名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

宮崎聡子の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

宮崎聡子のプロフィール

宮崎聡子、みやざき・さとこ。日本のコンサルタント。神奈川県出身。法政大学文学部卒業後、JTB、株式会社ビジネスコンサルタント営業マネジャー・組織開発コンサルタントなどを経て、シーズ・コンサルティングに入社。同社で代表取締役専務を務めた。米国NLP(神経言語プログラミング)協会公認マスター・プラクティショナー。主な著書に『デキる人になる話し方』『沈黙のクレーマー』『あなたから買いたいと言わせる営業心理学』『上手な聞き方が身につくスキル』など。

宮崎聡子の名言 一覧

ちょっとした相づちのコツを知っておくと、よりお互いの会話を弾ませることができます。相づちの動作は相手に合わせるのが基本です。人は無意識のうちに、自分と同じボディーランゲージや言葉・話し方をする人、ムードを持った相手に心を開く傾向があるからです。


話し手が一生懸命話しているのに、聞き手がきつく腕を組んだまま、しかも無言で眉間にしわを寄せたりしていれば、本当にこの人は私の話に興味があるのかなと、不安になるものです。自分が聞く動作や態度に関して無関心なビジネスマンもよくいます。


相手の言った言葉をそのまま繰り返す相づちを「反復相づち」といいます。これは「最近、どうもだるくて」「だるいんですね」「そうなんです。脱力感というか……」「脱力感ですか」というように、プロの心理カウンセラーが使う方法です。非常に単純に思えますが、その効果は絶大です。相手の言葉を自分から再び聞かされた話し手は、「そのとおり!」と納得し、会話に力が入ってくるからです。効果的な反復相づちのコツは、短く言うこと。そのためには、相手の話の中から上手くキーワードをつかむことが大切です。


宮崎聡子の経歴・略歴

宮崎聡子、みやざき・さとこ。日本のコンサルタント。神奈川県出身。法政大学文学部卒業後、JTB、株式会社ビジネスコンサルタント営業マネジャー・組織開発コンサルタントなどを経て、シーズ・コンサルティングに入社。同社で代表取締役専務を務めた。米国NLP(神経言語プログラミング)協会公認マスター・プラクティショナー。主な著書に『デキる人になる話し方』『沈黙のクレーマー』『あなたから買いたいと言わせる営業心理学』『上手な聞き方が身につくスキル』など。

他の記事も読んでみる

野路國夫(野路国夫)

コムトラックスは坂根さん(坂根正弘会長)が経営企画室長で、私が情報システム本部長のころ、坂根さんから「若いやつのいいアイデアがある。これはITだからお前が面倒見ろ」と言われたのが始まりです。はじめはあまり上手くいかなかったのですが、坂根さんから「これは絶対ものになる。カネをかけていいから、採算を度外視してもやれ」と厳命されて、とにかく標準装備にすることを前提に開発を急ぎました。いま思うと、標準装備にすると開発の動きが早くなります。それを後押しするのはやはりトップの決断なんです。


出口治明

上司に嫌われたら困るという人はリアリズムに欠けていると私は思います。会社員は左遷される可能性のほうが高いからです。社長になれる確率を計算すれば明らかでしょう。社長になれなければ、みんなどこかのタイミングで左遷されるのです。自分だけが嫌われているなんて考えるのは幻想です。


吉本隆明

自然と一緒に生きるという意味で、一番バランス感覚があるのは庶民。専門家も間違うということを前提に、僕らは自分の生活に照らし合わせて考える必要がある。


山本真司

私は若いビジネスパーソンと接する中で、彼らに顕著な3つの傾向を垣間見ました。「生き急ぎ症候群」「成功呪縛」「戦略偏執症」です。生き急ぎ症候群とは、「若いうちに転職しないと取り残される」などと、文字通り生き急ぐ傾向です。まるで20代、30代で人生総決算のように考えてしまう傾向です。成功呪縛とは「成功=お金」「早く成功したい」などの考え方に取りつかれてしまう傾向です。最後の戦略偏執症とは、戦略的なキャリア意識を持たず、仕事をお手軽に変えてしまう傾向のことです。


大橋光夫

営業をやっていた私は、お詫びなど日常茶飯事でした。会ったときは言い訳は一切しない。応接室で上座に通された時は仕方ないからそのまま座りますが、お茶は飲まない。相手が不在のまま待たされたら、許可を得て現場に行きます。40度を超える溶解炉の前で、作業中の鋳物業の経営者の脇に座り込み、じっと待ったこともあります。向こうからすれば、背広でクソ熱い現場まで来てくれたと胸に響くものがあったはずです。実際、そのあとで注文が二倍になりました。訪れて会ってくれなくても、毎日必ず立ち寄り、粘るしかありません。


奥山清行

「誕生日には何が欲しい?」と聞いて、答えどおりのものをプレゼントしても、相手はそれほど喜びません。「こういうのが欲しかったんだ!」と相手が喜ぶ最高のプレゼントは、この人は一体どんなものを喜ぶんだろうと懸命に想像力を働かせて、その想像が相手の期待を超えていたときに可能になるものです。ですから、お客さんに本当に喜んでもらえるものを作るには、現場に足を運んで、想像力を巡らせることが必要なのです。


池田憲人

地域金融機関の抱えている悩みを一緒に解決していくのが、現在のゆうちよ銀行の役割。実際に話を聞くと、ATMの管理や現金輸送、地域再生ファンドへの出資など、「ゆうちよ銀と共同で取り組みたい」という案件がたくさん出てきます。対立の歴史が長く続いてきましたが、地域金融機関の「便利なインフラ」として共存していきたい。


藤田晋

大きなビジネスは、信頼関係の上に成り立ちます。挨拶代わりに守れない約束をするのは、空手形を発行しているのと同じ。それぐらいシビアに考えてもいいでしょう。好意や意欲を示したいばかりに、軽い発言をして自分の価値を下げてしまうことのないように注意してください。


樋口武男

将来に対して、夢と希望を持ってほしい。そして、強い志を持つ。志さえあれば、逆境にあっても頑張ることができる。


篠原菊紀

一流のアスリートたちは、雑念やプレッシャーを振り払って、集中する術を知っている。集中力を高めるテクニックとしてよく知られるのが「ルーティン」。行動により線条体が刺激されるという脳の特性を生かし、毎回、同じ動作を繰り返すことで集中力が高まる。


加島禎二(加島禎二)

不文律を変えようとすれば抵抗勢力は生じるもの。一番やっかいなのは抵抗勢力が自分は正しいと思い込んでいるときだ。こういった社員は長年、不文律と表裏一体で過ごしてきたため、不文律を客観視することもないし、悪いと思いもしない。この手の人に対しては目線をぐっと上げて環境分析の議論をやらなければいけない。部署が置かれた環境や戦略、どこで勝とうとしているのかを議論し、不文律という色眼鏡を外させるのだ。


松井忠三

私はずっと「報連相はダメだ」と言い続けています。相談ばかりしていては、部下の自主性が育たない。すると自分でリスクを取って仕事をしなくなり、そういう人は成長しない。報連相は成長の機会を奪ってしまう。