宮島和美の名言

宮島和美のプロフィール

宮島和美、みやじま・かずよし。日本の男性経営者。「ファンケル」社長・会長。神奈川県出身。成城大学文芸学部後、ダイエーに入社。取締役秘書室長、広報室長、常務執行役員、ファンケル常務取締役社長室長などを経て社長に就任。そのほか日本通信販売協会会長などを務めた。

宮島和美の名言 一覧

即断即決、スピードが重要。


「ファンケルらしさ」とは、いつもお客さま視点で行動していくこと。


企業の人材育成は形だけでは全く意味がないのですから、見た目や数字にとらわれないようにしています。


人材育成組織は、人事部門についていて機械的に教育を行うのではなく、実際に役立つものでなければならない。


池森(創業者・池森賢二)にはお客さま視点しかない。それも自然にお客さまの立場で考えられる。私たちのように訓練して身に付くわけじゃなく、出発点がお客さま側にあるんですね。お客さまが何をしてもらいたいかが分かるんです。


宮島和美の経歴・略歴

宮島和美、みやじま・かずよし。日本の男性経営者。「ファンケル」社長・会長。神奈川県出身。成城大学文芸学部後、ダイエーに入社。取締役秘書室長、広報室長、常務執行役員、ファンケル常務取締役社長室長などを経て社長に就任。そのほか日本通信販売協会会長などを務めた。

他の記事も読んでみる

上川徹

「こういうことをやりたいな」「こうなったらいいな」という気持ちをどうか大切にしてほしい。「やっぱり無理かも」と諦めてしまう人が多い中で、なんとか実現させようと頑張っている人は輝いて見えるし、そういう人の周りには、自然と色々な人間の力やサポートが集まってくるものだから。


唐池恒二

私はよく「お客様に対する気づきには三段階ある」と言っています。最初は、「お客様の存在に気づく」こと。次が「お客様の行動に気づく」こと。そして最後が「お客様の気持ちに気づく」こと。


江沢伸一

はとバスには屋根がないオープンバスがありますが、冬は寒いので不人気でした。そこで、「寒空の下でカップルが肩を寄せあい、都心の夜景を満喫する」という、冬の都会の、しかもオープンバスだからこそ体験できるシチュエーションを打ち出したところ、若い男女を中心に人気が出ました。いまや冬の定番ツアーとなっています。


藤原洋

顧客の幸せを第一に考えるべきです。お客さんが自分たちの製品やサービスを買ってくれるから、社員は給料をもらえるわけです。社長がポケットマネーで給料を払っているのではありません。ですから、顧客の幸せを最初に考えるべきです。


チクリーノ

お客さんをこちらに引き込んだな、と実感した時、充実感がありますね。


渡邊剛

手の能力がさらにすごく向上したのは金沢大学の医局から横浜の病院への出向を経て、ドイツの病院に留学した頃でした。ここでの仕事の量は半端じゃなかった。そもそも、病院に着いた日からさっそく手術に参加していましたから。その前にいた日本の病院での心臓外科手術は年に100例ぐらいだったけれど、ドイツでは年に1500例でしたね。しかも働きはじめて3ヶ月ほど経ったら「前立ち」と言って教授の前で補助をやる第一助手を務めることになりました。その量と状況が今の自分を作りあげるきっかけになったのだろうとは思います。


佐藤優

僕が、交渉事において「こいつは手ごわいな……」と感じさせる相手はどんなタイプか。でかくて見た目が怖い人? いえいえ、むしろその逆。一見腰が低くて、ソフトな印象の人ほど、じつは手ごわい。戦闘的な雰囲気はゼロなのに、気がつけば相手にペースを握られていた、なんてことはよくありました。


古市幸雄

まとまった資金があれば、目標達成の方法に選択肢が増え、成功率が上がるばかりか、時間短縮さえもが可能になります。東京から京都まで行くのに、お金がなければ莫大な時間をかけて歩くしかないが、お金があれば、新幹線や飛行機を使えるのと同じです。


岩瀬大輔

僕は多くの人と会っているし、ノートに記録する情報量も膨大です。しかし、その場で記録するだけで終わらず、あとで思考を深めるプロセスを欠かさないからこそ、仕事の効率やスピードもどんどん高めていけるのだと思います。


三浦善司

ハードだけの競争になれば、かつての電機メーカーの製品のように台数勝負になってしまいます。直売の販売力を強みにしつつ、新しい提案ができるようにしていきます。


塙昭彦

ハズレくじを当たりくじにするのが、おれの仕事。


幸田真音

少しぐらい「背伸び」することだって大事です。無理な背伸びはしなくていいのですが、1、2ランク上の人と付き合ったり、ボスが情報源にしているビジネス誌や専門書ぐらいは最低限読んでおくこと。背伸びしているうちに、内然と背が伸びてきます。


松下正幸

祖父(松下幸之助)は、私の仕事の報告に対しても、「そんなことはやるな」とか、「もっとこういうことをやれ」といった指示は一切ありませんでした。とにかく質問攻めです。祖父に叱られたことはありませんでした。イライラしていたこともあったと思うのですが、それでも、また次の質問をしました。私が答えられなかった質問は必ず覚えていて、次に会った時にまた、同じ質問をされました。叱るのではなく、自分の至らなさに、自分で気づかせようとしていたのだろうと思います。


本谷有希子

結婚後に上梓した小説『異類婚姻譚』は、「これといった不満のない主婦の日常を描いた小説なんて誰も読まない」という声に対し、そんなはずはないと思って書き上げた作品です。肝心なのは、内容が個人的な話題を超えて、同時に他者や世界と繋がる普遍性を持てるかどうか。


正垣泰彦

自分たちの計画通りに行かなければ、変えればいいだけの話です。


ページの先頭へ