名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

宮島和美の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

宮島和美のプロフィール

宮島和美、みやじま・かずよし。日本の男性経営者。「ファンケル」社長・会長。神奈川県出身。成城大学文芸学部後、ダイエーに入社。取締役秘書室長、広報室長、常務執行役員、ファンケル常務取締役社長室長などを経て社長に就任。そのほか日本通信販売協会会長などを務めた。

宮島和美の名言 一覧

即断即決、スピードが重要。


「ファンケルらしさ」とは、いつもお客さま視点で行動していくこと。


企業の人材育成は形だけでは全く意味がないのですから、見た目や数字にとらわれないようにしています。


人材育成組織は、人事部門についていて機械的に教育を行うのではなく、実際に役立つものでなければならない。


池森(創業者・池森賢二)にはお客さま視点しかない。それも自然にお客さまの立場で考えられる。私たちのように訓練して身に付くわけじゃなく、出発点がお客さま側にあるんですね。お客さまが何をしてもらいたいかが分かるんです。


宮島和美の経歴・略歴

宮島和美、みやじま・かずよし。日本の男性経営者。「ファンケル」社長・会長。神奈川県出身。成城大学文芸学部後、ダイエーに入社。取締役秘書室長、広報室長、常務執行役員、ファンケル常務取締役社長室長などを経て社長に就任。そのほか日本通信販売協会会長などを務めた。

他の記事も読んでみる

小出伸一

当社とつき合うことで顧客が非常に成功したり、成長したり、満足度が高まったりしたかどうか。そこを本気で考えている。


髙橋和夫(高橋和夫・経営者)

東急が何の会社かと聞かれると、街づくりをしてきた会社だということですね。これからもそうだと思います。もちろん電車(鉄道事業)を捨てているわけではありませんが、東急が電車の会社だと誰も言いません。


中谷彰宏

部下にとって優しい上司は好かれ、厳しい上司は嫌われると思い込んでいる管理職は多いですが、これは大きな誤解です。ただひたすら優しいだけの上司は、部下に信頼されません。優秀な部下ほど、厳しく自分を鍛え上げてくれる上司を待望しています。


南場智子

相手の誤解を正そうと反論する前に、とことん話を聞くことが重要です。小手先のテクニックで聞く姿勢を見せるのではなく、「違う」と思う前に、理解しようと本当に努力します。どうにも折り合いがつかない場合でも、理屈を述べ立てず、矛先を収めていただけないと寂しいという気持ちだけを伝えた方が良い結果を生むこともあります。理屈っぽい私が一番気をつけなければならないポイントです。


伊藤瞭介

もし、専業メーカーが上場するなら、自社の強みや特性を経営者や株主が深く理解し、その企業文化を守り続けることが必要です。業績が低迷したときに、株主や金融機関から「今期の利益を確保するために、新規の商品開発はやめてくれ」と言われるようではまずいのです。ただし、こうした条件を整えて上場を果たすことは難しい。それならば、専業メーカーは株式を公開してなくてもいいのではないでしょうか。


ロベルト佃

最近「日本は終わった」「日本ブランドは廃れた」なんて声が聞こえてくる。しかし、そんなこと言うのは日本人ばかりですよ。海外の人は本当に日本のものづくりやサービスの素晴らしさ、いわば日本の「強み」をリスペクトしている。ようは欲しい相手に欲しいものが届いてないだけなんです。もっと自信をもっていい、日本は外に出ていいんです。


野村直之

ぜひ学んでほしいのは「統計学」です。「統計学」を学べば、人文科学や社会科学の分野で、読み書きやそろばんのリテラシーを、創造的に使いこなせるようになります。


河野貴輝

私たちはこれまで、大手の学習塾や予備校をTKPの貸会議室に変えてきました。次はどこを取りに行くかと考えた時、アマゾンエフェクトも取り沙汰されているように、家電量販店や百貨店に目を付けた。実際に広島の百貨店をTKPにしたところ、上手くいっており手応えがありました。大塚家具は新宿の三越百貨店があった場所に出店していますが、大きなショールームを減らしていきたいという意向がありましたので、そのスペースをTKPのイベントホールに変え、土日は催事場に転換。同じスペースながら、時間によって用途を変えるという発想がこの時に生まれました。


パトリツィオ・ディ・マルコ

利益をあげたいなら頭を使って効率を高め、サプライヤーと協力すればいいのです。国内から出なくてもそれはできるでしょう。実際、我々はそうしているのですから。


大村浩次

トップである私が誰よりも働くのは当然です。


岡藤正広

今の人は海外相手に簡単にサインしちゃうけど、僕は契約書は今でも1枚ずつ確認します。


染谷光男

海外に行くと、若くても日本の代表のような立場に立たされます。若手社員には、社内研修で「自分の立ち位置、考え方をしっかり持ちなさい」と繰り返し話しています。