名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

宮城治男の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

宮城治男のプロフィール

宮城治男、みやぎ・はるお。日本の社会起業家。学生起業家の全国ネットワークNPO法人「ETIC.学生アントレプレナー連絡会議」代表理事。徳島県出身。早稲田大学在学中にETIC.を設立。また渋谷のベンチャー企業家の情報交換組織ビットバレーアソシエーション事務局長を務めた。世界経済フォーラムで「ヤング・グローバル・リーダーズ」の一人に選出された。

宮城治男の名言 一覧

愚直に責任を引き受け切って、的をブラさず行動する力が大切。


「言う」ことが「成る」と書いて誠(まこと)という字になります。誠の人は、やはり強い。


社会起業家を目指すなら、自ら約束したことを徹底してやり抜く、貫き通す。そんなシンプルなことを積み重ねていくのが一番良い。


「これからは未来をつくる時代」ということです。「こうあるべき」という世の中の姿がない分、未来をつくる若者が自分らしい生き方を選び、主体的に行動した先に、新しい未来が生まれると思います。勤務先や職種を偏差値のようなランキングで並べてほしい人にとっては生きづらい半面、新しい世界をつくりたい人には楽しい時代になるでしょう。


学生は戦力にならないと考えておられる経営者もいるでしょう。しかし、アメリカのシリコンバレーの発展にスタンフォード大学などの学生が大きく貢献したように、新しい知識と意欲のある学生の力は大きい。インターンの受け入れ側企業にとっても、有能な人材を安く活用できるというメリットがあるのです。


多くのインターンシップにみられるように人材育成だけを目的とすると、つくられた研修になりがちで、教育効果が低い。やはり、ビジネスにおけるイノベーションをめざし、起業家精神を身につけられるような環境で仕事をさせることが必要です。そのため、ベンチャー企業に学生を派遣してトップに近いポジションで仕事をさせるとか、大企業に派遣するなら社内ベンチャーや新規事業の立ち上げにかかわらせるようにしています。


父は商売人で、惣菜などを売るスーパーマーケットを経営していました。いわゆるサーバントリーダーで、従業員に対し上から偉そうに指示を出しているところを一度として見たことがありません。従業員がやりがいを持って働けるように接していたようです。私も小学生のころから惣菜づくりを手伝っていた関係で、一緒に働いていたパート従業員の方々それぞれに人生や生き様があるのだと、子どもながら感じていました。そうした経験があるからこそ、社長やリーダーに限らず働く一人ひとりに大切な人生があること、むしろそれを尊重し、やりがいを持って働ける環境をつくることこそがリーダーの仕事だと考えるようになりました。


あえて私にとっての成功とは何かといえば、若者によって新しい成功のあり方が次々と生みだされていくような仕組みづくりに貢献できることではないかと思っています。


株式市場に苦しめられた経営者や、おカネが動機になりにくい若者が出てきた時代、次に歩むべき道は社会への貢献を仕事にしていくということではないか、と私は考えたのです。そこで我々の事業も、徐々に社会起業家の育成に傾いていきました。


実際に行動してみると、机上のプランとはケタが違う学びの量に圧倒されるでしょう。失敗しながら、少しずつ経験を積むうちに勘が働くようになり、独創的なアイデアが生まれ、その世界に「なくてはならない人」になります。そのような人が、壁を乗り越え、未来を拓く変革者になると思います。


宮城治男の経歴・略歴

宮城治男、みやぎ・はるお。日本の社会起業家。学生起業家の全国ネットワークNPO法人「ETIC.学生アントレプレナー連絡会議」代表理事。徳島県出身。早稲田大学在学中にETIC.を設立。また渋谷のベンチャー企業家の情報交換組織ビットバレーアソシエーション事務局長を務めた。世界経済フォーラムで「ヤング・グローバル・リーダーズ」の一人に選出された。

他の記事も読んでみる

田中美香

成功できるかどうかは、不動産投資を「事業」として考えられるかどうかだと思います。たとえば、入居率を上げるために設備投資を提案することがあるのですが、ほんの5万円ほどの簡易ガスコンロの取りつけすら渋るオーナーの方もいらっしゃいます。ただ、そのくらいのコストは1か月もあれば十分取り返すことができます。不動産投資も事業と同じで、必要なときには必要な経費を使うべき。そうしたビジネス感覚がある人が成功しやすいと感じます。


原田まりる

哲学を学んで分かったことは、私にとっての哲学は「自由になるものであり、騙されないもの」であること。「自分の考えはどこまで自分の考えなのか」――。自分の考えだと思っていても、他人からインストールした考えだったりすることはありますよね。社会性を身につけると、常識や他人の価値観が自分の中に埋め込まれていきます。だから哲学は、「自分に騙されず、自分をごまかさず、自分を自由にする学問」なんだと思うのです。


三枝匡

経営スキルの向上とは、言い換えれば自分なりの「経営フレームワーク」を増やしていくことです。フレームワークとは、物事の構造や本質を理解し、分かりやすく説明するための道具。その道具をたくさん身につけた人こそ、リーダー能力の高い人です。


唐池恒二

世界的な著名人であっても特別扱いはしない。そんなポリシーの徹底が、ブランド維持には重要だということは、世界最高峰との誉れ高いレストラン「エル・ブジ」から学んだ。


三宅裕之

アジア人ビジネスマンは脅威となる一方で、欧米人と話すよりもアジア人同士で話すほうが、より理解しやすいという面もあります。今後は、ビジネスにおいてもプライベートにおいても、ネイティブスピーカーではなく、ノンネイティブと英語で話す機会が増えていくはずです。完璧な英語でなくても理解し合えるという経験を積み重ねれば、自信にもつながっていくのではないかと思います。


松村真宏

新しく考案した仕掛けを検証する際、最終結果だけでなく途中経過も行動観察している。どの段階で離脱してしまったのかを分析して、より良い仕掛けへと改善できるからだ。


藤原健嗣

普通、多角化というと、本流の人から見ると飛び地です。うちの場合はいろんなことをやっていて、主流意識が薄いせいか、自分たちのところに全力投球できます。


熊本浩明

大切なのは課題の中身をできるだけ明確にすること。私たちコンサルタントも、お客様とのやりとりにおいて、それを重視します。改善したい点が具体的であればあるほど、対策は立てやすい。


村上太一

起業のチャンスは、日本はどの国よりもある気がします。大学生でも会社を興せるし、投資家から言わせると投資したい人がいないというくらいだから資金はあると思います。実際、私の知人でいいと思った人で資金が調達できなかった人はいないし、本当にいい技術を持っている人が調達できない例もほぼない。VC(ベンチャーキャピタル)の方の目利きはやはりさすがと感じるので、光が当たらないケースはその技術がそんなにいいものではないことが多い気がします。


アンリ・ドゥ・キャストゥル

40歳以上の男性だけでは世の中が成り立つはずはありません。社会と同じく、企業もまた多様化しなければならない。


豊田昌洋

M&Aで自分にないものを取り込んでいく。単に、互いの良い所をプラスしてというのではなく、自分たちとは違う事業分野や企業風土を吸収して、全く新しいものをつくり出していく。


澤上篤人

株式投資を短期間で儲ける手段だと思い込んでいる人が世の中には多すぎる。