名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

宮原博昭(経営者)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

宮原博昭(経営者)のプロフィール

宮原博昭、みやはら・ひろあき。日本の経営者。「学研ホールディングス」社長。広島県出身。防衛大学校卒業後、貿易会社を経て学習研究社(のちの学研ホールディングス)に入社。学研教室事業部長、執行役員第四教育事業本部長、取締役などを経て社長に就任。

宮原博昭(経営者)の名言 一覧

ベッドのシーツは、1か所を引っ張ると、他も引っ張り上げられていきますよね。このように、人材も、どこか1か所を引っ張れば、他の人もついてくる。


再建時、失敗を指摘することはやめました。指摘すると、プライドが傷つけられ、「この人の下では働けない」と耳を閉ざすと考えたからです。気づくまでじっと待つようにしました。


生まれつきモチベーションが高い人なんていません。そう見える人でも、陰でなんらかの方法でモチベーションを高めているものです。その方法を意識的に確立していくと、モチベーションは安定すると思います。


いくら緻密な戦略を立てても、従業員のモチベーションが上がらなければ、機能しません。外から社員を採用する余裕もないので、現有戦力のモチベーションを高めるしか方法はありませんでした。社員に底力があることはわかっていました。ゆえに、やる気が倍になったら、それだけで勝てるとも考えていました。


心がけてきたのは、人を嫌いにならないこと。好き嫌いばかり考えていると、仕事に身が入らなくなる。それに、相手のことを嫌えば、相手も必ず自分のことを嫌いますから、仕事がやりにくくなります。だから、意識的に、周囲の人の嫌なところを見ないようにしてきました。すると、段々と人を嫌うことがなくなり、それで仕事のやる気を失うことはなくなってきました。


「見える学力」と「見えない学力」。前者はその科目に関する知識や計算力などを指す一方、後者は「やりきる力」のような見えない能力を指します。結果を出すためには、この「見えない学力」が非常に重要。これは仕事も同じ。「表(おもて)に現われない努力やプロセス」が仕事の成果を大きく左右します。そこを見つけて褒めるようにしていました。


社長に就任してからは、使命感から、モチベーションが下がることはまったくありません。しかし、若い頃はモチベーションが下がることもありました。当時は、まだ力の弱い部署で安月給だし、発言権はゼロ。あるときは、事業を伸ばしたら、参考書の担当者から「参考書が売れなくなる。邪魔するな」と言われる始末でした。辞表もこれまでに3回書きました。それでも、一緒に頑張ってくれる教室の先生方やスタッフの努力に報いたくて、「いつか見返してやる」という思いで続けてきました。


行動に移すまでには、「理解」して「納得」することが必要ですが、「納得」までいくのは非常に難しいことです。そこで、せめて「理解」だけでもしてもらおうと考えました。たとえば、1回だけ言うのか、3回かけて話すのか。1か月ほど前から少しずつ話しておくのか。会議の終わりにジャブを入れるのか。外で食事しながら話すのか、食堂でコーヒーを飲みながら軽く話すのか……。どう話すかは、相手の性格に合わせて変えました。そうしないと、耳を閉ざしてしまい、理解すらしてもらえません。もちろん、全員に対してうまくいったわけではありませんが、手を変え品を変え、対話は続けてきました。そうして全員に期待するスタンスを見せることが大切だと思っています。


再建のために最初にやったことは、「明るい未来が訪れる可能性を見せること」でした。「コンテンツは日本一のものがたくさんあり、巻き返せる」。そのことを、全体ミーティングや社内報、社員との食事会など、ありとあらゆる場で話し続けました。能力はあるのですから、まずは自信を取り戻してほしかったのです。夢物語だけでなく、今後の戦略と共に、根拠のある形で伝えていきました。会社の問題点などの話もしましたが、最小限にとどめました。


宮原博昭(経営者)の経歴・略歴

宮原博昭、みやはら・ひろあき。日本の経営者。「学研ホールディングス」社長。広島県出身。防衛大学校卒業後、貿易会社を経て学習研究社(のちの学研ホールディングス)に入社。学研教室事業部長、執行役員第四教育事業本部長、取締役などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

