名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

宮城治男の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

宮城治男のプロフィール

宮城治男、みやぎ・はるお。日本の社会起業家。学生起業家の全国ネットワークNPO法人「ETIC.学生アントレプレナー連絡会議」代表理事。徳島県出身。早稲田大学在学中にETIC.を設立。また渋谷のベンチャー企業家の情報交換組織ビットバレーアソシエーション事務局長を務めた。世界経済フォーラムで「ヤング・グローバル・リーダーズ」の一人に選出された。

宮城治男の名言 一覧

愚直に責任を引き受け切って、的をブラさず行動する力が大切。


「言う」ことが「成る」と書いて誠(まこと)という字になります。誠の人は、やはり強い。


社会起業家を目指すなら、自ら約束したことを徹底してやり抜く、貫き通す。そんなシンプルなことを積み重ねていくのが一番良い。


「これからは未来をつくる時代」ということです。「こうあるべき」という世の中の姿がない分、未来をつくる若者が自分らしい生き方を選び、主体的に行動した先に、新しい未来が生まれると思います。勤務先や職種を偏差値のようなランキングで並べてほしい人にとっては生きづらい半面、新しい世界をつくりたい人には楽しい時代になるでしょう。


学生は戦力にならないと考えておられる経営者もいるでしょう。しかし、アメリカのシリコンバレーの発展にスタンフォード大学などの学生が大きく貢献したように、新しい知識と意欲のある学生の力は大きい。インターンの受け入れ側企業にとっても、有能な人材を安く活用できるというメリットがあるのです。


多くのインターンシップにみられるように人材育成だけを目的とすると、つくられた研修になりがちで、教育効果が低い。やはり、ビジネスにおけるイノベーションをめざし、起業家精神を身につけられるような環境で仕事をさせることが必要です。そのため、ベンチャー企業に学生を派遣してトップに近いポジションで仕事をさせるとか、大企業に派遣するなら社内ベンチャーや新規事業の立ち上げにかかわらせるようにしています。


父は商売人で、惣菜などを売るスーパーマーケットを経営していました。いわゆるサーバントリーダーで、従業員に対し上から偉そうに指示を出しているところを一度として見たことがありません。従業員がやりがいを持って働けるように接していたようです。私も小学生のころから惣菜づくりを手伝っていた関係で、一緒に働いていたパート従業員の方々それぞれに人生や生き様があるのだと、子どもながら感じていました。そうした経験があるからこそ、社長やリーダーに限らず働く一人ひとりに大切な人生があること、むしろそれを尊重し、やりがいを持って働ける環境をつくることこそがリーダーの仕事だと考えるようになりました。


あえて私にとっての成功とは何かといえば、若者によって新しい成功のあり方が次々と生みだされていくような仕組みづくりに貢献できることではないかと思っています。


株式市場に苦しめられた経営者や、おカネが動機になりにくい若者が出てきた時代、次に歩むべき道は社会への貢献を仕事にしていくということではないか、と私は考えたのです。そこで我々の事業も、徐々に社会起業家の育成に傾いていきました。


実際に行動してみると、机上のプランとはケタが違う学びの量に圧倒されるでしょう。失敗しながら、少しずつ経験を積むうちに勘が働くようになり、独創的なアイデアが生まれ、その世界に「なくてはならない人」になります。そのような人が、壁を乗り越え、未来を拓く変革者になると思います。


宮城治男の経歴・略歴

宮城治男、みやぎ・はるお。日本の社会起業家。学生起業家の全国ネットワークNPO法人「ETIC.学生アントレプレナー連絡会議」代表理事。徳島県出身。早稲田大学在学中にETIC.を設立。また渋谷のベンチャー企業家の情報交換組織ビットバレーアソシエーション事務局長を務めた。世界経済フォーラムで「ヤング・グローバル・リーダーズ」の一人に選出された。

