事も読んでみる

山崎悦次

大事なのは、度胸と、なにより正直でいること。絶対に相手を裏切らない、裏切られても信念を通す。まじめにしていれば必ず信頼は生まれる。正直に付き合っていけば「あいつは間違いない」と言われる。子供のころからそれを大事にしてほしい。絶対に役に立つことだから。


別宮圭一

当社では、WEB事業とともに、在宅サービスを展開していたのですが、やればやるほど介護専業大手と競合することになり、介護の領域をこのまま突き進むべきか悩みました。そんななか、我々のようなベンチャー企業が手掛けるべきなのは、「介護」ではなく「健康寿命延伸」のような分野ではないか、という想いが強まりました。介護の現場では、寝たきりとなる重度の要介護者を数多く見てきました。重度の要介護者にさせないために、もっとやるべきことがあると考えたわけです。そこで一気に軸足を介護予防に傾け始めたのがレコードブック事業です。


宇佐美進典

当然すべてのことが上手くいくわけはありませんが、転びながらも前に転んで、その転んだことによって少しでも前に進んでいき、当初の志を実現する。そういう人が世の中に大きな影響を残す企業家になっていく。


加来耕三

世の中を変えて行く人物には出る順番があります。まず、横井小楠や佐久間象山といった予言者のような人物があらわれ、次に、実行する人たち、いわゆる幕末の志士たちが登場する。そして、彼らをまとめていく人間が必要になってくるわけです。戦国時代をみると、信長、秀吉と続き家康で初めて時代が落ちつきました。先頭を切る人がいて、必ず非業の最期を遂げる。その次の人間もいいところまでいくけれど危うい。家康は尻尾についていて、最後に天下を拾ったというわけです。


ガルブレイス

政治の世界においては、もの忘れの才ほど珍重されるものはない。記憶力の悪さほど政治の世界で重宝なものはない。政治は可能性の芸術ではない。悲惨なことと不快なことのどちらかを選ぶかという苦肉の策である。


吉田秀彦

これくらいなんともないです。一番痛かったのはジェームス・トンプソン戦のあと、腎臓疾患で入院したときの静脈注射。見たこともないくらい太くて長い注射器で、メチャクチャ痛かったよ。

【覚え書き|右肘の手術をした翌日のコメント】


大川隆法

どういう「考え方」を持つかによって「成果」が決まっていく面が大きい。まず考え方を正すことから始めなければいけない。


松井忠三

会社を良くするための意識改革は、仕組みができて初めて実行できるもの。商品開発、オペレーション、人を育てる仕組みをつくることで意識改革も後からついてくる。


北山禎介

いま、社内でも社員同士ができるだけフェイス・トゥ・フェイスでコミュニケーションをとることを奨励しています。メールの文字だけではやはり不十分です。忙しくても顔を合わせ表情やしぐさを確認し合ってこそ本当の絆が生まれるのです。これは、国境や年代を超えた、普遍的な価値なのではないでしょうか。


坂本孝

双六に例えれば、振り出しに戻ったつもりで、事業家としてやり残したことはないかと考えた。そして行き着いたのが、才能を持った人たちの独立の道を切り開くということだった。それが飲食業です。日本では、努力をしたミシュラン星付きシェフですら恵まれていません。同じ40歳でも、年収は銀行の支店長の半分ほど。彼らを幸せにしてみせようと決意した。
【覚え書き|ブックオフの経営から退いたときを振り返っての発言】


デアンコウ・ロセン(出杏光魯仙)

弊社では今でも、どんなに忙しくても展示会に出展する機会を大事にしています。お客様のニーズを吸い上げるまたとない機会であり、今後の開発において糧となること間違いありません。


小池百合子

厳しい戦いであっても、理想を掲げて挑む人を、私は同志として応援していきたい。