名言DB

9,524 人 / 112,423 名言

宮崎輝の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

宮崎輝のプロフィール

宮崎輝、みやざき・かがやき。旭化成社長・会長。東京帝国大学(東京大学)法学部卒業後、旭化成の前身である旭ベンベルグ絹糸入社。以後同社で社長・会長を務める。従三位勲一等瑞宝章

宮崎輝の名言 一覧

十年、守りの経営に徹したら、企業は駄目になる。


仕事は楽しみなんだ。どんな難しい問題でも真っ向から取り組み、それをひとつひとつ解決していくことが、実に楽しい。


役員になれるか、なれないかは新入社員のときから決まっている。同じ新入社員でも、マイホーム主義の人、会社の仕事を優先する人と、人さまざまだが、仕事に対して貪欲なまでの意志がなければ、人の上には立てない。


いかなる大企業といえど、五年間なんら思い切った手を打たず、現状に満足し続けていれば、あっという間に傾いてしまう。【覚書き:25年の社長生活を終了させ会長に退いた時の言葉】


大学を卒業し入社した旭ベンベルグ(旭化成の前身)では、面白くない仕事ばかり割り当てられました。毎日仕事と言ったら電報を打ったり、簡単な書類を作成するといったように、せっかく大学で学んだ学問が生かされるような部門でなかった。入社して三年ほどはこんな状態だから、毎日いつ辞めようかとしていました。しかし、こんなことをしていたら、自分が駄目になってしまうことがはっきりしていたので、特許とか税金といったものを勉強することにしました。それも社内でピカ一と言われるようなプロになることを目指しました。


宮崎輝の経歴・略歴

宮崎輝、みやざき・かがやき。旭化成社長・会長。東京帝国大学(東京大学)法学部卒業後、旭化成の前身である旭ベンベルグ絹糸入社。以後同社で社長・会長を務める。従三位勲一等瑞宝章

他の記事も読んでみる

長谷川高

パートナー企業を選ぶとき、いいことばかり提案するところは考えもの。やはりあり得べきリスクをきちんと説明してくれて、メリットでもリスクでも、その客観的な根拠を示してくれる企業であることが第一条件。


鎌田實

贅沢を感じる瞬間? 僕、毎朝4時半に起きて、コーヒーをいれるんですよ。岩次郎さん(養父)も好きだったから、一人分を半分に分けて、片方を仏壇に。手を合わせていると、心が落ち着くし、ホッとするなぁ。


大倉喜八郎

時は金なり
油断をするな
無駄をするな
天物を暴殄(ぼうてん=荒らす、滅ぼす)するな
信用を重んずべし。信用なき人は首なき人と同様なりと知るべし
何事も魂を込めて誠心誠意をもって働け
遊ぶも働くも月日は流る。奮闘に興味を持つべし
楽隠居の考えをやめ、勇気を鼓し、家のため、国のために努力するこそ人間の本分なり
他人が十時間働くなら、自分は十二時間働け、精神一到何事不成の心持ちをもってすれば、成功必ず疑いなし


朝倉千恵子

私は35歳で初めて営業職を経験し、1年目で新規顧客開拓部門でトップの成績を、3年目で正真正銘のトップを取りました。それ以来、売れる営業マンとは何かということを考え続けていますが、その答えはやはり信頼だと思っています。


森岡毅

テーマパークに現状維持はない。常にバーは上がっていく。


高田明(ジャパネットたかた)

多くの人は失敗したことを後悔するのではなく、ベストを尽くさなかったことを後悔する。


菅井敏之

お金の管理は、基本的なことですが、家計簿を付けるのが一番です。ただし、毎日となると大変。月一回、シンプルな形の家計簿を付けていけばいいでしょう。これによって、一カ月の収支がプラスかマイナスかが分かります。また、項目ごとの支出を把握することで対策も立てやすくなる。体重管理と同じで、状況が可視化されるとモチベーションも上がります。


星野源

昔の自分が作ったものは認めないって、シャットアウトする人もいると思うんです。僕は、前の自分もすごく好きなんですよ。でも、もう1回当時のモードでやれって言われても無理なんです。今回のアルバムで個人的に気に入ってるポイントとしては、歌詞に1stアルバム(『ばかのうた』)に通ずるところがあって。後からそのことに気付いたんですが、過去を切り捨てたわけではないという証明ができたような気がして、嬉しかったんです。


矢沢永吉

攻撃することが生きることだ。負い目をつくらず、スジを通して、自分なりのやり方でオトシマエをつけてきた。休むわけにはいかない。やらねばならぬきとはまだある。


高橋尚成

30代になったら、考える力がつきましたね。たとえば、シーズンで力が落ちてる時期には、もうひとりの高橋尚成と対話するんです。「どこが疲れてるんだ?」「体よりもメンタルだと思う」みたにね(笑)。ゲームのときも同じです。(阿部)慎之助のサインにうなずく前に、お前ホントにその球種でいいか、と問いかけてくる。孤独なマウンドでも、もう1人の「考える自分」がいるんですよ。


午堂登紀雄

3年前、5年前の自分のやっていたことが、いまの自分をつくっています。逆にいえば、いまの自分のやっていることが、3年後や5年後の自分を決めるということです。


野田一夫

米国から帰国後、立教大学に国内初の観光学科を創設して初代の学科長に就任しました。「閑古烏が鳴くだろう」と揶揄されましたが、実際には17学科中断トツの約21倍の競争倍率。立教の看板学科(のちに学部に昇格)になりました。