本庄正則

これまでも現場と経営との意思疎通は意識的にやってきたつもりです。加点主義をモットーに、前向きの失敗であれば一切処罰しない。降格もしない。ただし、なぜそうなったのかという分析をきちんとし、その報告だけは徹底してしてもらう方針を貫いてきました。しかし、それでもまだ、不十分だったんですね。我々が気付かなかった問題点の指摘がいろいろありました。


岩崎日出俊

会社の成長を予想するには、その会社のホームページで、有価証券報告書や投資家向けに作られた決算説明会のプレゼン資料をダウンロードしましょう。業績が伸びてきた要因や今後の成長戦略などがわかりやすく書かれています。これを読めばある程度の予想がつくでしょう。もっとも、会社が発表する資料も鵜呑みには出来ません。マスコミの報道も会社が提供した情報をそのまま流しているだけかもしれません。大切なのは、自分で生きた情報を入手すること。


池谷裕二

目の前にある「すごい」という事実を整理整頓し、サイエンスの世界で理解される範囲のワクの中にパッケージングしなければ、論文にはなりません。そうして言語化していくプロセスは苦しいですけど、「このように見せていけばいいじゃないか」と考え抜くという、伝えるための試行錯誤は楽しいものでもあります。論文執筆前に学会などで発表すれば、「こうやれば伝わるのか」「こう言うと伝わりにくいな」と当たりもつかめます。


印南敦史

音楽を聴くときに、「すべての旋律を聞き分けよう」とか「1回で覚えよう」と肩肘張る人は多くないはず。読書も同じで、勢い込む必要はないのです。実際、1冊の本を1週間熟読しても、1か月後には内容の数%しか頭に残っていないはず。だとしたら、1週間で10冊の本を読んだほうが、様々な学びがあってお得です。そこでお勧めなのが、音楽を聴くように読書を楽しむ、「フロー・リーディング」。知識を頭に溜め込む読書ではなく、読み進める中で、1%でも内容が頭に残ればよしとする読書法です。


尾山基

スポーツ用品業界にはナイキOBが結構多いんですが、「アシックスOBが活躍している」といわれるぐらいになったら、それは勲章ですよね。今までは流出を止めていましたが、外から採ってきたから今後は逆に放していくのもいいかなと考えています。


井深大

企業にとって重要なのは発明より革新なのだ。その革新は実はたわいのない夢を大切にすることから生まれる。
【覚書き|ソニー発展の起爆剤になったトランジスタラジオの開発について振り返った時の言葉】


小泉進次郎

どんなに声高に地方の活性を叫んだところで、事業性が担保されなければビジネスは成立しません。儲からなければ、お金がなければ続かない。それを寄付ではなく、投資という形で実践するからこそ、持続性のあるビジネスは生み出せる。


佐治信忠

当社が戦後発売したウイスキーは「トリス」「オールド」「ローヤル」と、どれも非常に売れて、社内には安泰ムードが漂っていました。ビール進出という冒険に出たのには、社内に危機感を持たそうという狙いもあったと思います。赤字も大きかったが、とにかく、あの時ビールに挑戦したからこそ今のサントリーがあります。ウイスキーだけをやっていたら、今頃この会社はないかもしれません。その意味で、ビール進出は当社にとって大きな決断だったと思いますね。


古賀清彦

仕入れで海外との取り引きがありますが、メーンはまだ福岡と東京での自社オークションになります。特に、東京のオークション会場は日本最大級の規模を誇ります。しかし、最近、販売先として、海外の需要が伸びてきています。


宮崎駿

あんまり自分がやりたいと思っていることを分析しようと思ったことはないんです。分析した途端にくだらなくなってくるから。


篠原欣子

私は母から「こうしなさい、ああしなさい」と言われたことはありませんが、母の謙虚に一生懸命働いている姿からはいろいろなことを学んでいます。


小林一雅(小林製薬)

我々人間や組織も、固定概念や思い込みを持たないように、絶えず現状を否定して新しいことにチャレンジしていくことが必要であると考えています。