名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

宮原道夫の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

宮原道夫のプロフィール

宮原道夫、みやはら・みちお。日本の経営者。「森永乳業」社長。東京都出身。早稲田大学大学院理工学研究科修了後、森永乳業に入社。多摩工場製造部長、盛岡工場長、常務、専務、副社長などを経て社長に就任。

宮原道夫の名言 一覧

新コーポレートスローガン、新たな経営理念は「当社が何のために事業を行うのか」という根本的な問いへの答えから生まれたもの。


仕事は責任や厳しさを伴うものですが、お客様に喜んでいただき、社会に貢献できたという実感を持てれば、それがやりがいや誇りにつながり、厳しさも乗り越えられる。


競争が激しく、環境の変化も早い現在、時代に即した対応力を発揮するためには、組織の壁をなくし、部門間の遠慮を排除して、オール森永乳業としての力を集結する必要がある。


成熟した市場でお客様から持続的な支持を得るには、社会性や公共性を備え、世の中に必要とされる存在になることが欠かせない。創業100年の節目を機に、社員と経営層があらためて想いを一つにして、会社の未来像を共有していきたい。


研究の成果を「従来にない価値を持つ新商品」という形でお客様に提供するためには、研究で得た知見をどう商品に応用するかという商品開発力、また前例のない商品を量産していくための生産技術も欠かせません。それらを有機的につなげることで、私たちは一歩一歩前進してきました。


新人時代、粘り強く挑戦を重ねて困難な課題を克服していく先輩社員の信念の強さや、食づくりを担うことに対する真摯な姿勢に感銘を受けました。これらは「お客様のため」というゴールが見えているからこそ生まれるものだと思いますし、そのゴールが見えている人は縦割り主義に陥らず、部門間の引き継ぎも上手い。全社員があらためてそうした使命感を共有することが、現場力の強化やブランド力の向上につながっていくのだと思います。


昨年は加熱殺菌体で免疫賦活効果がある「シールド乳酸菌」が加工食品にも利用しやすいことから、菓子類や飲食店メニューなどに幅広く採用されました。乳の研究を通して発見された有用な素材を社会のために生かそうとするとき、「乳製品」というカテゴリや自社の商品に限定して考える必要はないわけで、より広い領域での積極的な展開を目指していきます。


宮原道夫の経歴・略歴

宮原道夫、みやはら・みちお。日本の経営者。「森永乳業」社長。東京都出身。早稲田大学大学院理工学研究科修了後、森永乳業に入社。多摩工場製造部長、盛岡工場長、常務、専務、副社長などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

鎌田浩毅

ノートを書くのが好きな人が陥りやすい失敗として、ノートという途中のものはよくできているのに、肝心のアウトプットの出来がよくないことがあります。書いたノート自体が美しい作品になってしまうと、かえって頭に残らないんじゃないかな。ノートに全精力を費やしても、頭を素通りしてしまっては、知的生産としてはムダです。ノートは通過点にすぎず、最終的には、他人にもわかる成果が出なければならないんです。僕はこれを「アウトプット優先主義」と呼んでいます。


山本昌(山本昌広)

頑張りを続けていくとだんだんとそれが当たり前になっていく。そうやって自分の頑張るラインを上げていくと、「普通にできること」が増えていきます。何を自分の「普通」に置くかがモチベーションを継続できるかの分岐点にもなります。「このくらいでいいや」と思わないことです。


屋久哲夫

警察官も一本気の熱血漢が多いので、互いにぶつかり合うことがあります。以前、そんな場面に居合わせた私は、一方の警察官に「○○さーん、電話ですよ」と言って2人を分けたことも。こういうときは嘘も方便ですね。まずは紛糾する2人を引き離して冷静にさせる。解決は上司に任せるか、中立な立場で仲裁のうまい人に委ねる。無駄に巻き込まれて、当事者になってしまうことだけは避けたいもの。適度な距離を保つことが大事。


吉田正樹(経営者)

マネジメントにおいて大事にしているのは「旗を立てること」と「ムチャぶり」です。旗を立てるとは、目指すところを明快にすること。


鍵山秀三郎

たとえば、伊勢神宮参りでは、内宮に行く前、宇治橋を渡るだけでもう清涼な雰囲気を感じて、伊勢神宮に来たという気持ちになる。学校でもきちっとした学校は、近くに行っただけでいい学校だと分かります。人間の心は見ているものに似ていく。だからこそ、よい会社の雰囲気をつくっていれば、社員の心情はおのずと安らぎ、正しい仕事につながっていく。これが私の信念なのです。


高田明(ジャパネットたかた)

経営者は覚悟を見せなくてはいけない。


藤井佐和子

自分から発信することは、得になるだけでなく、損をしないことでもあります。たとえば、誰かが会議に遅刻したとします。遅れて入ってきた人が「すみません」だけでは、いったいなぜ遅れたのかと、みんなは不満に思うはずです。たとえ寝坊であっても、「すみません。寝坊しました」と理由を説明すれば、一応問題は終了します。電車が事故で遅れたりすると、「状況の説明がない」とお客さんが怒るように、情報を出さない態度は相手の不信を招きます。自分から発信することは、自分の身を守ることでもあるのです。


清水信次

我々の業界では、トップランナーだったダイエーを筆頭に、多くの会社が経営不振に陥り、合従連衡(がっしょうれんこう)が起きた。生き残った会社との差は、トップが経営の根幹ともいうべき将来の海図を持っていなかったように思う。


冨山和彦

いかなる本も批判的に読むことが大事です。情報や考え方そのものを鵜呑みにするのではなく、著者が提示する問題意識や、ものを考えるときの方法論を学ぶのです。


小川孔輔

人気商品のリニューアルはドラスティックに変えないことが大事。具体的には、機能を改善させるとか、パッケージを少し変える、量を少し増やすといった程度の変化がいい。マイナーチェンジがポイント。


日覺昭廣

小さなコスト削減の積み重ねも重要ですが、その上で、製造プロセスを根底から見直すことができればコストを大幅に削減できます。それを我々は革新的プロセス改善と呼び、コスト削減の切り札と捉えています。


進藤孝生

グローバル人材に必要なのは「語学×専門知識」の掛け算で、どちらかがゼロだと片方にたけていても結果はゼロになります。