名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

宮台真司の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

宮台真司のプロフィール

宮台真司、みやだい・しんじ。日本の社会学者、映画批評家。「首都大学東京」教授。宮城県出身。東京大学文学部卒業、東京大学大学院社会学研究科博士課程満期退学。東京大学助手、東京外国語大学専任講師、東京都立大学(のちの首都大学東京)助教授・教授を務めた。

宮台真司の名言 一覧

「合理的なものが非合理で、非合理なものが合理的だ」という逆説はザラだ。


かっての教育は暗記全盛だった。追いつき追い越せの後発近代化国だったからだ。帝国大学出身の父も論語やルター訳聖書を諳(そら)んじていた。私もそうした教育を受けた。麻布中学に入るや「数学は暗記物、お前らが考えるなんて10年早い」と教員に怒鳴られた。暗記で引き出しを増やさなければ思考しても意味がないという考え方を叩き込まれた。学問の基本は武道や演奏と同じだ。基本動作を反復訓練して「自動機械」のように動けるようにすること。


宮台真司の経歴・略歴

宮台真司、みやだい・しんじ。日本の社会学者、映画批評家。「首都大学東京」教授。宮城県出身。東京大学文学部卒業、東京大学大学院社会学研究科博士課程満期退学。東京大学助手、東京外国語大学専任講師、東京都立大学(のちの首都大学東京)助教授・教授を務めた。

他の記事も読んでみる

中原誠(経営者)

既存店の売上は4年連続あがっています。そこはオーナーとしては安心してくれているはずです。ただ、現場の店長たちに、売上達成に対する危機感に欠けていた時期があり、そこを乗り越えるために意識改革を徹底して行いました。コンサル会社のリヴァンプから力を借り、ほぼ自分の会社のメンバーになってもらう形で協力を得たこともありました。年間52週間、週ごとに成績を見てもらい、そこから改善して戦略を立てて、それを習慣化するのは、いまもやっています。


たむらけんじ

経営の数字に関して注意していることは、リスクを限りなく低くすることです。たとえば、普通店舗の運営には初期投資がかかり、その回収にまず3年くらいかかるといいますよね。でも2号店も3号店も「居ぬきでなければ無理」という条件を出して交渉し、ビルのオーナーに内装をほとんどやっていただき、初期投資をかなり安く抑えることができました。


小笹芳央

今の企業は若者を戦力化しなければならない。社会に出て間もない人はまだ、自分を「壊される」機会が少ない。小さな世界の中心に自分がいて、その周辺に自分を心地良くさせてくれるものだけを配置した環境で育っているので、そのままでは使い物にはなりません。そんな若者を「社会人」にすることは、それほど難しいことではない。集団としての「重力」が強くはたらく場所に放りみ、右往左往させる。そして失敗させて叱責する。それを繰り返す中で、徐々に彼らは自らを相対化することができるようになる。


浜田宏一

米国の大学入試は、高校までの課外活動で何をして、どんな成果を残したのかが選考で非常に重視されます。学生は何をするのかを自分の頭で常に考え、その活動でリーダーシップを取っていかないといけない。


岡林理

技術的な要求レベルが高い注文にもしっかりと応えることで、他社との差別化ができている。


和田秀樹

時間や労力を注ぎ込むだけなら、それは投資とは言えない。何かを回収できてはじめて投資と呼べるのである。何を回収するのか。それは自分が人生に何を得たいのかということによって違ってくる。投資の原点はまず自分が何を回収したいのか、ということをはっきりさせておくということだ。自分は人生で何を得たいのか?


山田真哉

生兵法は大怪我のもと。少しくらい会社の数字について知っていても、それだけで判断すると見誤ることがあります。


田島寿一

過去に欧米のラグジュアリーブランドでブランド再構築に携わってきましたが、当社の場合はそれらと比べて社員数が多い。船の操縦に例えると、小さいモーターボートなら、舵を切るとすぐに方向を変えることができます。今回は10倍以上の人数なので、新しい方向を打ち出してそれを共有するにも、時間と大きな労力が必要でした。


藤井孝一

予定は隙間なしに詰め込まず、必ず余白を残しておくことも重要です。そうしないと緊急な仕事が発生したときに対応ができず、予定そのものが破たんしてしまいかねないからです。


吉田穂波

忙しいときこそ、自分が楽しめることをあえて組み込むことで、ストレスが相殺されます。モチベーションを保つ上でも欠かせません。


豊田昌洋

私は青木(弘・当時社長)に言われたことには、聞いた瞬間に全て「結構です。それでやりましょう」と言っていました。絶対に反対はしない。実現させる方法は自分で考えて、それを伝えれば青木は「いいよ」と言ってくれる。青木は自分の言うことが実現しさえすれば、あとは任せてくれる人です。トップの言うことに反対したら、組織はダメになります。最後、物事を決めるのは青木です。山に登れと言われたら、登り方は自分で考えるということです。


横田英毅

社員が何をやりがいと感じるかを探って、やりがいをおのずと感じられる環境にしていくことが必要です。そこで私は、社員を対象に何度か無記名アンケートをとりました。結果、どうすれば社員はやりがいを感じられるのかが、アンケートの回答からはっきり見えてきました。