他の記事も読んでみる

並木裕太

日経新聞を読んでいる人はごまんといるけれど、その道のプロから話を聞いた人は限られる。


小泉光臣

企業を買収時のシナジーにはふたつあって、ひとつはコスト面のシナジー。工場の合理化や原料調達などで、これは買収後2~3年で現れてきますが、効果は1度きりです。買収の意思決定をする際にはコスト面のシナジーをかなりの精度で見極め、公的には合理的かどうかをそこで判断します。もう一方がトップラインにおけるシナジーです。両社が組むことによって何ができるようになるのか。コスト面のシナジーの先にあるものです。トップライン(売上高)側のシナジー効果が望めないと、そこから先で急にぎくしゃくするという危機感が、買収前からすごくあります。


田中仁(経営者)

事業の規模を大きくし、新しい仕事を増やしたいと考えているリーダーなら、なんでもかんでも1人でやろうとせず、人に任せることも考えなければいけません。部下に裁量を与えて、どんどん任せましょう。


平田雄一郎

なるべく付加価値の高い仕事だけ請け負い、それ以外の仕事は思い切って断ることにしている。社員にはひとつの案件にじっくりと取り組んでもらい、質の高い仕事をしてもらいたい。


後藤亘

圧力をかけて無理やり従わせようとしても意味がない。皆が良い組織を作ろうと思うようになる、そのきっかけを与えるのが私の役割。だから、何より既存の社員たちの話をしっかり聞くことから始めました。


賀来龍三郎

多角化のために電卓事業に乗り出すべきだと進言し、御手洗(毅社長)さんから反対されました。御手洗さんはソニーの井深大さんに相談し、「電気関係に出ると苦労しますよ」と忠告されたらしい。井深さんは善意でおっしゃったと思いますが、今度は私が怒り「なぜ自分の部下が言うことを聞かず、他社の助言に従うのですか」と食って掛かりました。


田坂広志

ミッションとは、与えられた人生において、己のためだけではなく、多くの人々のために、そして世の中のために、大切な何かを成し遂げようとする決意。


江崎勝久

創業者であり祖父でもある江崎利一のこんな言葉があります。「商売は2×2=5(ににんが、ご)だ」。計算上は2×2=4となりますが、商売に関してその計算は当てはまりません。どれだけ発想がよくても、そこで満足してしまうと2、または3にしかならないこともあります。逆に人一倍の努力をすれば「5」つまり倍以上の成果を上げることもできるのです。


小泉文明

社員に「バリュー(重視する価値観・行動様式)実践」を意識づける土台作りとして、ミーティングや「Slack(メッセージアプリ)」で、「それはもっとGo Boldに考えた方がいいのでは?」などと、意識的にバリューを使うようにしています。「Go Bold」とプリントしたTシャツやシールなどのグッズを作って社員に配ったり、会議室に「Bold」などと名前をつけたりして、「見える化」しています。皆がバリューを自然と口にするよう、とにかくしつこく刷り込んでいるわけです(笑)。そして、バリューを実践できているもっと本質的な理由は、「人事評価の基準」にバリューを組み込んでいることです。どのように働けば会社は評価するのかを、社員の皆に明快に示しています。


須田将啓

起業にあたって不安はあると思いますが、一度捨ててみましょう。後から振り返ってみれば、実は大したことはなかった、ということばかりです。


クリスティン・エドマン

部下に任せられない仕事って案外、少ないんですよ。日ごろから、自分の仕事について周囲のスタッフに話したり、手伝ってもらったりしておけば、たいがいの仕事は引き継げます。


青井浩

我々が得意な接客力も生かします。東宝と協業して、世界最大のゴジラ・ストアを運営しています。我々が売り場を用意して、運営を受託し、家賃とスタッフの提供で収入を得ています。モノからコトへのシフトやシェアリングといったお客様の変化に対応できれば、きっと新しい価値を作り出せる。そう信じています。