名言DB

9,510 人 / 112,245 名言

宮島和美の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

宮島和美のプロフィール

宮島和美、みやじま・かずよし。日本の男性経営者。「ファンケル」社長・会長。神奈川県出身。成城大学文芸学部後、ダイエーに入社。取締役秘書室長、広報室長、常務執行役員、ファンケル常務取締役社長室長などを経て社長に就任。そのほか日本通信販売協会会長などを務めた。

宮島和美の名言 一覧

即断即決、スピードが重要。


「ファンケルらしさ」とは、いつもお客さま視点で行動していくこと。


企業の人材育成は形だけでは全く意味がないのですから、見た目や数字にとらわれないようにしています。


人材育成組織は、人事部門についていて機械的に教育を行うのではなく、実際に役立つものでなければならない。


池森(創業者・池森賢二)にはお客さま視点しかない。それも自然にお客さまの立場で考えられる。私たちのように訓練して身に付くわけじゃなく、出発点がお客さま側にあるんですね。お客さまが何をしてもらいたいかが分かるんです。


宮島和美の経歴・略歴

宮島和美、みやじま・かずよし。日本の男性経営者。「ファンケル」社長・会長。神奈川県出身。成城大学文芸学部後、ダイエーに入社。取締役秘書室長、広報室長、常務執行役員、ファンケル常務取締役社長室長などを経て社長に就任。そのほか日本通信販売協会会長などを務めた。

他の記事も読んでみる

谷田千里

フリーアドレス制にして「自分の机」がなくなったことで、個人で抱えているモノはぐっと減りました。モノを減らすのは最初こそ大変ですが、それに慣れると日頃の整理が楽になります。のりやハサミ、テープなど、誰もが使う文具は、コピー機の横に置いて共有しています。モノを「共有」することで文具や資料の総数を減らせるので、コスト削減につながります。共有スペースがちょっとした社員間の「コミュニケーションの場」になるといった効果も期待できます。共有スペースまで文具を使いに行くのは、一見すると非効率に思えますが、「最近どう?」などと顔を見ながら気軽に声をかけ合う機会はとても貴重です。チーム力や組織力の向上に、想像以上につながると思っています。


羽生善治

混沌としていて何をやったらいいかわからないという場面に出合ったとき、確信も持てないし自信も持てないのは当然です。それでも、とりあえず「なんとなくこっちじゃないかな」という方向に進んで、そこでズレていると思ったら軌道修正をして、まだズレていると思ったらさらに軌道修正する。その方向性だけ誤らなければ、先がみえなくても、比較的迷わず、遠回りせずに進めるのではないでしょうか。


亀谷誠一郎

今の世の中、どんなに大きな企業に入ろうとも将来まで食べていける保証はどこにもありません。今の仕事が明日にはない可能性すらあります。常に市場の動きを読み解き、必要な知識を学び続けどんどん上を目指していってください。


ピーター・ドラッカー

なにかが成し遂げられるときには、かならずその使命のほかには何も考えられない偏執狂的な人間がいるものだ。


高橋広明(パナソニック)

当社においては創業者である松下幸之助の自然観、人間観、経営観や、綱領、信条などがまとまったものがすでにあるので、それらを講義や幹部との会話を通じて伝え、パナソニックの経営理念や存在意義をしっかりと理解してもらいます。パナソニック経営のDNAを注入すると言い換えてもいいでしょう。


ジャン・ポール・ゲティ

私の成功の方程式は何かだって?早く起きて、遅くまで働き、油田を掘り当てる。ただそれだけさ。


遠藤功

今の現場が昔とは様変わりしていることを理解していない経営者が多い印象がある。現場は疲弊しつつも、ギリギリのところで耐えて何とか頑張っている。かつて優秀だった現場が平凡以下になっているならば、それはマネジメントの責任だ。


米内山泰

ミスしたことを理由に評価を下げると、皆がミスを隠すようになる。組織として、これほど怖いことはない。


青木仁志

企業の礎が、経営理念にあることは論をまちません。うちの会社は何のために存在するのか。なぜこのビジネスを行なっているのか。経営者が掲げる経営理念こそが、会社の存在理由であり、事業活動を行なう根本的な動機です。この経営理念と社員一人ひとりの人生の目的や使命感がうまく噛み合い、企業が目指すビジョンと個人の自己実現の方向性が一致すれば、組織は個人の成長を支援し、個人は組織の発展の原動力となって、ウィン・ウィンのサイクルが回っていく。これが私の考える「人が育つ会社」のあり方なのです。


國分文也(国分文也)

とにかくあがいて上に行け。


大関東支夫

栃木県の農家で8人兄弟の5男として育ちました。両親や兄姉のほとんどが短命でしたので、若い頃から「たとえ短くとも密度の濃い人生にすればいい」と心に決めていました。


塚田正由記(塚田正之)

ハウスウエディングを知ったのは前職の結婚式場に勤めていた頃、米国での結婚式に参列したときです。ホテルや式場とは違い、一軒の邸宅を貸し切ってお客様を招き、参加者はドレスやタキシードで着飾り、ダンスを踊って式を楽しんでいる。その華やかさに衝撃を受けました。帰国後、日本でも同様の結婚式を企画、提案しましたが時期尚早と受け入れてもらえませんでした。当時、結婚式の需要は伸びていたので、会社はあえて新しいことにリスクを取る必然性がなかったのですね。しかし、これまでの日本にはないハウスウエディングを実現するという夢は大きくなるばかりでした。そんな折、お世話になった社長が退任されたので、それを機に独立をしました。